タグ別アーカイブ: 宇宙

タントラの聖地カジュラホの旅1

OSHOは言います。

「もしあなたがタントラに興味があるのなら、カジュラホに行かなくてはならない。」

この言葉、このカジュラホツアーに参加した方なら、本当にそうだと確信するでしょう〜。それも恐らく、ただこの世界遺産の観光のような感じで訪れたとしても、カジュラホでこの確信はやってこないでしょう。

カジュラホツアーの案内はこちら→http://www.reservestock.jp/events/132485

100回以上もこのカジュラホに訪れたOSHOは、このガジュラホには最低でも45回は訪れないといけないと言っていたそうです。

だけど、このカジュラホツアーに参加し、この地で瞑想するとダイレクトに宇宙とコネクトする感覚に包まれるので、そのOSHOの言う言葉に素直に従いたくなります。

男女が絡み合う沢山の石像を目の前にし、初めはこの石像には、まるで日本で言うところの四十八手のようなものを沢山見ることが出来るものだと思っていました。

しかし、実際の寺院を目の前にし、このアイディアも全くの噂に過ぎないと直ぐに理解しました。

このツアーでは、瞑想の探求は勿論ですが、この寺院ができた背景や、様々な石像の意味や意図なども学びます。

世間に出回っているカジュラホのタントラ像は、この世界遺産にもなった寺院の、本当にごくごく一部に過ぎません。ここでも、タントラがまるでSEXや男女の関係性のことだけを取り扱っているようにほとんどの人々が勘違いしてしまう大きな要因の一つだということが理解できます。

しかし、多くの人は大きな意味でのSEXにしか興味がなく、そのことで人生のほとんどの時間を費やしているので、注目を引くにはやはり男女の交わりの像を表に出すことになるのでしょう。神聖な石像を表に出したところで、そこに惹かれる人は、本当に稀な存在と言えるでしょう。

カジュラホの寺院は、正に、「タントラの世界」を全て表しています。

この寺院そのものが、タントラの聖典となっているのです。

文字を読まずして、私たちはこのタントラの聖典である寺院の目の前に立ち、そして、自分自身の真実を宇宙の真理を理解し受け取っていきます。。。

勿論、そのように参加者が受け取れるようにこのツアーの中で、ガイドしアプローチして行きます。私達はただ真摯に石像の前に静かに座り受け取る事に開いて行きます。

また、このツアーでは世間でも多くの人が目にしている有名で一番大きなタントラ寺院だけでなく、世界で一番初めに建設されたタントラ寺院をはじめ、様々なテーマが描かれているその他のカジュラホタントラ寺院にも連れて行ってくれます。

その中には、もうほとんど形は残っていないけれど、タントラの源のエネルギーと繋がる寺院や、

結婚に対してタントラがどう考えるか?

全ての道は、最終的には全てタントラの世界に辿り着くことなどを知ることが出来るもの見ることができます。

そして、タントラの世界がどうのようにして他の宗教に隠されていってしまったかなどについても知ることが出来ます。

このツアーには、もうそれは、本当に天からの祝福の計らいだとしか思えないようなことが、本当に次々に起こるのですが、その祝福と共に、祈りの儀式に参列したりします。

このカジュラホには、大きなシヴァテンプルがあり、プージャに参列しました。。

ウッタムとトーシャンのインドツアーでは、沢山のプージャ(祈り)に参加出来るように手配されています。それも、とても稀な機会である種類のプージャも多いです。

アグニホートラにおいては、私たちのグループのためだけにサプライズで開催してもらうことができ、タントラを探求する私たちへの大いなるギフトとなりました。

また、このガジュラホには、古代のタントリカ達が、タントラのワークを実践していた場所にも訪れ、そこではまさに古代のこのとても素晴らしいタントラ寺院を作り上げたタントリカ達のエネルギーを今でも感じることが出来ます。

その日、私たちは、空に、シャクティの姿を見ることができ、そして夜には、とても美しいシヴァムーンを見ることが出来、この宇宙と自然からも大いなる祝福を受け取りました。

ここカジュラホの旅は、インドに訪れたという感覚よりも、カジュラホという宇宙空間を訪れたような、不思議な感覚に包まれて行きます。

この体験は、内なる直感に従ってこの人生を歩んでいくための力を私達にもたらしてくれることでしょう。。つづく。。。

過去のカジュラホ参加者の感想はこちら
https://dhyani29.wordpress.com/category/カジュラホ感想/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

全ての道はタントラに辿り着く

タントラの世界は、この命のエネルギーを無限に広がっていくことを全面的にサポートしてくれます。

12189621_494450590762604_5137822909393710914_n

 

私の人生は、OSHOと出会って新しく始まりましたが、その中では言葉では説明出来ないような様々な体験がギュ〜〜っと詰まり乱れ混沌としたその波の中で、生きている喜びに満たされ続けて現在に至ります。

その中で私はタントラに出会い、人生に起こる想像もしなかった様々な出来事に向き合う中で、タントラは、まるでこの大地から沢山のエネルギーが私の足の裏から流れ込んでくるかのように向き合うための内なるパワーを、目覚めさせてくれました。

今、この瞬間をトータルに生きる!!

