タグ別アーカイブ: インド 聖地ガジュラホ寺院でのタントラ5日間リトリート

男性性の解放とトータルに生きる為のタントラ

一般的に、仕事を毎日してこの社会を動かしている多くの男性たち。。
同じように働く女性に比べて、男性の質からか、保守的な動きの中で仕事し、家族を支え、気がつけば、自分のために生きること、自分自身を表現すること、受容的に受け入れることといった女性的な質が置き去りになっている場面がたびたび見受けられます。。
この人生を生きることに年齢は関係ありません。
しかし、この肉体は永遠ではなく、同時に気力などにおいては、よほど意識的でない限りは、こちらも衰えてくるのは自然のことであり、そのような年齢になった時点においてからの働きかけの場合、体力や健康面での心配や、共に人生を歩むはずの奥さんは、既に旦那さんに依存することなく自分自身の人生の歩み方を見つけていたりと、様々な思いがけない現実に遭遇したりします。
タントラは、トータルに生きることを伝えます。
もちろん、先に述べた時期に来られた方も大歓迎ですが、
その時点に到達する以前の働き盛り、自己実現に向かって、家族のためにも精力旺盛に動いている30代から50代のまさに今この瞬間にこそ、
このタントラのトータルに生きる知恵を知って体験しておくことは、
先に述べたような誰しもが通る道である60代以降の人生も、無理のない自分らしさを大切にするためにも、その気力・エネルギーを活き活きと輝かせながら生きるために活用していく術を、まさにそれに特化したタントラを始めるのにはとても適した時期とも言えるのです。。
男性が、自分自身の男性性をトータルに生きるためには、まず自分の中の男性性をもっと知り、それを開花させるためには自分の中にある女性性の質にも気付いている必要があります。
同じくして、結局のところ、このことは女性にも同じことが言えるのですが。。
女性も自分の思いを実現して形にしていくためには、自分の男性性にさらに光を当てていくプロセスが、今後ますます必要とされていくことでしょう。
このシヴァシャクティのグループでは、実際の男女の出会いや統合だけでなく、勿論、内側にある男性性と女性性が出会い、そしてその両極が円環し続けていく。。。
まず、男性性の質、女性性の質を意識的に理解してこそ、そのエネルギーの出会いが起こっていく土台を作っていきます。
そしてこの二つの質が、エネルギーの交換や循環していくのための様々なアプローチやエクササイズを実践していきます。
お申込みの締め切りは、今月27日です。
カジュラホツアーの案内はこちら→http://www.reservestock.jp/events/132485
日頃、お忙しい方々が、最も効率的にタントラのエッセンスを学び&タントラ体験も実践できるタントラのグループこそが、来月開催のインドカジュラホでのタントラリトリートです。
インドと聞いて、イヤ遠いやん!!って思われた方、実は近道なんですよ。
参加すれば、納得の内容に、インドまで来た自分を凄い!と思うでしょう〜。
お仕事のアレンジ、急すぎて難しい方もおられるかもしれませんが、ジャンプインしてみて下さいね。993885_839930702785531_1478003355381439179_n

詳しいグループの案内はこちら

タントラの聖地カジュラホタントラリトリートhttp://wp.me/pW2RC-H3

過去のカジュラホ参加者の感想はこちら

https://dhyani29.wordpress.com/category/カジュラホ感想/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

タントラの概念が変わるリトリート

先のブログにも書いたように、このタントラリトリートは、実際にこの宇宙や自然からのサポートを受け取り感じることが出来ます!

