カテゴリー別アーカイブ: 腸内革命

ハッピーフルーツのご注文

ハッピーフルーツ、奇跡のお漬け物と出会ってから、食生活が気持ち的にも楽になったし、今の日本で腸に直接アプローチ出来る自然のものが手元にあると言う事はとても前向きに色々考える事が出来る。

このハッピーフルーツについての詳しい説明はこちらをクリック→SHAKURのハッピーフルーツの所をクリックしてね。

あ、ちなみに一緒に載っているミネラルケルプも50種類以上の天然のあらゆるミネラルが入っているので、ヨウ素など今身体に入れておきたいミネラルが全て入っているのでお勧めだよ〜♪

そして、一度試してみたいと思われる方は、私に直接メールして下さいね。

ハッピーフルーツ300g 15,120円(税込み)に、住んでおられる地域に準ずる送料(大阪なら560円;佐川宅急便)を先に振り込んでもらって、振り込み完了後に発注します。

ディヤニのメルアド:dhyani29★gmail.com(★は@に変換してね)

私はただ自分が良いと思うものだけを人々にシェアしたいだけじゃあない。

私が伝えたい事は、意識的に生活する事の大切さと、その意識と、意図によってこの地球上の全てのいきとしいけるものが、愛で包まれるような現実を造っていく事の大切さを理解して、住む場所や生活スタイルは違えども、意識で繋がれる仲間にその思いと共にハッピーフルーツをシェアしたい。

最近、『セシウムは摂取すると腸内細菌が死滅してお腹を壊すのが特徴です。』という言葉を目にしたし、その前にも沢山腸内細菌必事要性についての記事を見る事が増えた。

このハッピーフルーツは、直接腸に「善玉菌の塊」を投入する様なものだそうだ。歳をとって行くと、腸内の善玉菌はどんどん減って行って、おまけに色んなからに優しく無い添加物などが色んな所から入ってくる食生活では、自分の中で善玉菌を育てて行くにも全く追いつかなくて、外から補充しないと追いつかない状況になっていると言う。。

そうかも!子供って本当に色んなサイクルが早いけど、大人はそうはいかないもんね。

そして、色んな形で身体に不調が生じやすくなってくる。

そして、ハッピーフルーツを食べる時に一番私が大切にしたいのは、ハッピーをただ食べているからそれでイイヤ!という事になってしまっては何も変わらないと思う。

やはり日頃から身体に良い食生活や、良い睡眠、毎日自分らしく生き生きと生きる事などを意識的に生活を送る事をやってこそ、本当に良い効果を発揮出来ると思う。

そして、自分の身体を愛していたわると同じく、この母なる地球も愛していたわる姿勢が宇宙に届きそしてまた私達へと帰ってくるこの循環システムの中にいてこそ、腸内と言うこの身体の中にある小宇宙の環境も整うのだと私は考えている。

なので、様々な肉体や精神や生きる喜びに繋がるワークを実践している訳でもあるんだけど〜。

どれも共通する事は、シンプルさ!

過去に書いた、腸内環境の記事も良かったら参考にしてね。

ガン呪縛を解く、千島先生の『造血の仕組み』→http://wp.me/pW2RC-fM

腸内環境の大切さ→http://wp.me/pW2RC-im

21日生き方を考える講座スペシャルゲスト登場!

今年は、去年にもまして色々な事が起こりそうな予感が人々の中に流れているようですが、私達が強い身体と心に対して意識的に行動すれば、何が起ころうと私達は生きていける!
では何を行動していくべきか?
それを考えるきっかけにもして頂きたいのが今回の松宮さんの講座のポイントです。
テーマは「日本の食品市場の現状とコミュニティの必要性」です。
今、日本の食べ物の現状は、私達が思っている以上の事が起こっています。
その最新の情報を皆様にお伝えしたいと思っています。
実は、今回の講座にはスペシャルゲストもお越し頂ける事になりました。
「戦争の原因が分かる『武器商人を経営分析する』と言う本を書かれた『大津久郎』さんが来られる事になりました。
「大津久郎さん」は、先に書いた様な書籍を出版され、世界の仕組みやロスチャイルドなどによって動かされる世界のお金の仕組み、銀行のシステムはアメリカへお金を全て持っていかれる様になっているなどのお話をして頂ける事になりました。