この人生をトータルに生きたいのであれば、今、何を選択するのか?!

自分も含め、誰もが今のこの肉体を持った人生は、いつ終わるのかは誰にも分からない。だとしたら、今どう生きたいのか?!

ほとんどの人が、トータルに生きるという体験すらないままにこの一生を終わらせます。彼らは、そのような世界があることも知らないので、彼らにとってトータルに生きることは、未知なる世界とその世界への恐怖。その恐怖はリアルに感じることができない無意識層に潜んでいるので、自分がその恐怖によって操られていることに気づく人は少ない。その上その恐怖は現実ではなく、全く根拠もパワー持たない得体の知れない恐怖に支配されている世界です。人は人生での経験がないことや世間や親から危険だと伝えられたことに対しては、恐怖という危険信号を機械的に発するように作られています。自分自身の中にあるものにも関わらず、その存在すら知らない人がほとんどで、知らない間にその恐怖からの選択をしながら、それがありのままの自分だと人は信じて生きています。その為、目の前にあるものが一体何なのかと考えることすらも出来ないのです。

トータルに生きたいと言っている人であったとしても、その恐怖の枠で縛られた範囲内での人生かもしれません。

この未知なる世界の存在に、気付くか、信じるか、あてもなく直感で飛び込んでしまうか?

恐怖に支配され保守的に生きたり、また明日と先延ばしを永遠と繰り返し年を取っていくのか?

実際の行動に移すか移さないかで、この人生は大きく変化します。

何が一体この無意識層に眠る恐怖から自由にさせて、この人生をトータルに生きる世界へと飛び込むことができるのか?

OSHOの瞑想は、その大いなる助けになります。

OSHOの瞑想は、一般世間の人々が瞑想と聞いて想像するものとは丸っきり違っています。この違いは、この人生をもっと深く探求したいという切望と、正しいやり方で実際にやってみて、続けてやってみて初めて体験できます。

ただ、瞑想の技法をすることが瞑想ではありません。この技法を通して、瞑想の状態へと向かっていくことがOSHOの瞑想です。

そして、その瞑想をする中でもタントラは、OSHOが伝えるタントラの世界は更に、大海へ飛び込むことを、本当の意味でトータルに生きることを全面的に祝福してくれます。

いよいよ来月、2月4日からこのタントラの聖地ガジュラホ寺院でのタントラのグループが開催されます。

タントラは、愛の道、愛はこの生の全てです。

ここでの愛は、恋愛の愛とは少し違います。

この生命を育む宇宙であり、信頼、そしてその人によって様々な言葉で表すことができる真理です。

カジュラホでのタントラリトリートでは、タントリックな瞑想は勿論ですが、なぜタントラが世界のどこでもなくインドで生まれたのか?そして太古の時代からタントラの道を探求してきた人々の思いや、このカジュラホのタントラ寺院を作った人々、この寺院の中で瞑想する時に起こる神聖さなどにもサポートされ、自分自身の奥底にある愛の道へと導いてくれます。

また、ただ自分自身の中に深く繋がるだけでなく、目の前にある人々との繋がりも学んでいきます。

カップルでタントラを探求したい人々には、グループの中だけでなく、実際にタントラをどうやって日常生活の中で円環させ続けていくのかについては、二人で一緒にこのグループに参加することで、今の関係性がさらに深まっていくこととなるでしょう。

また、このカジュラホの旅の中では、皆さんがよく見る写真のタントラ寺院以外にも訪れます。その中の一つの石像の中には、

「この世にある全ての道は、最終的にはタントラにたどり着き、そして開花する」

ということを表す像との出会いがあり、ここにもタントラの奥深さと無限の広がりを確信することができるでしょう。

ぜひ一度、その目で実際に見て、タントラの新しい世界を体験してください!