去年のリトリートは3月で、ちょうどシヴァとシャクティの結婚式のお祝いと重なったのですが、この時期は、インドは真夏で、雨もあまり降りません。しかし、私たちのグループが始まった時に、突然、激しい風とともに嵐がやってきました。。

ウッタムは笑いながら言いました。「この時期、なぜか突然嵐が、いつもやって来るんだよ。インドでは、この雨のことを、シヴァレインと呼んでいる。これは、シヴァからの祝福の嵐で自分がここにいることを私たちに知らせてくれている。インドの人達は、この偶然としか思えないような説明のつかない自然のハプニングも、当たり前に起こる出来事として受け止めている国なんだ。」と。

そして、本当にその通りで、一応私たちはその後のリトリートのプログラムを心配していたのですが、その心配はよそに、その大嵐は、そのあと何事もなかったかのように過ぎ去って、再び青空が私たちを迎えてくれました。。。

カジュラホツアーの案内はこちら→http://www.reservestock.jp/events/132485

 

このカジュラホでのリトリートで実際にどのようなアプローチが提供されるのでしょうか?

ここで提供されるタントラのアプローチの多くは、覚者OSHOから直接タントラを受け取った、そして今も実際に会う事が出来る覚者ショヴァナから、ウッタムとトーシャンが直伝されたタントラのアプローチであり、これはこのグループでしか受け取る事が出来ません。また、ウッタムとトーシャンの二人は、それだけでなく更に様々な側面からタントラを探求してきています。

私自身もそうなのですが、例えば、OSHOの世界の中でもたくさんの探求の道があり、それのどれもが魅力的なのですが、その中でも何故、このタントラをこれほどまでに探求し続けるのか?その答えが、このグループには存在します。

そして何度も確信します、やはりタントラを選んだことに間違いはなかったと。。。

例えば、全く相手に触れることなく、チャクラを通してカップルでヒーリングしていくことができます。男性からのヒーリング、女性からのヒーリング。。。それぞれにアプローチの方法が違います。。ここでの体験は、それまでの人生で性に関してどんな体験が起こっていたとしても、大きなヒーリングを受け取り、今までとは違ったところから相手と出会うことができます。

この体験は、相手が誰であろうと関係ありません。

勿論、カップルであるならば、この体験をさらに日本に帰ってからも探求し続け、二人でエネルギーの円環を共にし続けていくことができるでしょう。

何度かこのエクササイズを繰り返すこともとても助けになります。なので、1度の体験に止まらずに何度かグループに参加する事で根付いていきます。

さらに、カップルでの繋がりの中で最もその先に行くことが可能となるエクササイズでは、タントラのたどり着く境地とも言える、「独り在ること」その中でエクスタシーの中に溶け、身体だけに留まらずに、オーラも含んだ全体の中でこの生のエネルギーの電流が溢れ出す体験も起こります。

このような体験は、もちろんその人のバックグラウンドやこれまでの瞑想の体験の質にも関係するので、人によって様々な体験が起こりますが、さらに自分自身の中にくつろぎと強さが起こるでしょう。。

この体験は、人との境界線を超えて、ハートのオープンさに自由になっていきます。

ですので、人と関わることが苦手な方も、今までの人との繋がることに対するイメージが変わるでしょう。そして、異性との関わりに苦手意識がある方においては、

完全に安全な空間の中で、純粋な意味でのハートのオープンさの中にくつろぐ体験が起こるので、ハートが十分にオープンになっていない段階で性の体験が世の中には多い中で、自分を感じ、自身のハートがオープンな状態の中にくつろぎと安らぎを感じながら、異性と繋がっていけるでしょう。

しかし、このような境地へと行くためには、やはり瞑想の質が大きく影響します。

そのために一つに、日本でも開催しているシヴァシャクティタントラリトリートでは、古の聖典「ヴィギャンバイラブタントラ」を深く探求してきます。ですので、このカジュラホでもその概念を学んでいき、すでに知っている人も実際に自分に合った瞑想法をこの中から見つけて実践していきます。

この体験は、タントラということだけでなく人生の中で大きなサポートにになり、自分自身を誰か他の人に頼ることなく、自分自身でこの人生の道を歩んでいく中で、いつでも使っていけます。

タントラは、まさにこの人生全体をいつでも私たちが望めばサポートしてくれるシステムです。

カジュラホに滞在中、タントラ寺院には毎日訪れていくのですが、このカジュラホの地をこよなく愛したOSHOがお気に入りだった場所に、私たちも座ることが出来ます。

この場所での瞑想は、タントラのエネルギーだけでなく、OSHOとも繋がることが出来てとても気持ちが良いです。。

imag2830

ぜひこのチャンスを逃すことなく、このタントラの、タントラが何か全く分からなくても、人生そのものに対する概念を変えてみませんか?

