水の偉大さ!!

今日、『WATER(ウォーター)』と言うロシアで作られ、ロシア国内では300万人の人々が視聴された自主上映映画を見てきました。

「“ウォーター”では、目を見張るほどに美しい映像の数々によって、地球上の水のさまざまな姿が映し出されていきます。
そうした水の映像に加えて、総勢23名の科学者や研究者、宗教者が登場し、実験結果や人生体験、直観的な叡智などに基づいて、「水の神秘」「水の新しい科学」が語られていきます。

専門の研究分野や所属している宗教宗派はそれぞれ異なるにも関わらず、登場する人々の主張には共通点があります。
それは
「水は情報を記憶する」
「人の意識が水に変化を与える」、そして
「私たちは水を通して一つに繋がっている」
ということです。」

と言う、お誘いメッセージに興味を引かれて、ナオキ連れにて行ったのですが、とても良く出来た映画でした。
私自身、15年ぐらい前からレイキや手作り酵素やスリーインワン等を通して、実際に水の持つ力と私達の意図や思いの密接な関わりを人々にお伝えしたりしていました。

この映画は、それ以上に、今自分の周りにある全てのもが「水」と言うキーワードによって繋がっている事の事実を実感させてくれました。

そして、「水の結晶」(はっきりとした題名は覚えてません)の本でめちゃくちゃヒットしてた江本さんも出演されています。
でも、江本さん、その本出した後、かなり世間からバッシングに遭われたそうです。
ただ、確かにあの結晶達の写真は、沢山取った中からの写真であって、科学的に裏付けが出来るデータではない事も事実だそうです。なので、私は科学者ではないと本人も訴えられてたそうです。

きっと、水の持つ力の大きさは計り知れず、これを事実として認めたくない人達もいるかもしれない。まあ、そう言う事は人それぞれの自由なので信じなくても良いと思います。
ただ、そう言った、小さな観点からではなく見れば、色んな意味で素晴らしい映画だと思いました。

この映画を見終わった後、お誘いメッセージに書かれてある様に、様々な分野に繋がる内容が出て来るので、見終わった後も皆で多くの事を語る事が出来ます。

命・波動・政治・環境エネルギー問題・TAO・瞑想・レイキ・キネシオロジー・遠隔・繋がり・社会構造・シータヒーリング・ホメオパシー・ボディーワーク・健康・ガン治療・感謝・ホ・オポノポノや今流行のエンジェルお招き・お金・中国やアメリカ等海外との関係・子育て・未来への可能性等々、私達が生きてるこの地球で起こっている事全てに繋がる映画です。

私は、今日初めて見たんだけど、最近の物ではなく結構前から世に出ている映画だそうで、既に見てる人も沢山おられると思いますが、お勧めです!

今日お世話になった下記カフェにて、これからも定期的に上映会していくそうです。

ツイてるカフェ楽夢   http://cinema.gakumu.com/

広告

初、牡蠣

今日、広島の友人から大量の牡蠣、1ケース送られてきました。

こんな大量の殻のままの牡蠣、お店以外では生まれて初めて見ました。

見た瞬間!直ぐに食べたい〜って言う衝動が、ドド〜〜と押し寄せてきました。

でも、どうやって食べたら良いの〜?と思い、牡蠣と一緒に入っていた説明書をくまなく読み、一番簡単にすぐに食べれそうなのは、フライパンで蒸し焼きだ〜と思い、早速調理!!

牡蠣の殻が開くのを確認して、直ぐに食べ始めました。

「おいしすぎる〜〜〜〜!!!!」

牡蠣と一緒に、柚子が付いていたので、それを少しかけるだけで、もう今日だけで全部食べれそうなぐらいの美味しさでした。

初めは、いくら「食べる?」って聞いても「いらない〜」と言っていたナオちゃんですが、第2弾がやってくると一つ食べ、もう今日はこれぐらいにしておこうと、最後の牡蠣を5つ蒸し焼きにしてお皿に並べたら、4つ全部ナオちゃんが食べてしまいました。

こんな小さいのに、牡蠣を美味しく食べれてなおちゃんは良かった〜。私が子供の頃は、牡蠣を美味しいと言って食べる大人達が理解出来ないぐらいに、美味しさを感じられなかったのに。。

最後の5つのうち、一つはアマラナ君だけ何とかゲット出来て、本日の牡蠣パーティーは終了。

あまりの感激に、アマラナ君は広島へ牡蠣を買いに行くプランまで練り出してしまうぐらいでした。

我が家は、あまり贈り物が贈られてくるお家ではないので、こんな嬉しい事が起こると、ちょっとどうして良いのか分からない感じなってしまいます。

でも、今年は、TAOに参加してくれた山梨の友人が、とても珍しい品種で「蜜が霜降り状態のリンゴ」をグループに差し入れしてくれて、「ディヤニに食べて欲しくて持ってきたの」と涙が出そうな嬉しい言葉を言ってくれた。