そして、この私達の幸せな生活とは関係のないお金の仕組みに、今も昔も私達の生活は巻き込まれているのですが、それに振り回されない様な生き方を、松宮さんと共に考えていきたいと思っています。身体の健康や農業やコミュニティについても大いに語り合いましょう〜。
勿論、健康な身体作りに関しましても免疫力を高めるにあたって最も重要となってくる「腸内革命」を中心に発酵バイオ「ハッピーフルーツ」の御紹介と共にバイオの力についてもお話が聞けると思います。
更に、大阪での松宮さんの講座は今回で最後となる可能性が高くなりました。
この最後かもしれないチャンスを是非有効に、関西の皆様に活用して頂けたら嬉しいです。
日時:1月21日(土)18:30~20:30
参加費:参加者全員にハッピーフルーツ30g(1500円相当をプレゼント♪)
    初参加者:2500円
    再参加者:1500円
ハッピーフルーツの準備がありますので、19日までにディヤニまでお申し込み下さいね〜。
会場:クレオ大阪中央 3階「研修室2」(トータルビューティー&ヘルスケアの名称で会場表示されています)
    四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口から北東へ徒歩約3分
講師プロフィール
腸内革命家 松宮隆(まつみやりゅう)
1952年広島市にて被爆2世として生まれる。父は誕生前に他界、母も三歳で失う。その後姉と共に広島の孤児院に引き取られ、6歳で母の兄夫婦により発見され育てられる。しかしその後、姉が急性白血病にて他界。さまざまなストレスにより20歳で胃がんとなり胃、十二指腸、胆嚢を全て摘出。一年後に直腸がんとなり、医師より余命4ケ月と宣告を受けるが野菜ジュースにて半年後に直腸がんが完治。ビジネスの世界では大成功を納めるも、39歳でC型肝炎を発症。回復不能との医師の診断にもかかわらず、徹底した瀧行にて完治。21歳より36年間他の病気は完治するも全く変化無く苦しみ続けていた潰瘍性大腸炎が、発酵バイオ食品によって58歳で完治。奇跡のお漬け物「ハッピーフルーツ」との 出会いにより、今まで作り上げた全てのビジネスを一切手放し「心とからだの調和は腸の和(腸和)から生まれる」「土壌は地球の大腸だ」との信念から、腸内革命、農業革命に取り組んでいる。現在、軽井沢健康道場 グリーンプラネット代表、一般社団法人全国町づくり自然農法推進機構理事、株式会社トータルビューティー&ヘルスケア代表取締役
お申し込み:ディヤニ dhyani29☆yahoo.co.jp(☆は@に変換して下さい)
love  joy  dhyani

今後の生き方を考える集い

松宮隆さんと共に今後の生き方を考える集い 第2弾

テーマは「日本の食品市場の現状とコミュニティの必要性」です。
311以降、日本の食べ物の現状は、私達が思っている以上の事が起こっています。
今回はその最新情報を皆様にお伝えしたいと思っています。

勿論、健康な身体作りに関しましても「腸内革命」を中心に新たなお話が聞けると思います。

私達は3つの食べ物から出来ていると言われています。
それは、実際の食事・空気・印象です。(by グルジェフ)
その中の食べ物が私達の身体を造るという事は身近な常識であり、健康を手に入れる事においても必須条件でしょう。
私達を動かしてくれる大切な身体の構造を知り、日頃私達が食べている食事を見直すだけで、身体は直ぐに変化してくれます。
その身体と食事について、松宮さんが実際に体験されている実績のある秘訣を惜しみなく語って頂きます。

