タグ別アーカイブ: OSHO

男性性の解放とトータルに生きる為のタントラ

一般的に、仕事を毎日してこの社会を動かしている多くの男性たち。。
同じように働く女性に比べて、男性の質からか、保守的な動きの中で仕事し、家族を支え、気がつけば、自分のために生きること、自分自身を表現すること、受容的に受け入れることといった女性的な質が置き去りになっている場面がたびたび見受けられます。。
この人生を生きることに年齢は関係ありません。
しかし、この肉体は永遠ではなく、同時に気力などにおいては、よほど意識的でない限りは、こちらも衰えてくるのは自然のことであり、そのような年齢になった時点においてからの働きかけの場合、体力や健康面での心配や、共に人生を歩むはずの奥さんは、既に旦那さんに依存することなく自分自身の人生の歩み方を見つけていたりと、様々な思いがけない現実に遭遇したりします。
タントラは、トータルに生きることを伝えます。
もちろん、先に述べた時期に来られた方も大歓迎ですが、
その時点に到達する以前の働き盛り、自己実現に向かって、家族のためにも精力旺盛に動いている30代から50代のまさに今この瞬間にこそ、
このタントラのトータルに生きる知恵を知って体験しておくことは、
先に述べたような誰しもが通る道である60代以降の人生も、無理のない自分らしさを大切にするためにも、その気力・エネルギーを活き活きと輝かせながら生きるために活用していく術を、まさにそれに特化したタントラを始めるのにはとても適した時期とも言えるのです。。
男性が、自分自身の男性性をトータルに生きるためには、まず自分の中の男性性をもっと知り、それを開花させるためには自分の中にある女性性の質にも気付いている必要があります。
同じくして、結局のところ、このことは女性にも同じことが言えるのですが。。
女性も自分の思いを実現して形にしていくためには、自分の男性性にさらに光を当てていくプロセスが、今後ますます必要とされていくことでしょう。
このシヴァシャクティのグループでは、実際の男女の出会いや統合だけでなく、勿論、内側にある男性性と女性性が出会い、そしてその両極が円環し続けていく。。。
まず、男性性の質、女性性の質を意識的に理解してこそ、そのエネルギーの出会いが起こっていく土台を作っていきます。
そしてこの二つの質が、エネルギーの交換や循環していくのための様々なアプローチやエクササイズを実践していきます。
お申込みの締め切りは、今月27日です。
カジュラホツアーの案内はこちら→http://www.reservestock.jp/events/132485
日頃、お忙しい方々が、最も効率的にタントラのエッセンスを学び&タントラ体験も実践できるタントラのグループこそが、来月開催のインドカジュラホでのタントラリトリートです。
インドと聞いて、イヤ遠いやん!!って思われた方、実は近道なんですよ。
参加すれば、納得の内容に、インドまで来た自分を凄い!と思うでしょう〜。
お仕事のアレンジ、急すぎて難しい方もおられるかもしれませんが、ジャンプインしてみて下さいね。993885_839930702785531_1478003355381439179_n

詳しいグループの案内はこちら

タントラの聖地カジュラホタントラリトリートhttp://wp.me/pW2RC-H3

過去のカジュラホ参加者の感想はこちら

https://dhyani29.wordpress.com/category/カジュラホ感想/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

タントラの概念が変わるリトリート

先のブログにも書いたように、このタントラリトリートは、実際にこの宇宙や自然からのサポートを受け取り感じることが出来ます!

