タグ別アーカイブ: 癒し

関西初開催☆ ”スイングボディフェアin大阪”

「 True Love body care 」&「ヒールングルームRosa(ロウザ)」
コラボ企画
関西初開催☆ ”スイングボディフェアin大阪”

スイングボディフェア

*日時;9月9日(金)10日(土)(完全予約制)
**セッション枠両日共通**
10:00、11:30、13:00、14:30、16:00、17:30、19:00
**1枠2名まで(1名のみの時間もありますので申し込み時にお問い合わせください。)
**2名いるセラピストのうちどちらかが施術させて頂きます。

*キャンペーンセッション料金;45分 3000円
(カウンセリング時間なども含め1時間〜1時間半の時間の余裕を持ってお越しください)

*会場;ヒールングルームRosa(ロウザ)
(詳細は申込者にお伝えします)
最寄り駅;阪急京都線「崇禅寺駅」徒歩6分程
地下鉄&JR新大阪駅 JR新大阪駅東出口から屋外出たところより徒歩8分程

*お願い*
●上記の時間枠は目安です。微調整も可能な場合もありますのでご相談ください。
●ご予約の時間に遅れた場合は、セッション時間が短くなり、20分以上遅れるとキャンセルになる場合があります。

●キャンセルポリシー ;3日前から50%、当日の場合は100%のキャンセルチャージとなりますのでご注意ください。

*申し込み方法
1、お名前
2、パソコンからのメールが届くメールアドレス
3、当日の連絡の為の携帯電話番号
4、お住いの地域(会場の説明で必要な時のために)
5、施術希望開始時間

以上5点をご記入の上、メールにてお申し込みください。

*お問い合わせ&お申し込み先
森中清恵 truelove.body☆gmail.com(☆は半角@に変換)
ディヤニ dhyani29☆gmail.com(☆は半角@に変換)

*セラピスト紹介
「 True Love body care 」

セラピストの森中清恵です。
私自身、疲れて体がしんどい時によく行ってたマッサージで心が癒され、元気を貰った経験から、何か喜んでいただける仕事を探してる中で、本当に力になれると思ったセラピストを目指しました。

スイングボディは、揺らされて心地いいを極めたリラクゼーションです。
初めて経験した時の味わった事のない感覚、ホッと心地いい幸せを感じ、この気持ちいい感じを是非経験してもらいたいと思ってます。

笑顔は周りを豊かにします。
その笑顔のお手伝いを、お客様の人生をより楽しいものに出来ればと思っております!

Facebook→ https://m.facebook.com/profile.php?id=518299308309666

*セラピスト紹介
「ヒールングルームRosa(ロウザ)」

セラピストのディヤニです。
日頃看護師をしながら、瞑想のグループのオーガナイズや市民活動、そして子育てもしています。
20年前頃よりセラピーと出会い人生が大きく変化したその過程の中で、瞑想の世界と出会い、
インドでディヤニという名前になり現在に至ります。

スイカールが長年の瞑想とボディワークの探求から生み出されたスイングボディと10年前に出会いました。
それまで多くのボディーワークを体験してきましたが、スイングボディは私が最も求めていたボディワークで、
現在でもこれ以上のものに出会ってません。
スイングボディは、その人の身体を無理に動かす事はせずに、全身をリラックスへと導き、
まるで赤ちゃんのような身体に近づけていきます。
そのリラックスした状態の中にこそ、瞑想と言われる領域が存在します。
セッションの中で、リラックスした身体の感覚を少しでも味わって頂ければ幸です。

Blog:https://dhyani29.wordpress.com/
サロンFacebookページ;https://www.facebook.com/RosaMeditation/

✨✨スイングボディというボディワークをご存知でしょうか?
スイングボディとは、「揺らし」ながら首肩腰背中を楽にする形で、老若男女はもとより、不登校の小学生から、不調を訴える高齢者に使えます。