2月のカジュラホタントラリトリートの詳しい案内や過去の参加者の感想などはこちら→タントラの聖地カジュラホタントラリトリート

 

 

インドリシケシ瞑想トレーニング&聖地巡礼&覚者の臨在と共に4

インドリシケシ聖地巡礼ツアー3でも触れましたが、

今年のリシケシ瞑想ツアーは、瞑想トレーニングになりました。

imag1446 imag1383

このトレーニングでは、瞑想の科学を学びます。
ですので、OSHOの瞑想に限らずとも、瞑想の基礎と土台となるエッセンスを会得することが出来ます。
勿論、OSHOの瞑想を正しく学び実践する機会でもありますので、OSHOの瞑想も人々へシェアしていくことが出来ます。
瞑想トレーニング修了書も発行されます。
瞑想をどうやって人々へ伝えるのか?
スピリチュアルと言われるものや世界の宗教についても具体的に学びます。
そして、理解と共に体験もしていけます。
今年ように準備された聖地にもこの期間中に数カ所訪れて行きますが、それぞれの場で実際に感じたり、体験することもこの瞑想の学びの中でとても役立てていけるものとなるでしょう。
さらにこのコースはこれで終わらずに、実際に世間の場に出て人々へ瞑想をシェアしていく過程の中で、リアルに出てきた疑問や質問を、トレーニング終了後にも、トーシャンやウッタムに引き続き分からないことや困ったことを相談していくことが出来ます。

このような流れになっているのも、実際にトレーニングを終えても、実際にその分かち合いを始めてからの方が、沢山の疑問や質問が浮上してくるからです。

私たちは、この場限りの関係性ではなく、共に瞑想を生きていく仲間としてのつながりを作っていきたいと考えています。

imag1495

imag2035 また、このOSHOセンターはヒマラヤの自然溢れる中にあり、紫外線も、日本で浴びているものとは違っていて、とても優しいです。

 

それは、周りに公害となるものがないからです。

なので、子どもも安心して連れてくることが来ます。

優しいスタッフがいてくれて、

このセンターを、OSHOへの愛で全財産をかけて作ってくれたのがこの方です。

imag2028
その上、ガンガダムセンター長である彼が、食事のマスターでもあり、

彼の管理もの元で提供される食事は、インドの家庭料理で、飽きることもなく、また辛いものが苦手な私ですら安心してたべれる食事が提供されますので、食事の面からも子どもも連れて来たいと思う場所です。

imag1369 imag1442

imag1440imag1437

このセンターは、数年前のガンジス河の大反乱で大きな被害を受けました。

 

 

なので、毎日センターをより充実させるために働いています。動物たちもそのために大活躍していました。imag1373

野生の動物たちもたくさん訪れていました。。

 

imag1482

 

 

何故か、私とDちゃんが一緒にると、かなりの頻度で、おサルの交尾の場面に遭遇。。笑

これは、私たちがタントラフレンドだから???

他の人といる時には一切遭遇しないのに。。。

imag1427

瞑想は、正しく行ってこそ、その効果が実際の人生を内側から変容させていきます。
そして、実際に悟りを得た聖人達からの、今もそこに存在する神聖なエネルギーを受け取っていくことで、私たちの器もさらに広がる助けとなります。

imag1451

また、瞑想とは何か?
ということの理解とともに瞑想していくこともとても大切で、
その意識がまた瞑想を続けていく中で、自分自身の内側からのサポートを得ることができます。

そして、その一連のプログラムを、聖なるガンジス河が常にサポートしてくれます。

imag1353

もしも、日程は何とかなるけど、お得と言われても今はちょっと金銭的に。。
という方は、せっかくの機会ですので、
遠慮なくご相談くださいね〜〜💕

タントラに関心がある方も、また、他の道に関心がある方も、まずはこの基礎となる理解や体験があってこそ、その深みへ入っていけます。
このグループのリーダーである、トーシャンのブログをぜひ読んでみてね。
http://artoflove.jp/meditation-energy-20160914

リシケシツアーの申し込みやグループの詳細は以下をチェックしてね。
https://www.facebook.com/events/1739112649699869/

そして、今回のツアーだけ、特別なオプションに参加できます!

女性の覚者ショバナは、まだ西洋人が沢山インドのOSHOアシュラムに訪れるようになる前に、OSHOととても親密な立場の元、1969年に悟りを得ています。

そしてまたショバナは、OSHOと多くの時間を過ごす中で、彼女はOSHOから直接タントラの瞑想を伝えられ、タントラから得られる沢山の学びと経験を得ました。

現在ウッタムとトーシャンが、日本やインドにて私たちにシェアしてくれているタントラの教えや瞑想は、
このショバナと、プライベートな長年のミーティングを重ねてきた中で、ショバナから直接伝えられたりアドバイスを受けたりして受け取ってきた沢山のものが基盤や土台となりシェアされています。

日本の皆様へお伝えしたいこととして、
今回のグループは、
ショバナもかなり高齢となっているので、肉体と共に遠方まで動きが取れる最後の機会となる可能性が大きいということです。

そして今回は、滅多にない日本語の通訳も付きます!
ショバナが OSHOから直接伝授されたブレステクニックを、ショバナ自身から私たちが直接受け取れる最後かもしれないチャンスと恐らくなるでしょう!