去年のリトリートは3月で、ちょうどシヴァとシャクティの結婚式のお祝いと重なったのですが、この時期は、インドは真夏で、雨もあまり降りません。しかし、私たちのグループが始まった時に、突然、激しい風とともに嵐がやってきました。。

ウッタムは笑いながら言いました。「この時期、なぜか突然嵐が、いつもやって来るんだよ。インドでは、この雨のことを、シヴァレインと呼んでいる。これは、シヴァからの祝福の嵐で自分がここにいることを私たちに知らせてくれている。インドの人達は、この偶然としか思えないような説明のつかない自然のハプニングも、当たり前に起こる出来事として受け止めている国なんだ。」と。

そして、本当にその通りで、一応私たちはその後のリトリートのプログラムを心配していたのですが、その心配はよそに、その大嵐は、そのあと何事もなかったかのように過ぎ去って、再び青空が私たちを迎えてくれました。。。

カジュラホツアーの案内はこちら→http://www.reservestock.jp/events/132485

 

このカジュラホでのリトリートで実際にどのようなアプローチが提供されるのでしょうか?

ここで提供されるタントラのアプローチの多くは、覚者OSHOから直接タントラを受け取った、そして今も実際に会う事が出来る覚者ショヴァナから、ウッタムとトーシャンが直伝されたタントラのアプローチであり、これはこのグループでしか受け取る事が出来ません。また、ウッタムとトーシャンの二人は、それだけでなく更に様々な側面からタントラを探求してきています。

私自身もそうなのですが、例えば、OSHOの世界の中でもたくさんの探求の道があり、それのどれもが魅力的なのですが、その中でも何故、このタントラをこれほどまでに探求し続けるのか?その答えが、このグループには存在します。

そして何度も確信します、やはりタントラを選んだことに間違いはなかったと。。。

例えば、全く相手に触れることなく、チャクラを通してカップルでヒーリングしていくことができます。男性からのヒーリング、女性からのヒーリング。。。それぞれにアプローチの方法が違います。。ここでの体験は、それまでの人生で性に関してどんな体験が起こっていたとしても、大きなヒーリングを受け取り、今までとは違ったところから相手と出会うことができます。

この体験は、相手が誰であろうと関係ありません。

勿論、カップルであるならば、この体験をさらに日本に帰ってからも探求し続け、二人でエネルギーの円環を共にし続けていくことができるでしょう。

何度かこのエクササイズを繰り返すこともとても助けになります。なので、1度の体験に止まらずに何度かグループに参加する事で根付いていきます。

さらに、カップルでの繋がりの中で最もその先に行くことが可能となるエクササイズでは、タントラのたどり着く境地とも言える、「独り在ること」その中でエクスタシーの中に溶け、身体だけに留まらずに、オーラも含んだ全体の中でこの生のエネルギーの電流が溢れ出す体験も起こります。

このような体験は、もちろんその人のバックグラウンドやこれまでの瞑想の体験の質にも関係するので、人によって様々な体験が起こりますが、さらに自分自身の中にくつろぎと強さが起こるでしょう。。

この体験は、人との境界線を超えて、ハートのオープンさに自由になっていきます。

ですので、人と関わることが苦手な方も、今までの人との繋がることに対するイメージが変わるでしょう。そして、異性との関わりに苦手意識がある方においては、

完全に安全な空間の中で、純粋な意味でのハートのオープンさの中にくつろぐ体験が起こるので、ハートが十分にオープンになっていない段階で性の体験が世の中には多い中で、自分を感じ、自身のハートがオープンな状態の中にくつろぎと安らぎを感じながら、異性と繋がっていけるでしょう。

しかし、このような境地へと行くためには、やはり瞑想の質が大きく影響します。

そのために一つに、日本でも開催しているシヴァシャクティタントラリトリートでは、古の聖典「ヴィギャンバイラブタントラ」を深く探求してきます。ですので、このカジュラホでもその概念を学んでいき、すでに知っている人も実際に自分に合った瞑想法をこの中から見つけて実践していきます。

この体験は、タントラということだけでなく人生の中で大きなサポートにになり、自分自身を誰か他の人に頼ることなく、自分自身でこの人生の道を歩んでいく中で、いつでも使っていけます。

タントラは、まさにこの人生全体をいつでも私たちが望めばサポートしてくれるシステムです。

カジュラホに滞在中、タントラ寺院には毎日訪れていくのですが、このカジュラホの地をこよなく愛したOSHOがお気に入りだった場所に、私たちも座ることが出来ます。

この場所での瞑想は、タントラのエネルギーだけでなく、OSHOとも繋がることが出来てとても気持ちが良いです。。

imag2830

ぜひこのチャンスを逃すことなく、このタントラの、タントラが何か全く分からなくても、人生そのものに対する概念を変えてみませんか?