スイングボディについては→http://www.jeevan.jp/about.html

今回のフェアのついてのページ→http://www.jeevan.jp/index9.html

癒しを伴った光☆タオの叡智&チネイザン参加者の感想

初めての事にちょっとシャイでちょっと怖がりのお友達が、今回初のチネイザンの味わいから、全ての行程を参加してくれて感想を書いてくれました。

今年は特に、今までチャレンジした事のないちょっと勇気のいるグループに飛び込んだりして、その様子を私の陰ながら応援して来ました。その中で、彼女のグループの中での最後のシェアの内容は、私自身も本当に安堵し、本当に参加して良かったね〜と言う気持ちでいっぱいになりました。

きっと彼女と同じ様に、仕方ない事、もう終わった事、家族もいるし、仕事もあるしと、後ろや脇に置いて、人生歩んで、でもどこか自分の望む生き方ではないんじゃないかとうっすら感じて生きている人が世間では大多数だと思います。

自分も彼女も含め皆へ。もう、人生の色んな事を前に進む為に諦めて、理由を考えて自分自身を納得させて、自分の見えないところに置いて、「うん!私、大丈夫!何も問題無いよ!」って、ちょっと悲しそうな顔で言わなくてもいいんだからね☆

彼女とグループ中に、腹と腹を合わせた時に、「やっぱこのお方、腹強いわ!」ってビンビン感じる事が出来て、私はとっても嬉しかったです♪

その証拠に、身体は、ちゃんと色んなものしっかり受け取って、無極功や女神やチネイザンにより、刺激された腎臓や排泄機能がしっかりと働いて、沢山、要らない物を出してくれたんだね。

私も同じく、かなりおしっこ多量に出ました。

お互い、むくみが取れたね!

love

***********************************

バイトが思いがけなく打ち切られ、ぽっかりと空いた週末でした。

気内臓法はずうっと以前、このジャンル(スピ系というのかな)に初めて触れたワークショップで紹介され、

興味を持ったけど接する機会なくすぎていました。

無極功はディヤニちゃんから 幾度も勧めていただいていたし、

すでに女神に出ていた複数の友人から勧められていたエッグ・・・

どれも 興味はありつつも、「いずれ」「参加費をためてから」と考えていました。

また、週末はずっとバイトが入っていたのでまさか今回参加できるとは

思ってもみませんでした。 そんな中で 訪れたチャンス、でした。

 

急な話で参加費を貯めていないなか、

それでもなんとかやりくりできる予算ということで

チネイザンの味わいに参加させていただきました。

おなかにこんなに深く指を沈めて大丈夫かなぁと おっかなびっくりでした。

皮膚と脂肪の向こうにある内臓をマッサージしておかげんをよくするだけじゃないのですね。

背中に近いところにある腎臓へは、「エネルギーの指」をずっと伸ばして、腎臓に触れていく。

また、セルフヒーリングとしてそれぞれの臓器には対応する音や色をチャージさせるなど次々に初めてで興味津々な方法を教えていただきました。

チネイザン、面白いなぁと素直におもいました。

また、思いがけない再会&ちょいシンクロな再会にちいさく驚きました。

明日のディヤニちゃんおススメ無極功だけは参加しよう!と

帰路決心しました。

 

無極功がナンなのか、まったくわからないままに参加した翌日、

正直なところ クラスが始まったときは後悔しました。

だって、口伝で何かを覚えることも 体をお手本どおり動かすことも

と~んでもなく苦手だからです。 ダブル不得意~!!勘弁してぇ 

ではありましたが、ていねいに 一つ一つの動きの意味を教えていただきながらだったので、ずいぶん、やりやすかったです。

一日中 苦手意識と、間違えたらあかん!意識等々からくる緊張で

帰宅時にはすでに筋肉痛、エネルギーが どうこうとか きもちよい とか

という境地には 全く至れませんでしたが そのわりに 「とても」元気な自分に

びっくり! これ、ちゃんと覚えられたらホントに元気の基になるだろうなと深く頷いた次第。

また、小さい頃から寝つきが悪いのですが、こって~んと朝まで熟睡、でした。

そうそう、この日も 嬉しい再会がありました。

彼女達からもこの日初めて出会っておしゃべりしたみなさんからも翌日の参加を

強く強くおススメいただきました。

参加費を都合できないからと言っても 「後からついてくるって」等々。

そういうチャレンジって私は断固しない方針で生きてきました。

ですから当然無理と諦めていた翌日の女神、なんと私は参加をお願いして帰りました。 

不思議なのですが、自然に、お願いしていました。 

 