この機会を、ぜひ逃さないでくださいね!!

 

imgp5436日本のオールドサニヤシンの方々ですら、彼女の存在を知らない人がほとんどです。

彼女ももう高齢であり、日本語の通訳が入る機会は、おそらくこれが最後となるでしょう〜。

今月末からの、
インドリシケシの聖地巡礼&瞑想トレーニングへの参加者は、今のところ、
全員がショバナに出会います。。
そして、更に彼女の臨在の共に、OSHOが彼女に伝えた呼吸法により内側の陰陽のバランスを整えていきます。

こんなチャンスは、恐らく私達日本に暮らす者にとっては、最後となるでしょ。。

リシケシの聖地巡礼も今年は更に新たなところへも訪れるかもしれず、美しいガンジス河での御祓とも思わす関わりも、大きな体験となること間違いなしです!

リシケシからの参加がどうしても難しい方は、このショバナとの出会いだけでもこのチャンスを逃さないで下さい💕

imag1997OSHOセレブーレーションも希望があれば、このインドリシケシの地で行う準備もあります。。imag1986

 

 

 

瞑想の中や、瞑想のグループの中で一瞥を得る体験をしたら、またそこまでいかなくても、今までの生き方が変わるような体験をした後には、
引き続き瞑想を続けていくことで、
自分の中でその体験を大切に、まるで育てていくような作業となります。

それを容易に実践するには、
OSHOのベーシックな瞑想は、とても有効かつ大きな助けになります。

しかし、その助けから人生が変容していくためには、その瞑想が正しく行われなければ、ただのエクササイズとなる可能性も有り得ます。

OSHOの瞑想を正しく実践していきたい方は、
是非インドのリシケシで行われる、瞑想トレーニングにご参加ください。
このトレーニングでは、瞑想をただ学ぶだけではなく、瞑想を人々へリードして行く為のガイドについても学べ、トレーニング修了証も発行されます。
更に、悟りを開いた聖人たちのエネルギーが今ものころ聖地へも実際に訪れ、そのエッセンスやそのエネルギーを体験する事も出来ます。

また、子連れでもこのリシケシのグループに参加する事も可能となりました。。

初めてのインドの旅となる方であったとしても、グループ中のインド国内の移動は全てこちらが準備しますので、初インド以外でも、子連れであっても、高齢であっても全てのプログラムに基本的には、この船に乗るだけで体験していけます。
また、何か会った時にもリシケシの街に近いところに滞在しているので、対処も可能な環境です。
もう、インドに行く事もないだろうな〜と思っておられる方も、ぜひご検討くださいね。

検討してみる方は、下記ページをご参考に。。
http://www.reservestock.jp/events/132474

imag1985

タントラライフ大阪1day☆パッションオブライフ

タントラライフを率いる、ラダの来日プログラムが、全てとても美しく沢山の光と共に終了しました〜!

タントラ

その大きなエネルギーの波を感じつつ、大阪で早速1dayイベントの開催です!

今回、ラダに直接会った沢山の仲間はもちろん、会えなかった方々も、まだタントラの経験がない方も、この愛と生きる喜びの、熱々パッションを分かち合いましょう〜〜〜☆

久々に、ダイナミック瞑想から始まる予定です〜〜!!

ダイナミック瞑想をしたい人も大歓迎ですよ〜。

人生にもっともっとパッションを感じて生きたい〜〜と感じている人、大阪に集まれ!!!
**********
まず、瞑想のなかに入りなさい。
なぜなら、愛は瞑想から生じるからだ。
それは瞑想の芳香だ。
瞑想は花だ。
それを咲かせない。
瞑想に、あなたが垂直の、無心の、時間のない次元に入るのを手伝わせなさい。
すると突然、あなたはそこに芳香があるのがわかる。
そのときこそ、愛は永遠だ。
そのときこそ、それは無条件だ。
〜生・愛・笑/OSHOより抜粋

☆日時;10月10日(月・祝)
10:00スタート〜17時(16時半頃終了予定)

☆会場;
【地下鉄】御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅下車下車(詳細は参加者にお伝えします)

☆参加費;参加費;10,000円(要振込)
☆早期割あり!10月3日(月)までに振込完了の方:8,000円

☆入金の確認をもちましてお申し込み完了。
振込先は、申込者に直接お伝えします。
☆キャンセルポリシー;振り込み後の返金は受け付けておりません。また10月3日(月)以降のキャンセル につきましては、振り込みがない場合でも参加費の50% を申し受けます。当日の場合は100%のキャンセルチャージとなりますのでご注意ください。
(当日までの振り込みが難しい方はその旨をメールでご相談ください)

