インドリシケシ瞑想トレーニング&聖地巡礼&覚者の臨在と共に4

インドリシケシ聖地巡礼ツアー3でも触れましたが、

今年のリシケシ瞑想ツアーは、瞑想トレーニングになりました。

imag1446 imag1383

このトレーニングでは、瞑想の科学を学びます。
ですので、OSHOの瞑想に限らずとも、瞑想の基礎と土台となるエッセンスを会得することが出来ます。
勿論、OSHOの瞑想を正しく学び実践する機会でもありますので、OSHOの瞑想も人々へシェアしていくことが出来ます。
瞑想トレーニング修了書も発行されます。
瞑想をどうやって人々へ伝えるのか?
スピリチュアルと言われるものや世界の宗教についても具体的に学びます。
そして、理解と共に体験もしていけます。
今年ように準備された聖地にもこの期間中に数カ所訪れて行きますが、それぞれの場で実際に感じたり、体験することもこの瞑想の学びの中でとても役立てていけるものとなるでしょう。
さらにこのコースはこれで終わらずに、実際に世間の場に出て人々へ瞑想をシェアしていく過程の中で、リアルに出てきた疑問や質問を、トレーニング終了後にも、トーシャンやウッタムに引き続き分からないことや困ったことを相談していくことが出来ます。

このような流れになっているのも、実際にトレーニングを終えても、実際にその分かち合いを始めてからの方が、沢山の疑問や質問が浮上してくるからです。

私たちは、この場限りの関係性ではなく、共に瞑想を生きていく仲間としてのつながりを作っていきたいと考えています。

imag1495

imag2035 また、このOSHOセンターはヒマラヤの自然溢れる中にあり、紫外線も、日本で浴びているものとは違っていて、とても優しいです。

 

それは、周りに公害となるものがないからです。

なので、子どもも安心して連れてくることが来ます。

優しいスタッフがいてくれて、

このセンターを、OSHOへの愛で全財産をかけて作ってくれたのがこの方です。

imag2028
その上、ガンガダムセンター長である彼が、食事のマスターでもあり、

彼の管理もの元で提供される食事は、インドの家庭料理で、飽きることもなく、また辛いものが苦手な私ですら安心してたべれる食事が提供されますので、食事の面からも子どもも連れて来たいと思う場所です。

imag1369 imag1442

imag1440imag1437

このセンターは、数年前のガンジス河の大反乱で大きな被害を受けました。

 

 

なので、毎日センターをより充実させるために働いています。動物たちもそのために大活躍していました。imag1373

野生の動物たちもたくさん訪れていました。。

 

imag1482

 

 

何故か、私とDちゃんが一緒にると、かなりの頻度で、おサルの交尾の場面に遭遇。。笑

これは、私たちがタントラフレンドだから???

他の人といる時には一切遭遇しないのに。。。

imag1427

瞑想は、正しく行ってこそ、その効果が実際の人生を内側から変容させていきます。
そして、実際に悟りを得た聖人達からの、今もそこに存在する神聖なエネルギーを受け取っていくことで、私たちの器もさらに広がる助けとなります。

imag1451

また、瞑想とは何か?
ということの理解とともに瞑想していくこともとても大切で、
その意識がまた瞑想を続けていく中で、自分自身の内側からのサポートを得ることができます。

そして、その一連のプログラムを、聖なるガンジス河が常にサポートしてくれます。

imag1353

もしも、日程は何とかなるけど、お得と言われても今はちょっと金銭的に。。
という方は、せっかくの機会ですので、
遠慮なくご相談くださいね〜〜💕

タントラに関心がある方も、また、他の道に関心がある方も、まずはこの基礎となる理解や体験があってこそ、その深みへ入っていけます。
このグループのリーダーである、トーシャンのブログをぜひ読んでみてね。
http://artoflove.jp/meditation-energy-20160914

リシケシツアーの申し込みやグループの詳細は以下をチェックしてね。
https://www.facebook.com/events/1739112649699869/

そして、今回のツアーだけ、特別なオプションに参加できます!