また、これからの日本で子供から老人まで、どの様に生きていく事が幸せな生き方なのかなどについても、エコビレッジの在り方や方向性を交えながら参加者の皆様と共に語り合っていきます。

ハッピーフルーツやミネラルケルプなどを既に実践されておられる方は、食べている中での気になる事やご質問などもこの機会に質問してくださいね。

今後の生き方や食べ物をどう選べば良いのか、また311以降の日本の中で健康で人生を楽しむ為に私達を強烈にサポートしてくれるものも一緒に御紹介させて頂きますので、是非家族やお友達とご一緒に会場にお越し下さいね。

日時:1月21日(土)18:30~20:30

参加費:参加者全員にハッピーフルーツ30g(1500円相当)をプレゼント♪
初参加者:2500円
再参加者:1500円

会場:クレオ大阪中央 3階「研修室2」(トータルビューティー&ヘルスケアの名称で会場表示されています)
http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口から北東へ徒歩約3分

講師プロフィール
腸内革命家 松宮隆(まつみやりゅう)
1952年広島市にて被爆2世として生まれる。父は誕生前に、母も三歳で他界。その後姉と共に孤児院生活を送るが、6歳で伯父夫婦により発見され育てられる。しかしその後、実姉までも急性白血病にて他界。本人も20歳で胃がんとなり胃、十二指腸、胆嚢を全て摘出。一年後に直腸がんとなり、医師より余命4ケ月と宣告を受けるが野菜ジュースにて半年後に直腸がんが完治。ビジネスの世界では大成功を納めるも、39歳でC型肝炎を発症。回復不能との医師の診断にもかかわらず、徹底した瀧行にて完治。様々な病気は完治するも36年間、難病指定の潰瘍性大腸炎だけは全く変化無く苦しみ続けていた。58歳で偶然発酵バイオ食品と出会い、たった1ヶ月で完治。奇跡のお漬け物「ハッピーフルーツ」との 出会いにより、今まで作り上げた全ての大ビジネスの世界とは一切の縁を切り「心とからだの調和は腸の和(腸和)から生まれる」「土壌は地球の大腸だ」との信念から、腸内革命、農業革命に取り組み多くの健康を求める人々のサポートを実践している。現在、軽井沢健康道場 グリーンプラネット代表、一般社団法人全国町づくり自然農法推進機構理事、株式会社トータルビューティー&ヘルスケア代表取締役

申し込み:ディヤニ dhyani29☆yahoo.co.jp(☆は@に変更)

腸内環境の大切さ

私自身、子供の頃は身体が弱く、でもだからといって西洋医学の病院が対応出来る事は何も無い為に、常に身体と共に過ごす日常に健やかさを感じる事が出来ない子供時代を過ごしました。

この世に生まれてから20年以上この様な状態だったので、看護師として働き出しても、自分自身の身体に何か働きかけ実際に効果があるものに関して既に諦めていた状態でした。

しかし、スリーインワンやオーラソーマというワークを通して、『心と身体と魂が一つである』という事が自分の中での事実となり、初めて身体の健やかさを感じ始め、OSHOと出会った時には、今まで生きてきた中で一番健康で、初めて健やかな自分の身体を体感しました。

その大きな変化の中で、食生活に関しても多くの学びがありました。その中の代表的なものは、

1、適切な時間に睡眠を取る事。

2、出来るだけ多くの種類の『生きた酵素』を取り入れ、腸内細菌をより良く育て、綺麗な血を作る。

と言う事でした。

子供の頃の体調不良やアトピーは、腸の弱さが一番の原因であったと今となっては分かります。元々胃下垂で更にステロイド等を使っていた事もあり4、5歳の頃にはもう便秘は当たり前でした。

この頃に、腸内環境の大切さを親が知っていたら、私の身体に対するコンプレックスも違っていたかもしれません。まあ、それに関しては、そのコンプレックスがあったからこそ、多くを学び今健康で、子育てにおいても十分学びが生かされているのです。