今、特定のパートナーがいる方は、ぜひ相手の方と一緒に同じ時期にこのグループに参加してください。一緒に始めることで、二人の間で言葉を超えた、共通言語が生まれます!それがあれば、何かを共に探求を始めることがとても楽に進めていけます。

特に、タントラの探求においては、この共通言語がとても大切で、これは別々の機会に同じプログラムのグループに参加しても生まれません。一緒に参加してこそ生まれるのです。

カップルで参加できるタントラのグループというのもかなり貴重です。

そして、シングルの方も、この純粋な意識の体験を元に、これからパートナーと出会っていけます。タントラのことを新しくできたパートナーに語る必要もありません。ただ、あなたのままで相手に触れていけば、そのエネルギーは伝わっていきます。そしてそのフールドをキープするために瞑想は欠かせません。

このグループは、Root and Flowering of ShivaShakti〜シヴァシャクティの根、そして開花〜、ここには愛の円環の学びが含まれます。

円環して行ってこそ、タントラは生きていきます。

インドが初めて方も、このツアーはとても安心して参加することが出来ます。お仕事をされている方のために、出発も土曜日出発にしてます。また、子連れでの参加も出来ます。私たちと顔見知りでなくても全く問題もありません。

その他気になることは、遠慮なく相談してくださいね。

そして、年齢も関係ありません!死ぬまで、この人生を活き活きと生きていきたい方なら大歓迎です!

偶然にも、日本ではとても大切な旧暦新年、2月4日から始まるこのグループ。

今が、まさにこのカジュラホのエネルギーを受け取るのも、タントラの世界へ飛び込む探求するのも、この人生を更にトータルに生きていくためのタイミングです!!

今、このグループに飛び込んでみてくださいね。

さらに詳しいグループの案内はこちら

タントラの聖地カジュラホタントラリトリートhttp://wp.me/pW2RC-H3

過去のカジュラホ参加者の感想はこちら

https://dhyani29.wordpress.com/category/カジュラホ感想/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

12828955_839931296118805_8902310992775115552_o

タントラの聖地カジュラホの旅1

OSHOは言います。

「もしあなたがタントラに興味があるのなら、カジュラホに行かなくてはならない。」

この言葉、このカジュラホツアーに参加した方なら、本当にそうだと確信するでしょう〜。それも恐らく、ただこの世界遺産の観光のような感じで訪れたとしても、カジュラホでこの確信はやってこないでしょう。

カジュラホツアーの案内はこちら→http://www.reservestock.jp/events/132485

100回以上もこのカジュラホに訪れたOSHOは、このガジュラホには最低でも45回は訪れないといけないと言っていたそうです。

だけど、このカジュラホツアーに参加し、この地で瞑想するとダイレクトに宇宙とコネクトする感覚に包まれるので、そのOSHOの言う言葉に素直に従いたくなります。

男女が絡み合う沢山の石像を目の前にし、初めはこの石像には、まるで日本で言うところの四十八手のようなものを沢山見ることが出来るものだと思っていました。

しかし、実際の寺院を目の前にし、このアイディアも全くの噂に過ぎないと直ぐに理解しました。

このツアーでは、瞑想の探求は勿論ですが、この寺院ができた背景や、様々な石像の意味や意図なども学びます。

世間に出回っているカジュラホのタントラ像は、この世界遺産にもなった寺院の、本当にごくごく一部に過ぎません。ここでも、タントラがまるでSEXや男女の関係性のことだけを取り扱っているようにほとんどの人々が勘違いしてしまう大きな要因の一つだということが理解できます。

