早割終了寸前!2017六甲タントラリトリート

早割寸前!六甲タントラリトリート

タントラの本質を実践していくリトリートです。
シヴァシャクティミーティングと名付けれたこのグループの中で伝えられる、様々なタントラの技法は、
この世にタントラというものを復活させたOSHOから、
直接タントラを伝えられた、OSHOの弟子でもありながらOSHOの彼女であった、ショヴァナという覚者でもある女性から伝えられた貴重な技法の数々です。

ですので、カップルで実際にどのようなタントラの試みがしていけるのかについても、具体的にお伝えすることができるグループです。

しかし、これらの技法を実践していくには、やはりそのための準備というものを必要となります。
そのために宿泊型のリトリート、そしてそのリトリーのための準備のグループを含めて開催することになりました。

器の準備がなくても勿論大丈夫ですが、同じものでも受け取るものが全く違ってくることも事実でもあるので、初心者が多いと提供出来る技法も選ぶ必要があります。
シヴァシャクティのグループは、毎年、内容も違うので、一度参加したからといっても、それはほんの一部の紹介であったりもします。
やはり続けていく根気強さ、エゴの手放しや瞑想というものに対する理解の有る無しでも、その後の人生への向き合い方に現れてきます。
 
 
そんな中で、タントラの聖典といっても過言ではない、ヴィギャンバイラブタントラの技法を実践し瞑想を、それぞれ個人個人のタイプに合わせた瞑想法を理解することもやっていきます。

また、この旅は、来年3月に開催されるタントラの聖地カジュラホでのタントラのリトリートへも続く旅です。
ここでは、上記に加え更に、男性のOSHOからタントラを直接伝えられた方とのミーティングが用意されています。
これは、本当に貴重な機会です。

しかし、どのグループでも個人でもそうですが、深みへと行くにはそれを受け取れるだけの器の準備がとても大切になります。

OSHOから直接伝えられた方からタントラのエネルギーに触れる機会は、今後どんどん減っていきます。
というのも、彼らはそれぞれ、肉体の年齢というものもありますので、また次の機会に。。ということはないかもしれないからです。
この貴重な機会を、一人でも多くの方々と分かち合いたいという思いからこのグループは始まっています。
是非、この機会を使って頂きたいと思います。

詳しい申し込み方法は、下記ページ参照してくださいね。
21日までに振込が難しい方は、申し込みの備考欄にその旨を書いておいてくださるかメッセージを頂ければ、早割参加費で受け付けます〜〜。

リトリートの詳しい案内はこちらを参照

→六甲タントラリトリートhttp://wp.me/pW2RC-QG

お問い合わせ

ディヤニ:dhyani29☆gmail.com(☆は半角@に変換)

広告

全ての道はタントラに辿り着く

タントラの世界は、この命のエネルギーを無限に広がっていくことを全面的にサポートしてくれます。

12189621_494450590762604_5137822909393710914_n

 

私の人生は、OSHOと出会って新しく始まりましたが、その中では言葉では説明出来ないような様々な体験がギュ〜〜っと詰まり乱れ混沌としたその波の中で、生きている喜びに満たされ続けて現在に至ります。

その中で私はタントラに出会い、人生に起こる想像もしなかった様々な出来事に向き合う中で、タントラは、まるでこの大地から沢山のエネルギーが私の足の裏から流れ込んでくるかのように向き合うための内なるパワーを、目覚めさせてくれました。

今、この瞬間をトータルに生きる!!

この人生をトータルに生きたいのであれば、今、何を選択するのか?!

自分も含め、誰もが今のこの肉体を持った人生は、いつ終わるのかは誰にも分からない。だとしたら、今どう生きたいのか?!

ほとんどの人が、トータルに生きるという体験すらないままにこの一生を終わらせます。彼らは、そのような世界があることも知らないので、彼らにとってトータルに生きることは、未知なる世界とその世界への恐怖。その恐怖はリアルに感じることができない無意識層に潜んでいるので、自分がその恐怖によって操られていることに気づく人は少ない。その上その恐怖は現実ではなく、全く根拠もパワー持たない得体の知れない恐怖に支配されている世界です。人は人生での経験がないことや世間や親から危険だと伝えられたことに対しては、恐怖という危険信号を機械的に発するように作られています。自分自身の中にあるものにも関わらず、その存在すら知らない人がほとんどで、知らない間にその恐怖からの選択をしながら、それがありのままの自分だと人は信じて生きています。その為、目の前にあるものが一体何なのかと考えることすらも出来ないのです。

トータルに生きたいと言っている人であったとしても、その恐怖の枠で縛られた範囲内での人生かもしれません。

この未知なる世界の存在に、気付くか、信じるか、あてもなく直感で飛び込んでしまうか?