そうして迎えた日曜日、でした。

筋肉痛のカラダを引きずって会場におもむき、

率直なところ参加へのコミットも さしてないままに クラスが始まりました。

この日も 始まったところで 「・・・やばっ。」とひるむ出来事に遭遇しました。

気楽に「皆勧めてくれたし~。エッグってどんなんかな」くらいで参加しちゃったのに、

始まってみると他の方たちは 深い思いと共に参加されておられる。

また、それらテーマはどれも、自分には無縁、ではなくて 

まさに自分が持っているあれこれ「ばかり」!!!

これらどれについても自分は 

とっくに 諦めて、片付けて、「終わって」いました。

勿論、逃げて・目をそらして・見ないフリをしてきたのではありません。

かすかに痛み、悲しいけれど、「まあしょうがなかったね~。

ないものねだりするより今あることをちゃんとみて、あるものを堪能してすごそう」

って こつこつと暮らしてきたのです。

それを 他の方達は今日のテーマにしておられる。

それらがテーマという濃厚なエネルギーの渦の中で 私は どうしたらいいの??

同時に この春参加した別の会や、随分昔に参加したワークショップでの苦い経験までが一気に思い出されてしまったのです。 

「怖い!」気持ちに 私はがっつりと覆われました。

その状態のまま、ウォーミングアップでダンスする間に 

少しずつ「あ~~~もぉ、なるよ~になっちゃえよぉ!」と開き直りが起きたのには

またまたびっくりしました。

音楽の流れにまかせて カラダを泳がせると ココロってこんなに簡単に動くんだ!と。

その後しっかりと ワークは始まり、

目のあった人と向き合うごとに その人がマジ自分の分身のように感じられました。

きれいごとじゃなくって。ほんとうに、純粋に かけがえなくって どうしたら

伝えられる?!って気づくと バカみたいにハグして ハグして ハグしていました。

ハグ毎に 自分の中の何かが かすかに 笑顔になっていく気もしました。 

一日が終わる頃には ずっと居心地の良い自分に なっていました。

 

そうそう、朝 各々一枚のオラクルカードを引いたのですが、私の選んだカードには

“無限の供給”と。バイトが打ち切られた上、自分的チャレンジで参加しただけにこの一言はうれしかった。・・・一日もはやく、実現しますように、です。

また、ほろ苦い記憶(忘れるくらい昔でした)と共にあったかつて参加した二つのワークショップと関係のあったかたがたに出会ったのも 不思議なめぐり合わせでした。

バイトが打ち切られ、この十数年細々と続けてきたセッションをこれからの軸にすえようと思い始めた今日この頃、古傷に再会する必要もあったのだと思います。

 

この女神の一日は 私の色々なところに 不意打ちで光を当て、

そうでなくても怖がりの私を 何度も びっくりさせ、震え上がらせました。

同時に それらは優しく解くヒントや 静かな、まさに癒しを伴った光でした。

悲しみは 終わるものではなくて 息を潜めてずっと私にとどまっていたのですが、

光はあたたかく、あたためられてとけていくのだなと実感しました。

 月曜日、冷えてもいないし おなかをこわしているわけでもないのに
お通じとおしっこと それはそれは トイレに通いました。
すっきりしたよ~。

ディヤニちゃん、安心できる空間と時間を

ほんとうに ありがとうございました。

振り返ると、全3日間、参加させていただきました。

カラダ、エネルギー、キモチ 様々なレベルで

ほんらいのすがたへのはたらきかけ をいただきました。

 

タリカちゃんと ご一緒した皆様にも どうぞどうぞ

よろしくおつたえください。

 

そして

これからも どうぞよろしくお願いいたします。  

 

 

 

イタリア、まっくすに堪能してきてね~!!