今、特定のパートナーがいる方は、ぜひ相手の方と一緒に同じ時期にこのグループに参加してください。一緒に始めることで、二人の間で言葉を超えた、共通言語が生まれます!それがあれば、何かを共に探求を始めることがとても楽に進めていけます。

特に、タントラの探求においては、この共通言語がとても大切で、これは別々の機会に同じプログラムのグループに参加しても生まれません。一緒に参加してこそ生まれるのです。

カップルで参加できるタントラのグループというのもかなり貴重です。

そして、シングルの方も、この純粋な意識の体験を元に、これからパートナーと出会っていけます。タントラのことを新しくできたパートナーに語る必要もありません。ただ、あなたのままで相手に触れていけば、そのエネルギーは伝わっていきます。そしてそのフールドをキープするために瞑想は欠かせません。

このグループは、Root and Flowering of ShivaShakti〜シヴァシャクティの根、そして開花〜、ここには愛の円環の学びが含まれます。

円環して行ってこそ、タントラは生きていきます。

インドが初めて方も、このツアーはとても安心して参加することが出来ます。お仕事をされている方のために、出発も土曜日出発にしてます。また、子連れでの参加も出来ます。私たちと顔見知りでなくても全く問題もありません。

その他気になることは、遠慮なく相談してくださいね。

そして、年齢も関係ありません!死ぬまで、この人生を活き活きと生きていきたい方なら大歓迎です!

偶然にも、日本ではとても大切な旧暦新年、2月4日から始まるこのグループ。

今が、まさにこのカジュラホのエネルギーを受け取るのも、タントラの世界へ飛び込む探求するのも、この人生を更にトータルに生きていくためのタイミングです!!

今、このグループに飛び込んでみてくださいね。

さらに詳しいグループの案内はこちら

タントラの聖地カジュラホタントラリトリートhttp://wp.me/pW2RC-H3

過去のカジュラホ参加者の感想はこちら

https://dhyani29.wordpress.com/category/カジュラホ感想/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

12828955_839931296118805_8902310992775115552_o

全ての道はタントラに辿り着く

タントラの世界は、この命のエネルギーを無限に広がっていくことを全面的にサポートしてくれます。

12189621_494450590762604_5137822909393710914_n

 

私の人生は、OSHOと出会って新しく始まりましたが、その中では言葉では説明出来ないような様々な体験がギュ〜〜っと詰まり乱れ混沌としたその波の中で、生きている喜びに満たされ続けて現在に至ります。

その中で私はタントラに出会い、人生に起こる想像もしなかった様々な出来事に向き合う中で、タントラは、まるでこの大地から沢山のエネルギーが私の足の裏から流れ込んでくるかのように向き合うための内なるパワーを、目覚めさせてくれました。

今、この瞬間をトータルに生きる!!

この人生をトータルに生きたいのであれば、今、何を選択するのか?!

自分も含め、誰もが今のこの肉体を持った人生は、いつ終わるのかは誰にも分からない。だとしたら、今どう生きたいのか?!

ほとんどの人が、トータルに生きるという体験すらないままにこの一生を終わらせます。彼らは、そのような世界があることも知らないので、彼らにとってトータルに生きることは、未知なる世界とその世界への恐怖。その恐怖はリアルに感じることができない無意識層に潜んでいるので、自分がその恐怖によって操られていることに気づく人は少ない。その上その恐怖は現実ではなく、全く根拠もパワー持たない得体の知れない恐怖に支配されている世界です。人は人生での経験がないことや世間や親から危険だと伝えられたことに対しては、恐怖という危険信号を機械的に発するように作られています。自分自身の中にあるものにも関わらず、その存在すら知らない人がほとんどで、知らない間にその恐怖からの選択をしながら、それがありのままの自分だと人は信じて生きています。その為、目の前にあるものが一体何なのかと考えることすらも出来ないのです。

トータルに生きたいと言っている人であったとしても、その恐怖の枠で縛られた範囲内での人生かもしれません。

この未知なる世界の存在に、気付くか、信じるか、あてもなく直感で飛び込んでしまうか?