女性の覚者ショバナは、まだ西洋人が沢山インドのOSHOアシュラムに訪れるようになる前に、OSHOととても親密な立場の元、1969年に悟りを得ています。

そしてまたショバナは、OSHOと多くの時間を過ごす中で、彼女はOSHOから直接タントラの瞑想を伝えられ、タントラから得られる沢山の学びと経験を得ました。

現在ウッタムとトーシャンが、日本やインドにて私たちにシェアしてくれているタントラの教えや瞑想は、
このショバナと、プライベートな長年のミーティングを重ねてきた中で、ショバナから直接伝えられたりアドバイスを受けたりして受け取ってきた沢山のものが基盤や土台となりシェアされています。

日本の皆様へお伝えしたいこととして、
今回のグループは、
ショバナもかなり高齢となっているので、肉体と共に遠方まで動きが取れる最後の機会となる可能性が大きいということです。

そして今回は、滅多にない日本語の通訳も付きます!
ショバナが OSHOから直接伝授されたブレステクニックを、ショバナ自身から私たちが直接受け取れる最後かもしれないチャンスと恐らくなるでしょう!

この機会を、ぜひ逃さないでくださいね!!

 

imgp5436日本のオールドサニヤシンの方々ですら、彼女の存在を知らない人がほとんどです。

彼女ももう高齢であり、日本語の通訳が入る機会は、おそらくこれが最後となるでしょう〜。

今月末からの、
インドリシケシの聖地巡礼&瞑想トレーニングへの参加者は、今のところ、
全員がショバナに出会います。。
そして、更に彼女の臨在の共に、OSHOが彼女に伝えた呼吸法により内側の陰陽のバランスを整えていきます。

こんなチャンスは、恐らく私達日本に暮らす者にとっては、最後となるでしょ。。

リシケシの聖地巡礼も今年は更に新たなところへも訪れるかもしれず、美しいガンジス河での御祓とも思わす関わりも、大きな体験となること間違いなしです!

リシケシからの参加がどうしても難しい方は、このショバナとの出会いだけでもこのチャンスを逃さないで下さい💕

imag1997OSHOセレブーレーションも希望があれば、このインドリシケシの地で行う準備もあります。。imag1986

 

 

 

瞑想の中や、瞑想のグループの中で一瞥を得る体験をしたら、またそこまでいかなくても、今までの生き方が変わるような体験をした後には、
引き続き瞑想を続けていくことで、
自分の中でその体験を大切に、まるで育てていくような作業となります。

それを容易に実践するには、
OSHOのベーシックな瞑想は、とても有効かつ大きな助けになります。

しかし、その助けから人生が変容していくためには、その瞑想が正しく行われなければ、ただのエクササイズとなる可能性も有り得ます。

OSHOの瞑想を正しく実践していきたい方は、
是非インドのリシケシで行われる、瞑想トレーニングにご参加ください。
このトレーニングでは、瞑想をただ学ぶだけではなく、瞑想を人々へリードして行く為のガイドについても学べ、トレーニング修了証も発行されます。
更に、悟りを開いた聖人たちのエネルギーが今ものころ聖地へも実際に訪れ、そのエッセンスやそのエネルギーを体験する事も出来ます。

また、子連れでもこのリシケシのグループに参加する事も可能となりました。。

初めてのインドの旅となる方であったとしても、グループ中のインド国内の移動は全てこちらが準備しますので、初インド以外でも、子連れであっても、高齢であっても全てのプログラムに基本的には、この船に乗るだけで体験していけます。
また、何か会った時にもリシケシの街に近いところに滞在しているので、対処も可能な環境です。
もう、インドに行く事もないだろうな〜と思っておられる方も、ぜひご検討くださいね。

検討してみる方は、下記ページをご参考に。。
http://www.reservestock.jp/events/132474

imag1985

インドリシケシ瞑想トレーニング2

インドリシケシ、瞑想トレーニング1の続き

そうやって、毎日、内側のガラクタ掃除をしながら、瞑想を深めていくと、とても自然な流れの中で、どんどん色んなものがそれぞれに必要なもであったり。それぞれに向き合うものであったりが出てきたり、消えていったり。。

それでも、毎日ガンジス河と共に瞑想し、この身を浸けているうちに。。

imag1770 imag1847 imag1942 imag1943

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

imag1951

エネルギーがどんどん変化していきます。。瞑想トレーニング1の写真と是非見比べてみてください。。

imag1562

それは、マインドを超えたところで。。

このガンジス河のエナジーのサポートを受けながら行われる瞑想トレーニングは、今までやったことがる瞑想であっても、また区違う瞑想の体験をする可能性も沢山あります!