☆初めての方、タントラ経験者、シングル、カップルすべての方対象。

☆持ち物:
*お昼ご飯(外食も可能)
*動きやすい服装&着替え(ジーパンやベルトを使ったズボン、タイトなスカート等は避けて下さい。汗をかくのでTシャツなど余分に持ってきて下さい。)
*ショールなど汗をかいた後や冷房などで身体を冷やさないためのもの
*床はフローリングで、座ったり横になる時もあるので、もしもご自身のお身体を感じた時に、下にも引くものや座るための補助などが必要だと感じられる方は、ヨガマットやバスタオルなど、ご自身がリラックスする為に必要なものはご持参くださいね。

☆ファシリテーター:カビール
**タントラライフってどんなことするのだろう?

〜コース内容 〜
・自分の身体に対する気づきと愛を思い出す
・ストレスを解放し、寛ぐことへの鍵を発見
・セクシャルエネルギーに対する体験的理解を深める
・タントリックな瞑想のスペースを体験し、内側の喜びと深みにふれる
・身体を通して繊細さと官能性の源(ソース)へと再びつながる

タントラは、私たちの身体・性エネルギーへの探求・感受性を通して、 気づきとともに生きること、自分自身を深く知ることを教えてくれます。

それは瞑想のスペース、意識が広がっていくツールです。

目覚めていながらも、性エネルギーをどのように生きるのか、 もっと強烈に、もっとエキサイティングにどうやって生きるのか。

それを探ってみませんか?

☆お申し込みにあたり、下記の記載をお願いします。
1)本名フルネーム&ニックネーム(希望があれば)
2)当日の連絡の為の携帯電話番号と携帯メルアド
3)お住まいの地域(御案内時の参考のため)

☆お申し込みお問い合わせ
ディヤニ;dhyani29☆gmail.com(☆は半角@に変換)

グループ後も続く『枯れないエネルギーの循環』☆シヴァシャクティ感想 in カジュラホ

シヴァシャクティミーティングのカジュラホリトリートにカップルで参加した方からの感想第3弾!

IMAG2604

彼女の愛する人、人生の中で一番愛し合いたい人と、共に成長して行きたいし、SEXに対してももっとジューシーな時間を二人で共有していきたいと、彼女は彼を愛すれば愛するほどに感じていました。

そんな彼女のこの体験は、二人で一緒にこのシヴァシャクティミーティングに参加したからこそ得たものであり、だからと言って実際に何が起こるのかに関しては、見守り、彼にとって一番良い事が起こることだけを信頼するという彼女の献身的な受容的な在り方がもたらした祝祭だと感じました。

シバシャクティのグループでは、女性が花開くには、どのように男性が接していくのか?また男性が花開くには、女性はどのように男性に接していくのか?

という観点からも学んでいきますが、これは、その結果何が起こるのかをまさにこのカジュラホで瞬時に事が起こったケースであり、それは彼らのここに至るまでのプロセスもひっくるめて、こちらにまで大きな喜びの涙が溢れてきました。。

彼女の素敵な体験談をぜひシェアします。。

************************************************

昨年春に結婚したパートナーと共に、3月のカジュラホワークに参加しました。

パートナーと出会う前から私はタントラに触れており、結婚後はパートナーと共に道を探究するのがある種の夢であったのですが、あいにく二人でのタントラはほとんど実践に至らず、肉体的な繋がりにおいて「こんなものなのかな?」と感じている私がいました。

私自身、こと男性に対する恐怖と緊張を結婚後も深層に抱えており、そのせいか、心では心底尊敬し信頼しているパートナーに対してすら私の身体は大抵緊張していて、自分のガードを取り去って寛いでもいいのかな、それともまだ緊張しておいた方が安全かなと、様子を伺うのです。反応の仕方が分からない葛藤と、常時緊張モードにより疲れていました。

またパートナーに寛ぎを与えられない自分に対しても罪悪感を覚え、何か行き詰まりを感じていました。打開の糸口は、このタントラしかないと思い半ば縋る思いで、密かにカジュラホ行きを決意しました。

私があまりにしつこく言うので、「ワーク」とか「合宿」という言葉の響きの不自然さに拒否反応を示していたパートナーも、最後には折れてくれ、同行を承諾してくれました。

結果的に、カジュラホでの経験は、二人にとって本当に期待以上の素晴らしいものでした。二人同時に休暇を取ってどこかに旅行したのも初めてで、実質的にも新婚旅行だったのですが、この旅は今後の人生や夫婦生活を一変させるほど、貴重で忘れられない7日間となりました。