恐怖に支配され保守的に生きたり、また明日と先延ばしを永遠と繰り返し年を取っていくのか?

実際の行動に移すか移さないかで、この人生は大きく変化します。

何が一体この無意識層に眠る恐怖から自由にさせて、この人生をトータルに生きる世界へと飛び込むことができるのか?

OSHOの瞑想は、その大いなる助けになります。

OSHOの瞑想は、一般世間の人々が瞑想と聞いて想像するものとは丸っきり違っています。この違いは、この人生をもっと深く探求したいという切望と、正しいやり方で実際にやってみて、続けてやってみて初めて体験できます。

ただ、瞑想の技法をすることが瞑想ではありません。この技法を通して、瞑想の状態へと向かっていくことがOSHOの瞑想です。

そして、その瞑想をする中でもタントラは、OSHOが伝えるタントラの世界は更に、大海へ飛び込むことを、本当の意味でトータルに生きることを全面的に祝福してくれます。

いよいよ来月、2月4日からこのタントラの聖地ガジュラホ寺院でのタントラのグループが開催されます。

タントラは、愛の道、愛はこの生の全てです。

ここでの愛は、恋愛の愛とは少し違います。

この生命を育む宇宙であり、信頼、そしてその人によって様々な言葉で表すことができる真理です。

カジュラホでのタントラリトリートでは、タントリックな瞑想は勿論ですが、なぜタントラが世界のどこでもなくインドで生まれたのか?そして太古の時代からタントラの道を探求してきた人々の思いや、このカジュラホのタントラ寺院を作った人々、この寺院の中で瞑想する時に起こる神聖さなどにもサポートされ、自分自身の奥底にある愛の道へと導いてくれます。

また、ただ自分自身の中に深く繋がるだけでなく、目の前にある人々との繋がりも学んでいきます。

カップルでタントラを探求したい人々には、グループの中だけでなく、実際にタントラをどうやって日常生活の中で円環させ続けていくのかについては、二人で一緒にこのグループに参加することで、今の関係性がさらに深まっていくこととなるでしょう。

また、このカジュラホの旅の中では、皆さんがよく見る写真のタントラ寺院以外にも訪れます。その中の一つの石像の中には、

「この世にある全ての道は、最終的にはタントラにたどり着き、そして開花する」

ということを表す像との出会いがあり、ここにもタントラの奥深さと無限の広がりを確信することができるでしょう。

ぜひ一度、その目で実際に見て、タントラの新しい世界を体験してください!

2月のカジュラホタントラリトリートの詳しい案内や過去の参加者の感想などはこちら→タントラの聖地カジュラホタントラリトリート

 

 

ラストコ〜〜ル!!タントラリトリートinガジュラホ〜

来月いよいよ、

タントラの聖地ガジュラホにて、実際にタントラのリトリートが開催されます!
ガジュラホ8
ファシリテーターは、ウッタムとトーシャン。。
二人はこれまで、それぞれに瞑想を探求し、その中でも特にタントラの道についても探求し続けてきました。
そして、その機は熟し、去年から日本でも少しずつですがシェアされ始め、その最終章ともなるタントラの醍醐味が、このガジュラホにて伝えられます。。
ガジュラホの寺院から、実際に感じられる波動の中でこのリトリートを行うことにより、私たちは瞑想としてのタントラとは、実際にカップルで一緒にタントラを探求するとは、内側の男性性と女性性が出会い溶け合うとは、そしてそれが内側で起こった時、実際の日常生活の中で何が変わるのか、などの体験と理解がより深みへと導かれていくことでしょう。。。。
今年に限り、ウッタムとトーシャンのタントラのグループ未経験者でも参加していただけるチャンスです!
申込期限は、2月19日(金)です。
サラリーマンの方も参加可能を引き起こせるように、土曜日発、日曜日帰国の日程となっており、現地ではホテルに滞在しますので、ネットが必要であれば繋がる環境です。
そして、インドで皆様をお待ちしている二人からメッセーじが届いていますので、是非この流れの中にあるものを感じてみて下さい。
*********************