しかし、多くの人は大きな意味でのSEXにしか興味がなく、そのことで人生のほとんどの時間を費やしているので、注目を引くにはやはり男女の交わりの像を表に出すことになるのでしょう。神聖な石像を表に出したところで、そこに惹かれる人は、本当に稀な存在と言えるでしょう。

カジュラホの寺院は、正に、「タントラの世界」を全て表しています。

この寺院そのものが、タントラの聖典となっているのです。

文字を読まずして、私たちはこのタントラの聖典である寺院の目の前に立ち、そして、自分自身の真実を宇宙の真理を理解し受け取っていきます。。。

勿論、そのように参加者が受け取れるようにこのツアーの中で、ガイドしアプローチして行きます。私達はただ真摯に石像の前に静かに座り受け取る事に開いて行きます。

また、このツアーでは世間でも多くの人が目にしている有名で一番大きなタントラ寺院だけでなく、世界で一番初めに建設されたタントラ寺院をはじめ、様々なテーマが描かれているその他のカジュラホタントラ寺院にも連れて行ってくれます。

その中には、もうほとんど形は残っていないけれど、タントラの源のエネルギーと繋がる寺院や、

結婚に対してタントラがどう考えるか?

全ての道は、最終的には全てタントラの世界に辿り着くことなどを知ることが出来るもの見ることができます。

そして、タントラの世界がどうのようにして他の宗教に隠されていってしまったかなどについても知ることが出来ます。

このツアーには、もうそれは、本当に天からの祝福の計らいだとしか思えないようなことが、本当に次々に起こるのですが、その祝福と共に、祈りの儀式に参列したりします。

このカジュラホには、大きなシヴァテンプルがあり、プージャに参列しました。。

ウッタムとトーシャンのインドツアーでは、沢山のプージャ(祈り)に参加出来るように手配されています。それも、とても稀な機会である種類のプージャも多いです。

アグニホートラにおいては、私たちのグループのためだけにサプライズで開催してもらうことができ、タントラを探求する私たちへの大いなるギフトとなりました。

また、このガジュラホには、古代のタントリカ達が、タントラのワークを実践していた場所にも訪れ、そこではまさに古代のこのとても素晴らしいタントラ寺院を作り上げたタントリカ達のエネルギーを今でも感じることが出来ます。

その日、私たちは、空に、シャクティの姿を見ることができ、そして夜には、とても美しいシヴァムーンを見ることが出来、この宇宙と自然からも大いなる祝福を受け取りました。

ここカジュラホの旅は、インドに訪れたという感覚よりも、カジュラホという宇宙空間を訪れたような、不思議な感覚に包まれて行きます。

この体験は、内なる直感に従ってこの人生を歩んでいくための力を私達にもたらしてくれることでしょう。。つづく。。。

過去のカジュラホ参加者の感想はこちら
https://dhyani29.wordpress.com/category/カジュラホ感想/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

全ての道はタントラに辿り着く

タントラの世界は、この命のエネルギーを無限に広がっていくことを全面的にサポートしてくれます。

12189621_494450590762604_5137822909393710914_n

 

私の人生は、OSHOと出会って新しく始まりましたが、その中では言葉では説明出来ないような様々な体験がギュ〜〜っと詰まり乱れ混沌としたその波の中で、生きている喜びに満たされ続けて現在に至ります。

その中で私はタントラに出会い、人生に起こる想像もしなかった様々な出来事に向き合う中で、タントラは、まるでこの大地から沢山のエネルギーが私の足の裏から流れ込んでくるかのように向き合うための内なるパワーを、目覚めさせてくれました。

今、この瞬間をトータルに生きる!!

この人生をトータルに生きたいのであれば、今、何を選択するのか?!