恐怖に支配され保守的に生きたり、また明日と先延ばしを永遠と繰り返し年を取っていくのか?

実際の行動に移すか移さないかで、この人生は大きく変化します。

何が一体この無意識層に眠る恐怖から自由にさせて、この人生をトータルに生きる世界へと飛び込むことができるのか?

OSHOの瞑想は、その大いなる助けになります。

OSHOの瞑想は、一般世間の人々が瞑想と聞いて想像するものとは丸っきり違っています。この違いは、この人生をもっと深く探求したいという切望と、正しいやり方で実際にやってみて、続けてやってみて初めて体験できます。

ただ、瞑想の技法をすることが瞑想ではありません。この技法を通して、瞑想の状態へと向かっていくことがOSHOの瞑想です。

そして、その瞑想をする中でもタントラは、OSHOが伝えるタントラの世界は更に、大海へ飛び込むことを、本当の意味でトータルに生きることを全面的に祝福してくれます。

いよいよ来月、2月4日からこのタントラの聖地ガジュラホ寺院でのタントラのグループが開催されます。

タントラは、愛の道、愛はこの生の全てです。

ここでの愛は、恋愛の愛とは少し違います。

この生命を育む宇宙であり、信頼、そしてその人によって様々な言葉で表すことができる真理です。

カジュラホでのタントラリトリートでは、タントリックな瞑想は勿論ですが、なぜタントラが世界のどこでもなくインドで生まれたのか?そして太古の時代からタントラの道を探求してきた人々の思いや、このカジュラホのタントラ寺院を作った人々、この寺院の中で瞑想する時に起こる神聖さなどにもサポートされ、自分自身の奥底にある愛の道へと導いてくれます。

また、ただ自分自身の中に深く繋がるだけでなく、目の前にある人々との繋がりも学んでいきます。

カップルでタントラを探求したい人々には、グループの中だけでなく、実際にタントラをどうやって日常生活の中で円環させ続けていくのかについては、二人で一緒にこのグループに参加することで、今の関係性がさらに深まっていくこととなるでしょう。

また、このカジュラホの旅の中では、皆さんがよく見る写真のタントラ寺院以外にも訪れます。その中の一つの石像の中には、

「この世にある全ての道は、最終的にはタントラにたどり着き、そして開花する」

ということを表す像との出会いがあり、ここにもタントラの奥深さと無限の広がりを確信することができるでしょう。

ぜひ一度、その目で実際に見て、タントラの新しい世界を体験してください!

2月のカジュラホタントラリトリートの詳しい案内や過去の参加者の感想などはこちら→タントラの聖地カジュラホタントラリトリート

 

 