ウッタムより。。

何においても私が愛するのは、そのオリジナル(源)であり、またその源泉へと向かうことです。
さらなる深みへと入っていくことを愛してやみません。

私のマスターであるOSHOは言います。タントラにより深く入っていくことを願うのであれば、カジュラホに行かなければならない、そしてできる限り長い間そこに留まらなければなければならない、と。

OSHOの言葉は常に真実であることが明らかである経験から、私はカジュラホのエネルギーフィールドに対して大いなる興味を抱くようになりました。

もし私が禅を学びたいなら日本へ行くでしょう。タオなら中国へ。スーフィーならトルコへ。そしてヨガ、タントラ、瞑想を学びたいならインドへ行くでしょう。

それは非常にシンプルなことです。その「場と場が織り成す空気や環境」から、あなたは学ぶことができます。
ティーチャーたちは単に触媒に過ぎません。

もちろん高速運転を楽しみたいならドイツへ、パスタを楽しむならイタリアへ、ファッションならフランス、ニューエイジならアメリカへ行きますよね。
オリジナルソース、つまり源泉へと向かうことで教えは自然と起こります。なぜなら教えはその場の空気に包まれているからです。
それらをダウンロードするためにあなたがすべきことはたったひとつ。
ハートを開くだけです。

ウッタム

*******************

トーシャンより。

初めてカジュラホに訪れたとき、私にやってきた強い感覚は今でも新鮮に覚えています。

「ここには昔、本物のタントリカたちが学んでいたタントラスクールが存在していた。」

過去生などほとんど分からない私が、そんな不思議な感覚に包まれた場所、それがカジュラホです。

そして、それまで自分が信じていたタントラの概念が静かに崩れて行くのを見た旅でもありました。

「これがタントラ寺院? だとしたら私がそうだと思っていたタントラとは一体何だろう?
この寺院を今まで知らずに、訪れたこともなく、私はタントラを探求していると言えるのだろうか?」

人間だけが持つ自由への憧れと探求心が、このような形で結晶化された寺院を目の当たりにして、私はただただ畏敬の念に頭を下げる思いで溢れました。

タントラが生まれた地、インド。
この源を知らずには死ねない。

そんな情熱と憧れが、私を駆り立て
タントラの源泉と繋がる聖地巡礼の旅を今も続けています。

今回、私とウッタムが聖地巡礼の旅で受け取ってきたエッセンスをみんなと分かち合える日がようやく来た喜びで私のハートはダンスしています。

カジュラホでみんなと過ごす時間を心から楽しみにしています。

トーシャン

********************************

【リトリートの内容】
・カジュラホ寺院でのタントリック瞑想

・瞑想を通して、内側の男性性と女性性が出会い、ただ出会うだけでなく、1つになって溶け合うところまで探求していく

・真実への道のひとつであるタントラが
他のシステム(禅、ヨガ、スーフィーなど)と
どのように違うのか。
どの点において違うのかを理解し、探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ112瞑想技法の中から
自分に合う技法の探求、実験を多数していくなかで
自分の好み、そうでない技法について探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ瞑想技法実践法−−−ひとりで実践する。ふたりで実践する。

・いわゆる普通のセックスと
タントリックセックスとの違いについて。

・タントラの歴史、分析、古代タントラ技法が現代人に
どのような協調をしていくのかを探る。

・タントラが開花する近未来を知り、タントリカのもっとも犯しがちな間違いを知る。

・シヴァシャクティのヴィジョンを体験を通して理解する。
等。。

************************************************************
Root and Flowering of ShivaShakti
〜シヴァシャクティの根、そして開花〜
インド ジュラホ5日間リトリート