 

らぶ&びっぐ はぐ           

ゴパルワーク;境界線の体験談より

前回、境界線についてのブログを書いたのだが→http://wp.me/pW2RC-r0

境界線に関して、ゴパルトレーニング参加者であるSちゃんが素敵なプロセスを話してくれた。

彼女の境界線のイシューはトレーニングの正に境界線のエクササイズの時に偶然か必然かスイッチを押され、そしてイシュー自体が安全なスペースであると確信したのか、大きく表面に浮上して来た。

その様子は、私も横で見ていてもとても激しかった為に、これがどこかに落ち着くのかな〜と思う程。

彼女の体験の流れは、自分の安心して居心地が良く誰からも脅かされない自分だけの境界線の空間を見つけ、「安全があるけど外との関わりも必要。でも自分の核の中は何もしなくても良いし、ホッと出来る。」と言う事を味わっていたその時に事件が起こった。

境界線の外側から、愛の名において、手が差し伸べられたのだ。。

トレーニングでもあるので、その状況の中でセラピストとクライアントのやり取りも体験する必要があるので、その愛の手は、必要な事でもあり間違いでもない。

と言った状況を、人生経験豊富なSちゃんも理解してるが故に、その問題は起こった。

心地良いSチャンの核の味わいを、恐らく彼女はもう少しサイレンスと共に体験していたかったのだろうが、外からの問い掛けが彼女に向けられ、それに答える必要性を彼女はその場の状況から感じた。

エクササイズの中の問いかけとしては、全く正しい問いかけだったにも関わらず、その時の彼女が居た状況からは、全く興味を向ける事が出来ない無意味とも思える問いかけだったのだ。

そこで、Sちゃんがその状況への応答として選択したものは、自分が安心してくつろげるサイレンスの空間を優先するのでは無く、外部からの問いかけに応答すると、いう方であった。。。

その結果、そのエクササイズ終了後に、彼女の中での怒りは最大限に爆発し、その怒りは身体の体調まで崩してしまうという事態になってしまった。。。。。

Sちゃんは、後日語る。。

相手が思いやりからか心配しているからか、私に対して忠告や助けの手が差し伸べられた時に、その助けは相手の未熟さにより、本人の問題を自分に投影している為に向けられる手助けだと、うっすら気付いたとしても、相手の未熟さに気付かない振りをする必要性を感じて、本当はその助けは自分には必要がなくても、受け取り、相手の要求を許してしまう。。

本当はNOと言いたかったのに、YESと言ってしまう。

そして、後になって自分自身のスペースではなく相手のスペースを尊重した事で、怒りが沸々と湧き上がって来てしまう。

相手の未熟さを感じているから受け入れて、そして自分自身が傷付いて行く。

怒りが沸き出てきている相手も自分も未熟。

未熟さ故に相手が自分へ投影してくる事を許してしまう。

そしてその時、自分を最優先に考えない事によって、全体が見えない。

その状況の瞬間では特に、無意識であるが故に境界線を明け渡したり、明け渡している事を気付かないので、後になって怒りが出て来る。。。。

この体験の後、Sちゃんはゴパルの個人セッション受ける機会に恵まれ、その個人セッションで、初めて自分のリソース本当にくつろげる物にゴパルが連れて行ってくれたと安堵した表情で話してくれた。

内側のくつろげる場所は、知らなかった物ではなく、知っていた物ではあるがここが自分のリソースなんだと改めて意識的に確信して深いサイレンスに入っていく事が可能となったと、今でもそのリソースは彼女の中で生きている。

境界線の問題では、愛の名の元にやってくる外からの関わりが、本人にとっては邪魔になる事は、良く起こる。

これは、親子の間では本当に一般的に行われている状況だ!