残席数名!!来週末早割終了☆タントラリトリートinガジュラホ寺院

この数日、夜空を見上げると、まさにシバ神を象徴するような月がとても美しく真っ暗な夜空に浮かんでいるのを見ることができます。
ガジュラホ9
3月5日から、そのシバ神によりこの世に産み落とされたタントラ誕生の地、インドのガジュラホにある、タントラ寺院にて開催される、5日間のタントラリトリートが開催されます。
ガジュラホのタントラテンプルは、訪れるだけでも沢山のインスピレーションや刺激を受けると言われる場所です。
いわゆる瞑想の道というのは、いくつかありますがその中の一つにタントラがあります。
タントラは、愛の道であり、自分自身を愛し信頼することから始まり、この世の全てに対してYESという在り方を実践していきます。
これは闇雲に何でもかんでも受け入れることではなく、自分自身が感じていることに繊細に気付き、その気付きに対してYESということです。
タントラの探求をしていく中で、多くの人が陥りがちな事の一つに関係性とSEXだけに意識を奪われてしまうという事があります。
決してタントラは、そのような部分にだけ固執するものではありません。
タントラは、この人生そのものであり、この地球に生まれたこの命をどのように生きるのか!という事全てに関わります。
ガジュラホでのタントラリトリートでは、
「自分の中にある男性性と女性性を知り、その二つが出会うだけでは終わらず、その二つが更に出会い溶け合っていく。。。。」
という体験をファシリテートしていきます。
このプロセスを、訪れるだけでも価値があると言われるガジュラホで行うことにより、より一層大いなるエネルギーサポートの中での経験となり、それはとても大きな喜びと至福となるでしょう。。。
カップルでタントラを探求して行きたい方には特に、カップルでタントラをどのように探求していくのかという事を探求していくので、片側だけで無く二人でご参加されることで、同時に同じ叡智を共有できるので、一緒に経験したリトリートによって、その後の探求が比較的同じ意識のもとに進めていくことが容易となります。
また、タントラを愛し、これからタントラを人々へシェアしていき方々に対してもてこのグループはサポートしていきます。
そして、シングルで参加の方は勿論、カップル参加であってもシングル参加であっても、全ては自分自身内側の在り方がこの人生であり、これから愛する人と出会って行きたい方も、今回一緒には参加出来なかったパートナーの方も、今後の人生を歩む中で価値ある経験となるでしょう。。
下記にさらに詳しい案内を書いていますが、今回は初めてのガジュラホタントラツアーにて参加条件が、誰でも参加出来るようになっていますので、これからタントラを探求していこうと思われる方にとっては、絶好のチャンスですので、ぜひこの機会を逃さないで下さいね。
1月23日までのお申し込み&入金にて早割が適応されます。
皆様の御参加お待ちしております。
************************************
「シヴァシャクティの根、そして開花〜カジュラホ5日間リトリート」
このリトリートは
インドのタントラ寺院群のそばで行われる5日間にわたる
タントラ瞑想リトリートです。世界で初めて建てられた、ガジュラホのタントラ寺院。
世界遺産にもなっているタントラテンプルです。

この『古代タントラの寺院が1000以上も存在していた』土地のエネルギーは、
タントラの探求者にとって、瞑想とタントラの探求の過程の中で、信じられないほどのサポートを感じることができます。

毎朝寺院での瞑想を通してタントラのヴァイブレーションを感じながら、
あなたのハート深くに浸透させていく深淵なプロセスです。

OSHOは言います。

「もしあなたがタントラに興味があるのなら、カジュラホに行かなくてはならない。」

OSHOが百回以上も訪れているカジュラホを強調するのはなぜか。
現地で瞑想していく体験とリトリートのプロセスのなかで疑問は解けて理由が明らかになります。

この5日間リトリートは
世界中に数あるタントラワークショップの中でも他に類を見ない初の試みとなるでしょう。

このガジュラホ&タントラの恩恵を享受できる機会は、このリトリートのみです。

また、もしかしたらこのリトリート中に、スペシャルゲストが登場するかもです。
また、トーシャンとウッタムのインドツアーは、今までにリシケシなどの瞑想の旅へ御参加頂いた方々は、とても理解されると思いますが、滞在中の内容が全てにおいて、とても充実してかなりの内容の濃さに驚かされます。

ですので、過去にインドツアーに参加された方が既に速攻で申し込みを済ませれています。
限られた人数でのグループですのでお早めのお申し込みを〜♡それから、これが一番大切。。
☆☆重要事項☆☆
このリトリートへの申し込みはいつでも出来ますが、行く場所が世界遺産のガジュラホだけに、航空チケットの確保が少し問題になって来ます。特にデリーーガジュラホ間のインド国内線のチケットの確保が問題になります。
まだ今の時期でしたら、確保出来ます。しかし安い航空チケットの残席は少なくなっているので、時間の問題と思われますので、お早めのお申し込みと飛行機のチケットの確保をお願いします。
この様な場所ですので、是非お早めのお申し込みと航空チケットの確保を宜しくお願いします。

ガジュラホの一般的な説明→https://ja.wikipedia.org/wiki/カジュラーホー

【リトリートの内容】
・カジュラホ寺院でのタントリック瞑想

・瞑想を通して、内側の男性性と女性性が出会い、ただ出会うだけでなく、1つになって溶け合うところまで探求していく

・真実への道のひとつであるタントラが
他のシステム(禅、ヨガ、スーフィーなど)と
どのように違うのか。
どの点において違うのかを理解し、探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ112瞑想技法の中から
自分に合う技法の探求、実験を多数していくなかで
自分の好み、そうでない技法について探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ瞑想技法実践法−−−ひとりで実践する。ふたりで実践する。