【講師】
トーシャン&ウッタム

【日程】
2016年3月5日(土)日本出発〜3月12日(土)現地発 翌日日本着

【お申込み受付開始】
2015年6月7日

【宿泊&WS会場】
カジュラホ寺院群にあるホテル(インド)およびカジュラホ寺院群

【参加費】
230,000円/1人
☆振込先は、申込者に直接お伝えします。

☆ちなみに、この料金には、ホテル宿泊費の全てと世界遺産ガジュラホ寺院への毎日の入場料やチップ、さらにグループ中の外食代も、そしてタクシー交通費などが全て含まれています。

【カード決済】
【PayPal決済】ツアー代金239,200 円
PayPal対応が可能です。上記金額は手数料4%お客様負担となった料金です。

【参加要件】
・日本で「Awakening of ShivaShakti 〜シヴァシャクティの目覚め」
2日間コース参加経験者が望ましいですが、
2016年開催に限り未経験者も参加可能です。
次回以降からはこの限りではありません。

・初心者、タントラ瞑想経験者、シングル、カップルでの参加も可能です。
・カップルで参加される場合は、お部屋が同室になりますので、事前にカップルである事をお伝え下さい。
・宿泊部屋は基本ツインベッド部屋に同性の方との2人部屋ですが、シングルで個室利用希望の方は追加料金にて対応します。(ホテルの状況やお申込時期によっては対応できかねることもありますので、予めご了承下さい。詳細はお問い合わせ下さい。)

【上記金額に含まれるもの】
・リトリート受講費
・通訳代
・テキスト代および必要なマテリアル
・寺院入場料、ホテル宿泊費&食費、カジュラホでの現地移動交通費、ホテルへのチップ等
・デリー宿泊費(3/5)、デリー空港⇄ホテル移動交通費、デリー朝食費(3/6)

【上記金額に含まれないもの】
・渡航費(日本⇄デリー往復国際航空券、デリー⇄カジュラホ インド国内航空券)
・海外保険
・インドビザ取得にかかる諸経費
・デリーでの夕食代(3/5)
・お土産などの個人消費や購入品

<ツアーに関して>
・ツアーは成田空港から現地までは、スタッフが同行します。

・リトリート参加は、基本的に成田空港⇄カジュラホ空港まで同じフライトで現地に向かいます。
お申込の際にどのフライトを予約すべきかお問い合わせください。
また、成田空港以外からデリーに向かわれる方は、現地デリーのホテルでの集合になります。

・インド渡航へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いします。

【キャンセルポリシー】
ご入金後、お客様のご都合によってのキャンセルの場合、返金はお受けしてません。
ご入金がない場合でも、ワークの10日前からキャンセル料が発生いたします。(沢山のインドでの手配が存在しています。ご了承ください)

10日前(1/24)・・・参加費の50%
9日前〜4日前・・・・・・参加費の70%
3日前〜当日・・・・・・・参加費100%

<注意>
・インド観光ビザ(1〜6ヶ月滞在可能観光ビザ)取得は参加者ご自身でのお願いいたします。お申込後ビザ申請結果(通常観光ビザ&短期観光ビザ)によるリトリート参加キャンセルは当該キャンセルポリシー適用となります。

・eツーリスト観光ビザ(30日間短期観光ビザ)で現地入国不可によるリトリート参加キャンセルの場合は、参加費100%キャンセル料が発生します。また諸手続きに掛かる追加料金が発生した場合は参加者ご自身の負担となります。

・このカジュラホ瞑想リトリートは、航空券は参加者ご自身で手配・購入して頂くようになっております。
航空チケットに関する一切の責任はこちらでは負いかねますので御自身で対処の程宜しくお願い致します。

【お申込先&詳細】
Toshan(トーシャン)のリザスト
http://www.reservestock.jp/events/62773

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29@gmail.com
☆を@に変更してください。

シヴァシャクティミーティングHP
http://shivashaktimeeting.com/jp/

Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/1524041274588063/
主催 : Art of Love