私にとっての一番は、OSHOマンダラ瞑想。。

私は割とハードなアクティブ瞑想が大好きなんだけど、この瞑想は確かに疲れるししんどい。。

でもガンジス河に向かって走った、マンダラ瞑想。

こんなに清々しく、さっき走り出したところなのに、もう終わってしまうの〜?と、あんなに軽やかなマンダラは、初めてです!!

足だって、いつもよりも余分に太ももを高く上げたで〜〜!なのに、、

疲れ知らずの、それどころか気持ち良すぎ〜〜!!

imag1436

続く。。。

タントラライフ大阪1day☆パッションオブライフ

タントラライフを率いる、ラダの来日プログラムが、全てとても美しく沢山の光と共に終了しました〜!

タントラ

その大きなエネルギーの波を感じつつ、大阪で早速1dayイベントの開催です!

今回、ラダに直接会った沢山の仲間はもちろん、会えなかった方々も、まだタントラの経験がない方も、この愛と生きる喜びの、熱々パッションを分かち合いましょう〜〜〜☆

久々に、ダイナミック瞑想から始まる予定です〜〜!!

ダイナミック瞑想をしたい人も大歓迎ですよ〜。

人生にもっともっとパッションを感じて生きたい〜〜と感じている人、大阪に集まれ!!!
**********
まず、瞑想のなかに入りなさい。
なぜなら、愛は瞑想から生じるからだ。
それは瞑想の芳香だ。
瞑想は花だ。
それを咲かせない。
瞑想に、あなたが垂直の、無心の、時間のない次元に入るのを手伝わせなさい。
すると突然、あなたはそこに芳香があるのがわかる。
そのときこそ、愛は永遠だ。
そのときこそ、それは無条件だ。
〜生・愛・笑/OSHOより抜粋

☆日時;10月10日(月・祝)
10:00スタート〜17時(16時半頃終了予定)

☆会場;
【地下鉄】御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅下車下車(詳細は参加者にお伝えします)

☆参加費;参加費;10,000円(要振込)
☆早期割あり!10月3日(月)までに振込完了の方:8,000円

☆入金の確認をもちましてお申し込み完了。
振込先は、申込者に直接お伝えします。
☆キャンセルポリシー;振り込み後の返金は受け付けておりません。また10月3日(月)以降のキャンセル につきましては、振り込みがない場合でも参加費の50% を申し受けます。当日の場合は100%のキャンセルチャージとなりますのでご注意ください。
(当日までの振り込みが難しい方はその旨をメールでご相談ください)

☆初めての方、タントラ経験者、シングル、カップルすべての方対象。

☆持ち物:
*お昼ご飯(外食も可能)
*動きやすい服装&着替え(ジーパンやベルトを使ったズボン、タイトなスカート等は避けて下さい。汗をかくのでTシャツなど余分に持ってきて下さい。)
*ショールなど汗をかいた後や冷房などで身体を冷やさないためのもの
*床はフローリングで、座ったり横になる時もあるので、もしもご自身のお身体を感じた時に、下にも引くものや座るための補助などが必要だと感じられる方は、ヨガマットやバスタオルなど、ご自身がリラックスする為に必要なものはご持参くださいね。

☆ファシリテーター:カビール
**タントラライフってどんなことするのだろう?

〜コース内容 〜
・自分の身体に対する気づきと愛を思い出す
・ストレスを解放し、寛ぐことへの鍵を発見
・セクシャルエネルギーに対する体験的理解を深める
・タントリックな瞑想のスペースを体験し、内側の喜びと深みにふれる
・身体を通して繊細さと官能性の源(ソース)へと再びつながる

タントラは、私たちの身体・性エネルギーへの探求・感受性を通して、 気づきとともに生きること、自分自身を深く知ることを教えてくれます。

それは瞑想のスペース、意識が広がっていくツールです。

目覚めていながらも、性エネルギーをどのように生きるのか、 もっと強烈に、もっとエキサイティングにどうやって生きるのか。

それを探ってみませんか?

☆お申し込みにあたり、下記の記載をお願いします。
1)本名フルネーム&ニックネーム(希望があれば)
2)当日の連絡の為の携帯電話番号と携帯メルアド
3)お住まいの地域(御案内時の参考のため)

☆お申し込みお問い合わせ
ディヤニ;dhyani29☆gmail.com(☆は半角@に変換)

シヴァシャクティの魔法☆シヴァシャクティミーティング感想

シヴァシャクティミーティングinJAPANのスッタフからのシヴァシャクティミーティングのグループに参加しての感想の第2弾です!!