14年ぐらい前に、十勝均整社の河村先生が考案された『手作り酵素』と出会い、日常に取り入れました。

そして、手作り酵素にスリーインワンも統合させ、心も身体も大掃除する断食をした時には、身体的には0.03だった視力が0.1にまで驚異的に回復したり、食事を摂る事で、どれだけ身体が汚れるのかを実体験したり、精神的には親に対する奥底にあった怒りが意識化された事で、親との深い繋がりを再確認し、ニュートラルな状態で親と向き合えるようになりました。

しかし、年に2回手作り酵素を作るには、やはり意欲が必要で、一人暮らしの生活の中では作り続ける事が難しくなり、結婚し出産してからも子供の為と思いながらも、春の酵素を作る意欲が高まらず秋の酵素や夏の梅酵素だけを作る感じに最近はなっていました。

そして去年辺り、ある人から白砂糖を使った手作り酵素の落とし穴を指摘され、そこにも少し理解出来るところもあり、結果、まあ作り続ける意欲がわかなかった事も何か意味があったのかもと解釈し、必要な時には意欲がわいて作れて来たのだろうと思い、これからも必要な時に作るようにしようと考えてます。

それから、漢方の煎じ薬しか出さないクリニックにて看護師として、主に初めてクリニックへ訪れた方々への問診と漢方薬と病気との向き合い方などをサポートするお仕事に就きました。

子供の頃から、西洋医学は当てにならないけど東洋医学も善し悪しだな〜、と実体験から思っていたのですが、それは西洋医学的な考えに東洋医学を当てはめた時にあまり効果を示さないという事が良く分かりました。

煎じ薬は、漢方の粉薬と違って、その人や季節に合わせて処方されます。

なので、同じアトピーであっても人によって煎じ薬の内容は変わるし、初めにいくら効果があったとしても同じものをずっと飲み続ける事はありません。また季節によっても変わってきます。癌だってその人の経過の時期によっては正反対な処方がされる事もあります。

そして、なによりも大切な事は、患者さん本人が生き方や生活スタイルや食生活を変える事で、漢方薬で大きな変化が起きます。

しかし、朝から晩まで大忙しに働いて夜はビールやお酒をガンガン飲んで、寝るのは深夜2時、昼はコンビニ弁当とかって言う生活している人は、漢方をこまめに飲んでも、現状維持にはなるけれど、体調が著しく改善される事は難しくなります。

夜は早く寝て、寝入れなくても良いから22時には必ず布団の中入る。そして、冷たいものや乳製品(外国人は別)を飲まない(食べない)様にして、内臓を冷やして、いらない熱を身体に貯めない。この2つを最低でも実践した人は必ず元気になっていました。

インドのアーユルベーダの中で、この22時から深夜2時は寝る様に勧められているので、患者さんにもこの時間でお伝えしていました。

アーユルベーダにしても東洋医学にしても、早寝と何を食べるか、そして体内を冷やさない事が基本です。

ちなみに朝は何時に起きても早寝(寝つけなくても布団に入って身体をフラットにして目を閉じていれば良い。ただし、テレビを見るとかしてはいけない。頭の中だけならいくら考え事で頭がいっぱいになってもいい)だけ実践すれば必ず体調に変化が起こります。