インド 聖地ガジュラホ寺院でのタントラ5日間リトリート

Root and Flowering of ShivaShakti〜
シヴァシャクティの根、そして開花〜カジュラホ5日間リトリート」
ガジュラホ1
このリトリートは
インドのタントラ寺院群のそばで行われる5日間にわたる
タントラ瞑想リトリートです。世界で初めて建てられた、ガジュラホのタントラ寺院。
世界遺産にもなっているタントラテンプルです。この『古代タントラの寺院が1000以上も存在していた』土地のエネルギーは、
タントラの探求者にとって、瞑想とタントラの探求の過程の中で、信じられないほどのサポートを感じることができます。

毎朝寺院での瞑想を通してタントラのヴァイブレーションを感じながら、
あなたのハート深くに浸透させていく深淵なプロセスです。

OSHOは言います。

「もしあなたがタントラに興味があるのなら、カジュラホに行かなくてはならない。」

OSHOが百回以上も訪れているカジュラホを強調するのはなぜか。
現地で瞑想していく体験とリトリートのプロセスのなかで疑問は解けて理由が明らかになります。

この5日間リトリートは
世界中に数あるタントラワークショップの中でも他に類を見ない初の試みとなるでしょう。

この恩恵を享受できる機会は、このリトリートのみです。

また、もしかしたらこのリトリート中に、スペシャルゲスト〜〜が登場するかもです。


また、トーシャンとウッタムのインドツアーは、今までにリシケシなどの瞑想の旅へ御参加頂いた方々は、とても理解されると思いますが、滞在中の内容が全てにおいて、とても充実してかなりの内容の濃さに驚かされます。
ですので、既にこのグループにも過去にインドツアーに参加された方が申し込みを済ませれています。
限られた人数でのグループですのでお早めのお申し込みを〜♡
それから、これが一番大切。。
☆☆重要事項☆☆
このリトリートへの申し込みはいつでも出来ますが、行く場所が世界遺産のガジュラホだけに、航空チケットの確保が少し問題になって来ます。特にデリーーガジュラホ間のインド国内線のチケットの確保が問題になります。
まだ今の時期でしたら、確保出来ますし、航空チケットも安く確保出来ますので、お早めのお申し込みと飛行機のチケットの確保をお願いします。

現在の時点で、10万程度で3月6日にガジュラホまで行けるチケットが取れます。これが、来月になるといくらになるのか分かりません。既に、普通にネットで成田ーガジュラホ間でチケットの検索をすると、39万円の金額が出て来ます。。この様な場所ですので、是非お早めのお申し込みを宜しくお願いします。
ガジュラホの一般的な説明→https://ja.wikipedia.org/wiki/カジュラーホー

【リトリートの内容】
・カジュラホ寺院でのタントリック瞑想
・瞑想を通して、内側の男性性と女性性が出会い、ただ出会うだけでなく、1つになって溶け合うところまで探求していく・真実への道のひとつであるタントラが
他のシステム(禅、ヨガ、スーフィーなど)と
どのように違うのか。
どの点において違うのかを理解し、探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ112瞑想技法の中から
自分に合う技法の探求、実験を多数していくなかで
自分の好み、そうでない技法について探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ瞑想技法実践法−−−ひとりで実践する。ふたりで実践する。

・いわゆる普通のセックスと
タントリックセックスとの違いについて。

・タントラの歴史、分析、古代タントラ技法が現代人に
どのような協調をしていくのかを探る。

・タントラが開花する近未来を知り、タントリカのもっとも犯しがちな間違いを知る。

・シヴァシャクティのヴィジョンを体験を通して理解する。
等。。

************************************************************
Root and Flowering of ShivaShakti
〜シヴァシャクティの根、そして開花〜
インド ジュラホ5日間リトリート