IMAG2919

タットは、自分の直感を信頼し、この自分自身のことは最終的には自分自身でしか深めていけないという、人間の生に対するカラクリを理解し、それを自分の人生そのものの中での実践を通して、探求をし続けている勇気あるチャレンジャーであり探求者です。

彼の言葉には、実際の体験からやってきたものを、素直に受け止めて素直に自分の中に落としていくという彼の真摯なあり方が表現されていると思います。

是非、そんなタットサットに会いに来てください。

彼には、関東方面でのシヴァシャクティのグループで会えるますよ〜〜💕

以下が、彼からのメッセージです。。

******************************

トーシャンとウッタム、そして2人の提供しているシヴァシャクティミーティングについて、何から話せばいいんだろう。

話したいことはたくさんあるけど、言葉にすればするほどその本質はなにも表現出来てない氣がして、書いては消して、書いては消しての繰り返しをしていた。

2人とは6年前に別々に知り合って、2人とも僕にとって大切な友人ではあるのだけど、ウッタムとは初めて会ったときからまるでずっと昔からの友だちだったかのような感覚があった。

僕の探求が本格的に始まったのはセクシャリティの探求を始めた約10年前に遡る。

始めはTAOの世界を独学で探求し始めた。

正直言って、どんな理屈を並べ立てても最初の4年間はただのセックス好きの変態だった…orz

それが大きくシフトしたのは6年前、タントラグループでOSHO瞑想と出会ってからだ。

トーシャンとはここで出会った。

はじめてOSHOダイナミック瞑想をした翌朝、リビングにいた僕を見て家人が言った

「別の人みたい」

たった1回のダイナミック瞑想で僕の何かがそれくらい大きく変容した。

以降、狂ったようにたくさんの瞑想グループ、セラピーグループに参加した。

あげく瞑想するための家まで借りて、日々瞑想をして、探求を続けた。

そして徐々に徐々に、セックス好きの変態から瞑想好きの変態へと文字通り変容(トランスフォーム)・変態(メタモルフォーゼ)していった。

そんな数年を過ごした後、しばらくタントラの世界からもOSHOの世界からも離れて、別のスピリチュアルな探求の道に入っていた2015年。

トーシャンとウッタムのシヴァシャクティミーティングが始まることを知った。

ものすごく惹かれていたけれど、新しい探求の道とシヴァシャクティグループの日程が被っていたので諦めていた。

しかし、開催日が近づくに従って、僕は激しく揺さぶられた。

結果的に僕はコミットしていた新しい道から、シヴァシャクティミーティングへと進路変更することを決めた。

お金の話しをすると新しい道には50万円以上かけていた、でも、それを反故にしても行きたかったんだ。

そして、初のシヴァシャクティミーティングを終えた後、リスクをとって進路変更したギフトとして、その秋には2人の主宰したリシケシ瞑想リトリートへ行き、この春にはカジュラホリトリートに行った。

7歳で「インドに行く!」と決めたのに、何度もインドに行こうとしたのに、ずっと行けなかった。

それがシヴァシャクティミーティングに参加した秋に叶った。

オマケにその4ヶ月後には、今生で行けるとは思っていなかったカジュラホのタントラ寺院に行き、瞑想三昧の日々を過ごした。

さあ、これがシヴァシャクティの魔法です。

あなたがずっと願っていたこと、諦めていたこと、それが実現する魔法はあなたが内側に入ることから始まります。

シヴァシャクティミーティングでお会いしましょう。

タットのブログ→http://ameblo.jp/living-naked-truth/

LOVE タットサット(赤塚哲也)

☆2016シヴァシャクティミーティングスケジュール☆

5/26 【大阪】ウエルカムイベント
http://www.reservestock.jp/events/118997

5/28・29【大阪】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/119013

6/2 【下北沢】ウエルカムイベント  http://www.reservestock.jp/events/115025

6/4・5 【逗子】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/106659

 

6/16~19【六甲】シヴァシャクティリトリート http://www.reservestock.jp/events/119062

 

☆トーシャンのメルマガ登録ページ→http://www.reservestock.jp/page/step_mails/4482