3.11以降、この放射能と隣り合わせの日々を送る様になって、私達が出来る事は色々あると思いますが、まずはこの身体の免疫力を上げること。

かけがえの無い命を持つ無垢な子供達の免疫力を上げてあげる事。

この事は日常生活の中で自分次第で出来る事の大きな一つです。

免疫力を上げる為には、善玉の腸内細菌を育て腸の状態や排泄を良く保ち、基礎体温を上げて行く事です。

これに関しては千島学説が有名で、以前このブログで紹介した千島先生の映像も合わせてご覧下さい。

そして、タイムリーに巷では「ローフード」ブームです。

手作り酵素の知識も昔からあった事もあり、我が家でも3.11以前から朝は野菜や果物を使ったジュースを飲んだり生野菜を食事に入れていました。

なので、手作り酵素も河村先生の基本の作り方から少しズレている場合がネット等の中ではほとんどですが、今更に流行っています。

しかし、白砂糖をブドウ糖に変化させる手作り酵素は、初めの方に書いた様に少し疑問がよぎる所が出て来てしまったので、完全に安心して摂取し続けられない。。。

また、ローフードを取り入れていくものの、3.11後の放射能汚染により安全な野菜や食べ物を手に入れる事に多くの気を使う必要が出て来た。

と思っていた所に、奇跡的な松宮隆さんとの出会いを通して「ハッピーフルーツ」と言う発酵バイオ食品と出会いました。

例えば、米のとぎ汁から乳酸菌を育てたり色々腸内細菌を増やして免疫力を上げていく手立てがありますが、実のところ、ほとんどの乳酸菌は強力な胃液の所で無くなってしまい、それらの乳酸菌を腸まで届ける事は本当に難しいらしい。

しかし、このハーッピーフルーツは、善玉菌の塊の様な内容で尚かつ生きたまま腸まで届く様に研究され尽くされています。

そして、私がこれまでに実体験を通して学んで来た事の中で必要な事も全て松宮さんの話の中には入っている。

さらにハッピーフルーツの効果は、食べた次の日に直ぐに分かります。

腸の力が弱くなっている人も、3ヶ月も食べ続けたら確実に身体が変わった事が実感出来ると言います。

私は、もともと腸が弱いのですが、これまで色々実践して来たおかげか、1回目は心地良さまではいかなかったけれど、かなり腸に変化があり、2回目に食べた時は、かなりの気持ち良さでした。

ハッピーフルーツの公の告知の中には書く事は出来ませんが、私の中で、放射能対策として今一番の安心と効果が実証されるものとなった事は間違いありません。

もちろん、放射能は関係無くても、健康な身体を作る上でもこのハッピーフルーツとの出会いはとても大きいもとなりました。

なので、是非多くの健康に関して意識的でありたいと思われる方々に一人でも多くにこのハッピーフルーツの偉大さを実感して頂きたいです!

11月19日の「松宮さんの腸内革命」のセミナーに参加して頂けると更にハッピーフルーツの偉大さと毎日の食生活を意識的にする必要性が分かります。しかし、参加出来ない方の為に今なら松宮さんのお話は聞けませんが、サンプルだけはお渡し出来るかもしれません。

ご興味のある方は是非ご連絡頂き、素敵な御縁を頂きたいと思います。

love & Thankfulness

奇跡の腸内革命

チューリップここ20年程の間に、日本人の食生活の欧米化と共に身体のあらゆる不調との関係性が大きく問われています。

そして、今年の3.11以降に起きた原発事故により、放射能をこれまで以上に意識する生活となった日本に暮らす中で、意識の方向性の大切さと共に腸内の健康状態を整えて、免疫力を高めて行く事が必須となりました。

千島学説の千島先生も「血は腸で作られる」と言われていますが、腸内の健康維持に関してやはり日常の食生活だけでは補い切れない状況となった社会の中で、正に『これだ!!!』と言うものとの出会いがありました。

その名も発酵バイオ食品『ハッピーフルーツ』ぴかぴか(新しい)

これは、今多くの学者達も研究している微生物の世界で開発されたものであり、自然農や炭素循環農法などに関心がおありの方々も必見です!富士山

畑の土を作る事と、私達人間をはじめ動物の身体の健康を維持する事は共通しています波

つまり、自然の成り立ちは全て一つであると言えるのかもしれません。

『ハッピーフルーツ』はあらゆる善玉菌を集結させたもので基本、食品です。

ですがこれを摂取すれば、腸内環境にとても大きな変化をもたらします!