自分も含め、誰もが今のこの肉体を持った人生は、いつ終わるのかは誰にも分からない。だとしたら、今どう生きたいのか?!

ほとんどの人が、トータルに生きるという体験すらないままにこの一生を終わらせます。彼らは、そのような世界があることも知らないので、彼らにとってトータルに生きることは、未知なる世界とその世界への恐怖。その恐怖はリアルに感じることができない無意識層に潜んでいるので、自分がその恐怖によって操られていることに気づく人は少ない。その上その恐怖は現実ではなく、全く根拠もパワー持たない得体の知れない恐怖に支配されている世界です。人は人生での経験がないことや世間や親から危険だと伝えられたことに対しては、恐怖という危険信号を機械的に発するように作られています。自分自身の中にあるものにも関わらず、その存在すら知らない人がほとんどで、知らない間にその恐怖からの選択をしながら、それがありのままの自分だと人は信じて生きています。その為、目の前にあるものが一体何なのかと考えることすらも出来ないのです。

トータルに生きたいと言っている人であったとしても、その恐怖の枠で縛られた範囲内での人生かもしれません。

この未知なる世界の存在に、気付くか、信じるか、あてもなく直感で飛び込んでしまうか?

恐怖に支配され保守的に生きたり、また明日と先延ばしを永遠と繰り返し年を取っていくのか?

実際の行動に移すか移さないかで、この人生は大きく変化します。

何が一体この無意識層に眠る恐怖から自由にさせて、この人生をトータルに生きる世界へと飛び込むことができるのか?

OSHOの瞑想は、その大いなる助けになります。

OSHOの瞑想は、一般世間の人々が瞑想と聞いて想像するものとは丸っきり違っています。この違いは、この人生をもっと深く探求したいという切望と、正しいやり方で実際にやってみて、続けてやってみて初めて体験できます。

ただ、瞑想の技法をすることが瞑想ではありません。この技法を通して、瞑想の状態へと向かっていくことがOSHOの瞑想です。

そして、その瞑想をする中でもタントラは、OSHOが伝えるタントラの世界は更に、大海へ飛び込むことを、本当の意味でトータルに生きることを全面的に祝福してくれます。

いよいよ来月、2月4日からこのタントラの聖地ガジュラホ寺院でのタントラのグループが開催されます。

タントラは、愛の道、愛はこの生の全てです。

ここでの愛は、恋愛の愛とは少し違います。

この生命を育む宇宙であり、信頼、そしてその人によって様々な言葉で表すことができる真理です。

カジュラホでのタントラリトリートでは、タントリックな瞑想は勿論ですが、なぜタントラが世界のどこでもなくインドで生まれたのか?そして太古の時代からタントラの道を探求してきた人々の思いや、このカジュラホのタントラ寺院を作った人々、この寺院の中で瞑想する時に起こる神聖さなどにもサポートされ、自分自身の奥底にある愛の道へと導いてくれます。

また、ただ自分自身の中に深く繋がるだけでなく、目の前にある人々との繋がりも学んでいきます。

カップルでタントラを探求したい人々には、グループの中だけでなく、実際にタントラをどうやって日常生活の中で円環させ続けていくのかについては、二人で一緒にこのグループに参加することで、今の関係性がさらに深まっていくこととなるでしょう。

また、このカジュラホの旅の中では、皆さんがよく見る写真のタントラ寺院以外にも訪れます。その中の一つの石像の中には、

「この世にある全ての道は、最終的にはタントラにたどり着き、そして開花する」

ということを表す像との出会いがあり、ここにもタントラの奥深さと無限の広がりを確信することができるでしょう。

ぜひ一度、その目で実際に見て、タントラの新しい世界を体験してください!

2月のカジュラホタントラリトリートの詳しい案内や過去の参加者の感想などはこちら→タントラの聖地カジュラホタントラリトリート