あの、タントラの聖地カジュラホで、タントラグループに参加できる幸運に恵まれた喜び、愛するパートナーと一緒に参加できた喜び。隣にいるパートナーが愛おしくて愛おしくて、愛おしい気持ちが溢れ出て、ただハラハラと嬉し涙を流す時が何度も何度もありました。

ワークも中盤に差し掛かり、二人が部屋で過ごしていた夜、「こんなに女神さまみたいなのに、今まで雑に扱ってごめんね。」と言ってもらったことがあります。

それはまさに、私がそれまで抱いていた『何かを伝えたいのに伝わっていない不満』が昇華された瞬間であり、この言葉を聞けただけでもカジュラホに来た甲斐があった、タントラをやって良かったと、心底感じられた時でした。

このカジュラホの旅を境に、二人の間にはタントラで言うところの、『枯れないエネルギーの循環』が自然に起こり出しました。

ただ二人でそこに在り、自己の存在、相手の存在に意識を置いた時、意図せずとも自然にエネルギーの交流が起こるようになりました。エネルギーの循環が、合図も言葉もなく、始まるべき時に自然に始まり、互いが同じ流れを認識、共有できるのです。

最初にそれが日本で起こった時には本当に驚いたのですが。タントラは、カジュラホのあの瞑想ホールの、あの夢のように瞑想的な特別な空気の中でしか実現しないものではなく、二人が住むこの家でも起こる!

これは二人が同時にウッタムとトーシャンの導きを受けて、タントラという大樹の小さな種を、二人で同時に持って帰って来れたからこそ、起こっているのだと感じています。

一緒にインドに行き、これからも共にタントラを探究してくれるパートナーに、同じ時間を分かち合った参加メンバーのみんなに、トーシャンとウッタムに、心から感謝しています。

本当に行けてよかった。私の中の『いのち』が悦んでいます。

****************************

カップル参加者の感想第1弾はこちら→http://wp.me/pW2RC-Ds

カップル参加者の感想第2弾はこちら→http://wp.me/pW2RC-DT

***************

カジュラホへの旅の始まりは、日本でのパート1&パート2からです。

カジュラホでの体験を十分に受け取るための土台づくりも、とても重要だということも今回のカジュラホの旅では再認識しました。

シヴァシャクティチームは、全ての参加者が、最大限に人生で期待するものを受け取れるように全面的にサポートします。そこを大切にする為にもパート1&パート2での体験は必須だと確信しています。

☆2016シヴァシャクティミーティングスケジュール☆

5/26 【大阪】ウエルカムイベント
http://www.reservestock.jp/events/118997

5/28・29【大阪】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/119013

6/2 【下北沢】ウエルカムイベント  http://www.reservestock.jp/events/115025

6/4・5 【逗子】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/106659

6/16~19【六甲】シヴァシャクティリトリート http://www.reservestock.jp/events/119062

☆トーシャンのメルマガ登録ページ→http://www.reservestock.jp/page/step_mails/4482

パートナーとの魂の結婚式☆シヴァシャクティミーティングinカジュラホ感想

シヴァシャクティミーティングのカジュラホツアーに一緒に参加した仲間から、とても素敵な感想を頂きました。

IMAG2813

今回のカジュラホでは、彼がシェアリングするたびに、とても深くそして素直にこのグループやカジュラホの寺院から受け取ったものを感じている様子伝わってきました。

もう相手のことは大好きだし、好きだからこそ付き合っているのだけれど、そんな相手のことですら、このカジュラホで新しく知った人のように出会い、そしてさらに愛情を深めていける。。

毎回、新しく出会い、毎回愛が深くなる、そんな関係性が自然に発生する姿はとても美しいし、それこそがタントラにより導かれるものだと思います。。

ますます素敵な関係性を深めていってね。。。love

************  以下が感想です..

 

タントラのルーツカジュラホから帰ってきました。
タントラ瞑想は6年前くらいから行っていて僕の探求していることの一つです。
この地で瞑想するという意味は自分が思っていたよりも大きな意味があり、丁度日本では部分日食がありインドではシバ神とシャクティの結婚式の祭りがあり、パートナーと来た僕にとっては宇宙からのプレゼントで自分自身とパートナーとの魂の結婚式のような気持ちにさせられました。

カジュラホのエナジーはとても女性的で宇宙的で、セックスの彫刻があるにも関わらずそれを見たものには性的な欲求が静まるという効果があるように思います。

約千年前に作られた寺院はジャングルの中に泥で隠されいたようです。
寺院を作ったのはタントラ瞑想の実践者たちだけで心から作ったというのがエナジーで感じる事が出来ます。

その昔周辺は湖になっており、ボートで寺院にやって来ていたそうです。
下の方の彫刻は俗っぽくて上に行くほどセックスの彫刻はなくなっていき瞑想している彫刻が多くなっていきます。
寺院の中は神聖な雰囲気で、選ばれた人が招かれて特別な瞑想をしていたみたいです。