そのリンゴは、本当に霜降りリンゴでめちゃくちゃ美味しく、2日間のグループの間にほとんどなくなってしまったぐらい。

そのリンゴのおかげで、ナオちゃんは同じくTAO用のおやつとしてスーパーで買って来ていたリンゴはいくら剥いても全く食べてくれなかった。。。

タリカがTAOのワークを全て終える頃、何人かがタリカから「リンゴだけを3日間食べて、胃腸を休めた方がいい」と言われていました。

何かとリンゴが我が家で流行っていたら、突然!長野の同じ子育てチームの友人が、「減農薬のおいしいリンゴをどうぞ!」とリンゴを送ってくれた。

そして、絵本も一緒に!!ナオちゃん更に大喜びでした。

これまた、霜降りリンゴとまた違う味わいの、美味しく、そして安心して皮ごと食べれるリンゴで、またもやナオちゃんは直ぐに察知し、リンゴ〜〜とおいしいリンゴに食らいついていた。

そしたら、アマラナが胃腸を壊して、我が家周辺ではタイムリーとなってしまった、リンゴ断食をする事に。

私は、朝昼晩とその美味しい貴重なプレゼントリンゴをアマラナが食べて行くのを、さすがにちょっと気になり出したら、アマラナも察っしたのか、自分の食べる分はスーパーで買って帰って来て、また私とナオちゃんも、長野のリンゴを食べれました。

遠く離れて、普段直ぐには会えない友人から、不意にこうやってプレゼントを頂くというのは、本当に幸せと愛を感じます。

贈り物が少ない我が家だからこそ、その有り難みも大きく感謝の気持ちでいっぱいです。

みんな本当にありがとう。

LOVE  LOVE

 

 

 

葉ショウガ

今月の初めの初栃木ツアーの第1の訪問先は、atulが運営する石裂山瞑想の家だった。

そこで、atulが準備してくれた朝食の中で、人生初めての食材に出会った。

それが、『葉ショウガ』

またの名を「谷中ショウガ」とも言うらしい。

テーブルに置かれていて、「何これ?」と聞くと、普通に「葉ショウガだよ」と聞く。

「ショウガ~?」

「こんなショウガ初めて見たけど、ショウガって名前だけど私達が普段使う土ショウガとどう違うの?」

「生で今置かれているけど、生のまま食べるの?辛いんじゃない?」

等と「???」が出てくる。

で、atulがそのまま味噌を付けて食べる姿を見せてくれた。

辛そうでもなく、普通に食べてるけど、「atulはただ食べなれているだけかも。。。」と未だ戸惑いながらも、初チャレンジしてみた。。。

「めっちゃ美味しい!ちょっとは辛いけど、普通のショウガと違ってサラダ感覚で食べられる!」

この瞬間の、葉ショウガとの初対面は、アマラナと二人してかなりの感激が走った。

実は、1年以上前からたまにママ友と訪れている「身体の陰陽のバランスを整えてくれる整体」を受けているのだが、その整体師さんから「身体がかなり陽性に偏っている。陰のものを取り入れないと抜ける所が無くどんどん身体に色んなものがたまって行って調子が悪くなるよ。玄米は家族全員禁止!地から上の葉っぱものや豚肉、生のショウガを沢山食べて。ご飯には麦を入れて!」と言われていました。

尚樹の食事から、クタクタに煮た根菜類とか、玄米とか、かなり火の多く入った食事中心で、肉は元々あまり好きじゃないので滅多に食べない毎日でした。

でも、そう言われても、生のショウガを生で食べるって、色々食べ方は思いつくものの、子育て中の日常の献立の中には、たまにしか入れれなかったり、ご飯のお供系のショウガ入りを購入したりするぐらいだった。

でも、でも、この谷中ショウガなら、毎日手軽に刷ったり切ったりの手間もかからずに食べれるやん!

これ欲しい~。

と思って、栃木土産に買うつもりが、スケジュール上全くスーパーなどには寄る時間も無く、夜の高速をぶっ飛ばして、大阪まで帰ったのでした。

で、やっぱ、この関西では一度も見たことも聞いたこともない「葉ショウガ」については、関東在住者に聞くしかないと思い、TAO師匠タリカに聞いたら、「知ってるよ~。でもそれって葉ショウガって言うんだっけ~?居酒屋とかに出てくるよね~。」等とあまり関心のない感じの返答。

で、この感動的な葉ショウガとの出会いの経緯を話した所、ナント!めっちゃ沢山送ってくれました。

「良さそうなのが出てたから、全部買い占めて送っといたから~」

と、男前なメッセージが!

全部買い占めだって~!!

でも、とっても新鮮な、葉ショウガちゃんが届きました。

毎日、朝に、味噌やトウニュウーズに付けて美味しく食べてます。

何だか、健康的な気分です。

タリカ、本当にありがとう。

早く元気になれるように、やれる事やるね。

でも、これって、種とか苗とかないの~?

家で育てたいわ~。

どなたか、葉ショウガ育て情報お持ちじゃないですか~?

ちょっと調べたけど、葉ショウガって普通の土ショウガと同じ様に使うんだって。

特に、ショウガ部分の上の赤い所に栄養があるとか。

それにしても、食べるのは下のショウガの部分だけなのに、何故長い葉の部分を付けたまま売ってるんだろう?

捨てちゃうのなら、初めから切っておいてから売れば良いのに。

でも、きっと何か理由があるに違いない!