正に、インナーチャイルドの問題とも言える。

しかし、インナーチャイルドは、癒され安心出来ると、健全なチャイルドの道をオープンにしてくれる。

その結果、私達は人としての成長の道を歩んで自己表現の世界を拡大させてくれる。

ソマティック・エクスペリエンシング・トレーニングは、トラウマヒーリングは勿論、人前で話す事が苦手だとか言う人にもとても有効です。

その人が自分自身のリソースに繋がって行くので、腹が据わり常に自分の中にあるリソースに繋がっていく事が可能となります。

そして、ゴパル&セビタは、 ソマティック・エクスペリエンシング・トレーニングトレーナーから自分のワークとコンバインすることを認められています。

Sちゃん自身が書いてくれた素敵な日記はこちら→http://wp.me/pW2RC-r3

★大阪ゴパル2DAYS 「内側のヒーリング脳を目覚めさせる」

12月8日(土)&9日(日)

☆大阪ゴパル個人セッション

12月5〜7日&10日→http://wp.me/sW2RC-1655

★大阪ナイトイベント「ディルルバの夕べ withゴパル」

12月6日(木)19時〜 インド料理 シュリアルナ 苦楽園店→http://wp.me/pW2RC-qN

☆東京「ヒーリング&メディテーション」トレーニング

12月13日(木)〜16日(日)→詳細はお問い合わせ下さい

お問い合わせ&お申し込み
ディヤニ dhyani29★gmail.com(★は半角@に変換)

感想:ゴパルのグループそして、個人セッション タタータ

Sちゃんからの前回のゴパルのトレーニングでの感想文が届きましたので、以下にシェアします〜。

**********************************

ゴパルが今回来るにあたって、ふと前回はどんな感じだったかな?

って今年の春のことです。。

なんだか、もうすごい昔のようだけど、春のことだった!

どうだったかって振り返ると、まだまだ未消化のものもあるけれど、ここでちょっと改めて思うと、トラウマヒーリングという言葉にひかれて京都までいったものの、トラウマのボタンを押しまくりのトレーニングだったように思う。

ヒーリングどころではなくて、ほんとにトラウマのボタンをひたすら押すようなことが勃発していた。

それは、いろんなエクササイズのなかでもとくに境界線について、体感している時だったと思う。

もうまさに私の無意識の癖というかパターンがやってくる瞬間があって、それはほんとうに起きて、いやというほどの体験だった。

その癖、トラウマは、私の境界線の認識のあいまいさからやってくる。

というか相手にパワーを明け渡してしまうというか、未熟さからくるお助けやにエネルギーを明け渡してしまい、傷だらけになって、そして自分を優先できなかったこと、自分の境界線を明け渡してしまったことからやってくる痛みと怒り、、そこには無意識になんであれ相手の期待に応えようとする私がいて、もう怒りや痛み嫌悪感で苦しむことになる。

そして、そんなことをまざまざと体験してしまったトレーニングだった。

ああ、、もうびっくりだった。。おかげでその日の夜から高熱をだし、それはもう激しい頭痛と節々の痛み。。

そんなふうにして全身でトラウマをしっかり体験。

同室のRさんが、ほんとうに自分自身でいてくれて、そして繊細で、そして素晴らしくケアーをしてくれて、ほんとうにありがたかった。

そして、そんなひりひりしている私に、それでもちゃんと愛の手は差し伸べられていて、ゴパルの個人セッションを受ける。

ひりひりしている私に、ゴパルはそっと何が私をわくわくさせるのか、リソースにつながるものはなんなのか、全く無理強いせずそっとたずねてくれる中で、私の中から出てきたものは、ほんとうに自然とつながるものだった。私の大事なキーセンテンス、自由であること。それは特別な何かではなく、日常の中で少し目を空に向けたり、大地をみたり遠くの景色やそばにある自然に向けることができれば、いつもそれはそこにあっていつもきらきら輝いている。

すると、さっきまで痛みと怒りと嫌悪感に苦しんでいたことがまるで幻想のように感じたり、まるで遠くで起きてる出来事のように感じることができた。

いつもながらゴパルのワーク、特に個人セッションは不思議で、ゴパルは何も多くを語らないのに、とても深くそして静かで、そこにはそこはかとなくやってくる安心感、満ち足りたなにかにいざなってくれる。

そして、自分のリソースがどこからやってくるのかということを、容易に思い出すスペースに導いてくれる。

存在とつながっているそんな感覚を頭ではなく体で感じることのできるスペースに。

もうその時は、ほんとうに深く深く内に入り、とても深い静けさの中にいた。

これが、私が体験したゴパルマジック、。

人生はタタータ それを、呼吸の中で日常の中で感じた。