寺院一つに俗なるものと聖なるものがあり多次元構造になっており直線軸の時間では捉えられないようになっており見るものによって見えかたが変わる生きた彫刻でです。
今回参加してタントラの概念が大きくかわりました。
美しくて女性的で健やかで静か。一週間ほどの滞在にも関わらず1ヶ月ほど滞在したような落ち着いた気持ちで帰ってきました。
カジュラホでシバシャクティミーティングを開催してくれたウッタムとトーシャンに感謝です。
これに参加すると大きな意味でタントラを捉える事が出来ると思います。

********************

☆カップル参加者の感想第2弾はこちら→http://wp.me/pW2RC-DT

カジュラホへの旅の始まりは、日本でのパート1&パート2からです。

カジュラホでの体験を十分に受け取るための土台づくりも、とても重要だということも今回のカジュラホの旅では再認識しました。

シヴァシャクティチームは、全ての参加者が、最大限に人生で期待するものを受け取れるように全面的にサポートします。そこを大切にする為にもパート1&パート2での体験は必須だと確信しています。

☆2016シヴァシャクティミーティングスケジュール☆

5/26 【大阪】ウエルカムイベント
http://www.reservestock.jp/events/118997

5/28・29【大阪】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/119013

6/2 【下北沢】ウエルカムイベント  http://www.reservestock.jp/events/115025

6/4・5 【逗子】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/106659

☆トーシャンのメルマガ読者限定早割☆

5月14日(土)23:00までにコースお申込み&全額ご入金の方は
参加費が5,000円引き 42,000円⇨37,000円
※逗子会場は、プラスお弁当代2,200円(二日分)

6/16~19【六甲】シヴァシャクティリトリート http://www.reservestock.jp/events/119062

☆トーシャンのメルマガ読者限定早割☆

5月14日(土)23時までにお申込み&全額ご入金の方は
参加費が10,000円引きになります。(早割)

☆トーシャンのメルマガ登録ページ→http://www.reservestock.jp/page/step_mails/4482

タントラの源へ向かう旅☆シヴァシャクティミーティング3日間リトリート

シヴァシャクティミーティングより、パート1に引き続き、パート2の宿泊型のリトリートのお知らせです。
ShivaShakti Retreat – Circulation of Light and Energy-
シヴァシャクティ・リトリート 〜光とエネルギーの円環〜
2016、シヴァシャクティトップ

セクシャル・エネルギーは二つの目的のために使われます。

ひとつは、自分自身と繋がるため。

ひとつは、他者と繋がるため。

セクシャル・エネルギーには二つの次元がありながら、
ほとんどの時間を私たちはたった一つの次元にのみ生きています。

そのエネルギーを他者との性行為に、
あるいは様々な事柄や物へと恋に落ちるために使い、
それがありとあらゆる倒錯が起こる起因となっています。

光の円環とは、どのようにして自分と繋がるのかを知ること。
エネルギーの円環とは、どのようにして他者と繋がるのかを知ること。
光とエネルギー、瞑想と愛、シヴァとシャクティの出会いが始まる。。
それは独りあることのパワー、
他者といることのパワーをあなたに与えます。そのときLoneliness(寂しさ)と
Aloneness(独りあること)の違いを理解するでしょう。
このリトリートは、瞑想と愛を学ぶ3日間です。

自分自身に繋がるためにセクシャル・エネルギーを使うこと。

それは、瞑想を意味します。

瞑想の鍵は寛ぎであり、
タントラが私たちに教えてくれる生の秘密です。
私たちは新しい、全く深刻ではないやり方で、
それを味わいながら楽しむスペースを経験していきます。

また、このリトリートでは
日常生活に使えるタントラの技法を学ぶことができます。

それは決して手の届かない教義の中にあるのではなく、
現代に生きる私たちが毎日の生活のなかで
瞑想と愛を深めていくことの可能性を教えてくれます。

☆セクシャリティーとセクシャル・エネルギーの違い

セクシャリティーとは
頭の中で行なわれているセックスであり、
それは自分の喜びのために
他者を利用したがることです。

自然が私たちに与えてくれたセクシャル・エネルギー、
創造的なエネルギーはその一瞬一瞬ごとに
顕現されていくことを望んでいます。

それは「私自身」から発せられる香りです。

この芳香が放たれ、縦横無尽に広がっていかないかぎり、
私たちは決して幸福を感じることはありません。

この体験と理解が統合されるとき、
ボディマインドレベルで大きな癒しが起こるばかりでなく、
光とエネルギーの円環が起こるでしょう。

この3日間のリトリート を終えるとき、
シヴァとシャクティの基本原理ータントラの原理ーを明確に理解し、
セクシュアリティの隷属から解放される一瞥の体験を得て、
瞑想と愛の両翼を生きることの何たるかを胸に抱きつつ帰途することでしょう。