・いわゆる普通のセックスと
タントリックセックスとの違いについて。

・タントラの歴史、分析、古代タントラ技法が現代人に
どのような協調をしていくのかを探る。

・タントラが開花する近未来を知り、タントリカのもっとも犯しがちな間違いを知る。

・シヴァシャクティのヴィジョンを体験を通して理解する。
等。。

************************************************************
Root and Flowering of ShivaShakti
〜シヴァシャクティの根、そして開花〜
インド ジュラホ5日間リトリート

【講師】
トーシャン&ウッタム

【日程】
2016年3月5日(土)日本出発〜3月12日(土)現地発 翌日日本着

【お申込み受付開始】
2015年6月7日

【宿泊&WS会場】
カジュラホ寺院群にあるホテル(インド)およびカジュラホ寺院群

【参加費】
230,000円/1人

2016年1月23日(土)までにお申込み&全額ご入金の方は
参加費が10,000円引きになります。(早割)
☆振込先は、申込者に直接お伝えします。

☆ちなみに、この料金には、ホテル宿泊費の全てと世界遺産ガジュラホ寺院への毎日の入場料やチップ、さらにグループ中の外食代も、そしてタクシー交通費などが全て含まれています。

【カード決済】
【PayPal決済】ツアー代金239,200 円
【早割1/23まで PayPal決済】参加費 (228,800 円)
PayPal対応が可能です。上記金額は手数料4%お客様負担となった料金です。

【定員】
10名(男性5名&女性5名)

【参加要件】
・日本で「Awakening of ShivaShakti 〜シヴァシャクティの目覚め」
2日間コース参加経験者が望ましいですが、
2016年開催に限り未経験者も参加可能です。
次回以降からはこの限りではありません。

・初心者、タントラ瞑想経験者、シングル、カップルでの参加も可能です。
・カップルで参加される場合は、お部屋が同室になりますので、事前にカップルである事をお伝え下さい。
・宿泊部屋は基本ツインベッド部屋に同性の方との2人部屋ですが、シングルで個室利用希望の方は追加料金にて対応します。(ホテルの状況やお申込時期によっては対応できかねることもありますので、予めご了承下さい。詳細はお問い合わせ下さい。)

【上記金額に含まれるもの】
・リトリート受講費
・通訳代
・テキスト代および必要なマテリアル
・寺院入場料、ホテル宿泊費&食費、カジュラホでの現地移動交通費、ホテルへのチップ等
・デリー宿泊費(3/5)、デリー空港⇄ホテル移動交通費、デリー朝食費(3/6)

【上記金額に含まれないもの】
・渡航費(日本⇄デリー往復国際航空券、デリー⇄カジュラホ インド国内航空券)
・海外保険
・インドビザ取得にかかる諸経費
・デリーでの夕食代(3/5)
・お土産などの個人消費や購入品

<ツアーに関して>
・ツアーは成田空港から現地までは、スタッフが同行します。

・リトリート参加は、基本的に成田空港⇄カジュラホ空港まで同じフライトで現地に向かいます。
お申込の際にどのフライトを予約すべきかお問い合わせください。
また、成田空港以外からデリーに向かわれる方は、現地デリーのホテルでの集合になります。

・インド渡航へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いします。

【キャンセルポリシー】
ご入金後、お客様のご都合によってのキャンセルの場合、返金はお受けしてません。
ご入金がない場合でも、ワークの10日前からキャンセル料が発生いたします。(沢山のインドでの手配が存在しています。ご了承ください)

10日前(1/24)・・・参加費の50%
9日前〜4日前・・・・・・参加費の70%
3日前〜当日・・・・・・・参加費100%

<注意>
・インド観光ビザ(1〜6ヶ月滞在可能観光ビザ)取得は参加者ご自身でのお願いいたします。お申込後ビザ申請結果(通常観光ビザ&短期観光ビザ)によるリトリート参加キャンセルは当該キャンセルポリシー適用となります。

・eツーリスト観光ビザ(30日間短期観光ビザ)で現地入国不可によるリトリート参加キャンセルの場合は、参加費100%キャンセル料が発生します。また諸手続きに掛かる追加料金が発生した場合は参加者ご自身の負担となります。

・このカジュラホ瞑想リトリートは、航空券は参加者ご自身で手配・購入して頂くようになっております。
航空チケットに関する一切の責任はこちらでは負いかねますので御自身で対処の程宜しくお願い致します。

【お申込先&詳細】
Toshan(トーシャン)のリザスト
http://www.reservestock.jp/events/62773

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29@gmail.com
☆を@に変更してください。

シヴァシャクティミーティングHP
http://shivashaktimeeting.com/jp/
主催 : Art of Love