なので、今までこの『ハッピーフルーツ』は開発されてはいたものの、ハッピーフルーツと言う名前もその頃は無く、私達の手の届くところにも勿論現れていませんでした。

しかし『ハッピーフルーツ』の摂取から奇跡的な体験をされた方が、『これは、スゴい!!!』と感銘を受けられ、『これが世に出ればもっと多くの方の人生がより良くなる!』と確信と使命を強く認識された事で、『ハッピーフルーツ』と言う名前を持って、今私達の前に現れ出ましたるんるん

この世に『ハッピーフルーツ』を私達が摂取出来る形にされた方の名前は、『松宮 隆さん』と言います。

この方は、本当に驚く程の多くの大病を経験されたにも関わらず、60歳を目の前にされたお歳にも関わらず、体力的には20代や30代にも負けないぐらいの体力を維持され、精神的にもとても柔軟な毎日を送られています走る人

そして現在、軽井沢にて同じ意識を有する仲間と共に健康道場を作られ、心と身体、食生活の改善方法などあらゆる側面から指導をされており、多くの本当に健康になりたい方々が訪れられています。

その心身共に健康である事の極意と共に、松宮さんを完全なるこの健康体に導いた腸内革命の世界を、この度大阪にて初回セミナーを開催して頂ける事になりました。

関西では滅多に聞けなくなった『松宮 隆さん』のセミナーを是非、一人でも多くの方に聞いて頂き、腸内革命の世界に是非触れてみて下さい!クローバー

**下記講座は2011年開催のもので、既に終了しておりますのでご了承下さいね!!***

日時:11月19日(土) 18:30~20:30

参加費:2500円(ハッピーフルーツ30g(1500円相当)付き)

☆☆ナント!追加特典を松宮さんが準備して下さいました〜。(11/18発覚!)

ハッピーフルーツだけでも十分なのに、動物の病気が100%治るこれまた奇跡の発酵バイオを商品そのままプレゼントして下さいます〜。(松宮さんホントに大丈夫なのかな〜)もしそれがいらない人はキパワーソルトの更に上質の塩でも良いそうです!

☆今回は本来3000円のところ初回開催にて、松宮さんの御好意に     より割引価格となっています!

会場:クレオ大阪中央 「会議室2」(「健康育みサークル」の名前で会場案内されています)

四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口から北東へ徒歩約3分

http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html

講師プロフィール

腸内革命家 松宮隆(まつみやりゅう)

1952年広島市生。中国人の父と日本人の母の元に被爆2世として生まれる。父は誕生前に他界。母も三歳で失う。その後姉と共に広島の孤児院に引き取られる。6歳の時、大阪に住む母の兄夫婦が彼を発見し、育てられる。11歳で、母と慕う7歳上の姉が急性白血病にて他界。さまざまなストレスにより20歳で胃がんとなり胃、十二指腸、胆嚢を全て摘出。一年後に直腸がんとなり、医師より余命4ケ月と宣告を受ける。しかし野菜ジュースだけを飲み続け、半年後に直腸がんが完治。23歳で中古車販売、クリーニングの近畿サービス株式会社を設立。30歳で郵便局寄贈広告企画を事業化し株式会社郵宣企画設立。39歳でC型肝炎を発症。回復不能との医師の診断にもかかわらず、生駒山興福寺氷室の瀧にて365日の瀧行を行い完治。アメリカに移住し投資コンサルティング会社、化粧品会社、健康食品会社などを立ち上げ、いずれも大成功を収める。21歳より36年間他の病気は完治するも全く変化無く苦しみ続けていた潰瘍性大腸炎が、発酵バイオ食品によって58歳で完治。  2010年そのバイオ食品を奇跡のお漬物「ハッピーフルーツ」として商品化し、販売会社株式会社トータルビューティ&ヘルスケアを設立。「心とからだの調和は腸の和(腸和)から生まれる」「土壌は地球の大腸だ」との信念から、腸内革命、農業革命に取り組んでいる。

現在、軽井沢健康道場 グリーンプラネット代表、一般社団法人全国町づくり自然農法推進機構理事、株式会社トータルビューティー&ヘルスケア代表取締役

お申し込み&お問い合わせ

ディヤニ dhyani29☆yahoo.co.jp(☆は@に変換して下さい)