それはまた、さらに続いていく遥かなる旅への招待状です。

 
**タントラの聖地カジュラホでのパート3のグループに参加希望の方は、パート1&パート2受講修了が参加条件になりますので、この機会をお見逃しの無いようにお願いします。
http://shivashaktimeeting.com/jp/about-shivashakti-meeting/root-and-flowering-of-shivashakti/


日時;6月16日(木)20時集合〜19日(日)17時解散予定

会場
神戸市六甲 ご予約完了の方に詳細お知らせいたします。

参加費
66,000円/人(通訳込み)

宿泊費
 45,000円/人(食事&消費税サービス料込)※変更になる可能性があります。☆メルマガ読者限定早割:パート1と同じ期日の5月14日(土)23:00までにメルマガ登録&コースお申込み&全額ご入金の方は、参加費が10,000円引きになります。

☆メルマガ登録ページ→http://www.reservestock.jp/page/step_mails/4482

参加対象者;

 「Awakening of ShivaShakti 〜シヴァシャクティの目覚め」2日間コース
http://shivashaktimeeting.com/jp/about-shivashakti-meeting/awakening-of-shivashakti/
  あるいは
 「Root and Flowering of ShivaShakti
  〜シヴァシャクティの根、そして開花〜@カジュラホ5日間リトリート」
  のいずれか参加経験者。
定員;14名  
 
講師;ウッタム&トーシャン
二人のプロフィールはこちら→http://shivashaktimeeting.com/jp/about-us/
【コース内容】・自分の人生における自分が現在いる地点(内なる旅の地図)の探求。・シヴァとシャクティの基本原理を学び、それぞれの質を深めていく。

・セクシャリティーとセクシャル・エネルギーの違い。

・男性エネルギー、女性エネルギーのボディシステムに働きかける仕組み。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ瞑想技法実践法
−−−ひとりで実践する。ふたりで実践する

・OSHOのビジョンにおけるタントラを理解し、タントラの探求者としての土台を構築する。

・OSHOアクティブ瞑想ーーーひとりで実践する。ふたりで実践する。

・シェアリング、シヴァシャクティについての質疑応答

このリトーリートは
ティーチャー養成コース(*1)の必須コースになります。


【詳細・お申し込み先】
トーシャンのリザスト
http://www.reservestock.jp/events/106659
【問い合わせ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
(☆を@へ変更してください)(*1)シヴァシャクティ・ティーチャ養成コースについてシヴァシャクティのティーチャー養成コース内容は、
20日間に渡るコース&リトリート&瞑想トレーニング
およびプライベートコーチングクラスが必須となります。

全レベル修了後、シヴァシャクティの目覚め(2日間コース)あるいは
イントロダクトリーコース(半日あるいはワンデー)を提供する
シヴァシャクティのティーチャーとしての認定書が渡されます。

シヴァシャクティのタントラティーチャーとしての道を歩みだすための、内なる強さが伝授されます。

また、本コースはティーチャーとして人々と分かち合うよりも、
むしろ個人として自身の自由を希求しシンプルにハッピーに生きたいと願う方も大歓迎します。

【対象となる方】

・シヴァシャクティを学び、経験し、そしてシヴァシャクティを広めていくことに情熱と夢を持つ個人

・宇宙とひとつになり、それを生きたいと願う個人

・瞑想を深めたい、愛を生きたいと願う個人

シヴァシャクティ・ティーチャー養成コース全日程

Level 1: Awakening of ShivaShakti (2日間)
Level 2: ShivaShakti Retreat – Circulation of Light and Energy- (3日間)
Level 3: Root and Flowering of ShivaShakti(5日間)
Leve 4: リシケシ瞑想トレーニング(10日間)
Level 5:プライベートクラス(約40-60時間)

・シヴァシャクティのティーチャー養成コース内容はLevel1-5全日程修了が必須となります。
・コース参加は、Level 1から5へと進んでいかれるのが理想的ですが事情がある場合はご相談ください。
・Level1-3の全日程およびLevel 4リシケシ瞑想トレーニング修了後、ウッタム&トーシャンと個人面談を通して先に進むかどうかを決めます。
・Level 5は、ウッタム&トーシャンと親密に日々を過ごしながら個人ごとにスケジュールを組み立てて進めていきます。開催場所は基本的にはインドとなります。滞在先や日程は個人ごとに決まります。目安としては約2週間から1ヶ月の期間となるでしょう。

トーシャン&ウッタム シヴァシャクティ、リトリート