【講師】
トーシャン&ウッタム

【日程】
2016年3月5日(土)日本出発〜3月12日(土)現地発 翌日日本着

【お申込み受付開始】
2015年6月7日

【宿泊&WS会場】
カジュラホ寺院群にあるホテル(インド)およびカジュラホ寺院群

【参加費】
230,000円/1人

2016年1月23日(土)までにお申込み&全額ご入金の方は
参加費が10,000円引きになります。(早割)
☆振込先は、申込者に直接お伝えします。

☆ちなみに、この料金には、ホテル宿泊費の全てと世界遺産ガジュラホ寺院への毎日の入場料やチップ、さらにグループ中の外食代も、そしてタクシー交通費などが全て含まれています。

【カード決済】
【PayPal決済】ツアー代金239,200 円
【早割1/23まで PayPal決済】参加費 (228,800 円)
PayPal対応が可能です。上記金額は手数料4%お客様負担となった料金です。

【定員】
10名(男性5名&女性5名)

【参加要件】
・日本で「Awakening of ShivaShakti 〜シヴァシャクティの目覚め」
2日間コース参加経験者が望ましいですが、
2016年開催に限り未経験者も参加可能です。
次回以降からはこの限りではありません。

・初心者、タントラ瞑想経験者、シングル、カップルでの参加も可能です。
・カップルで参加される場合は、お部屋が同室になりますので、事前にカップルである事をお伝え下さい。
・宿泊部屋は基本ツインベッド部屋に同性の方との2人部屋ですが、シングルで個室利用希望の方は追加料金にて対応します。(ホテルの状況やお申込時期によっては対応できかねることもありますので、予めご了承下さい。詳細はお問い合わせ下さい。)

【上記金額に含まれるもの】
・リトリート受講費
・通訳代
・テキスト代および必要なマテリアル
・寺院入場料、ホテル宿泊費&食費、カジュラホでの現地移動交通費、ホテルへのチップ等
・デリー宿泊費(3/5)、デリー空港⇄ホテル移動交通費、デリー朝食費(3/6)

【上記金額に含まれないもの】
・渡航費(日本⇄デリー往復国際航空券、デリー⇄カジュラホ インド国内航空券)
・海外保険
・インドビザ取得にかかる諸経費
・デリーでの夕食代(3/5)
・お土産などの個人消費や購入品

<ツアーに関して>
・ツアーは成田空港から現地までは、スタッフが同行します。

・リトリート参加は、基本的に成田空港⇄カジュラホ空港まで同じフライトで現地に向かいます。
お申込の際にどのフライトを予約すべきかお問い合わせください。
また、成田空港以外からデリーに向かわれる方は、現地デリーのホテルでの集合になります。

・インド渡航へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いします。

【キャンセルポリシー】
ご入金後、お客様のご都合によってのキャンセルの場合、返金はお受けしてません。
ご入金がない場合でも、ワークの10日前からキャンセル料が発生いたします。

10日前(1/24)・・・参加費の50%
9日前〜4日前・・・・・・参加費の70%
3日前〜当日・・・・・・・参加費100%

<注意>
・インド観光ビザ(1〜6ヶ月滞在可能観光ビザ)取得は参加者ご自身でのお願いいたします。お申込後ビザ申請結果(通常観光ビザ&短期観光ビザ)によるリトリート参加キャンセルは当該キャンセルポリシー適用となります。

・eツーリスト観光ビザ(30日間短期観光ビザ)で現地入国不可によるリトリート参加キャンセルの場合は、参加費100%キャンセル料が発生します。また諸手続きに掛かる追加料金が発生した場合は参加者ご自身の負担となります。

・このカジュラホ瞑想リトリートは、航空券は参加者ご自身で手配・購入して頂くようになっております。
航空チケットに関する一切の責任はこちらでは負いかねますので御自身で対処の程宜しくお願い致します。

【お申込先&詳細】
Toshan(トーシャン)のリザスト
http://www.reservestock.jp/events/62773

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29@gmail.com
☆を@に変更してください。

シヴァシャクティミーティングHP
http://shivashaktimeeting.com/jp/
主催 : Art of Love