THRIVE 

映画 「繁栄 」日本語 全編

THRIVE

広告

Earth Changes 2012 メッセージ

WuJi-Gong(エンライトメント気功)のアンディ氏が来日し、一般向けワークショップとティーチャーコースが大阪の2daysを皮切りに始まりました。

おかげさまで、大阪2daysは多くの方に参加して頂き、とても素晴らしいクラスとなり、参加して頂いた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

その中で、参加者の方が原発や放射能の事についてアンディはどのように考えているのかを質問して下さり、その回答とも思えるメッセージが届きましたので、ここでもシェアしたいと思います。

「アンディとマイケル.ウィン、二人のタオの道士から、日本の仲間たちへのメッセージを受取りましたので、皆さんにシェアしたいと思います。」

日本のみなさんへ、

http://www.WuJi-Gong.orgの創立者アンドリュー.フレットウェルと
http://www.healingtaousa.comの創立者マイケル.ウィンからのメッセージ:

今回ワークショップのために来日しましたが、放射能汚染に関して日本のみなさんがいかに深くの痛みと混乱の中にいるのかを感じています。私とマイケルは、この事についてメッセージを届ける事が何かしらの理解と貢献になることを願って、全人類に対する地球の変化という大きな観点からお話します。

私たちはこの情報が出来る限り多くの日本の皆さんのハートに届くよう心から
願います。もしなんらかの平和な気持ちや、より深い気づきを得た場合はぜひ
あなたのお友達や家族にも伝えてあげてください。

マイケルウィンからのメッセージ~

現在起きているこの大きな地球の変化で、最前線にあるのは環太平洋火山帯です。それは、地球をベースに考えると、古いレムリア的な考えを持つ文化
(中国で後日タオとなったもの)と、技術や個人主張の西洋的なネオアトラス
(アトランティス文明が現在西洋に残したもの)の文化との架け橋となっています。

日本は多くの西洋的な考えや技術を取り入れてきましたが、古代に基づく文化も保持しています。おそらく中国よりもそうでしょう。
(中国も少しずつ取り取り戻しつつはありますが、共産主義国として殆どの文化と叡智を消失してしまいました) そのため、日本が民族魂的に東洋と西洋の手綱を持っていて、それは中国よりも成熟した状態にあると言えます。

日本は小さく落ち着いた状態の島国文化を持っているので、現在の地球のために、炭鉱の中のカナリアが水先案内人の役割を果すのと同じような役割を担っているのだと言えるでしょう。大きな意味での地球の変化の中で「日本がこの経験に選ばれている」というような感じです。

アンドリューフレットウェルからのメッセージ~

私は現在日本に来ています。
日本の人は、人類の意識の進化という大きな観点から未来を理解すると同時に、皆誰もが緊張と恐れを身体とマインドの中に持っているということを理解するのが、とても重要です。

この緊張は、様々な場面で見ることができます。
個人 対 集団、自己中心的 対 無私無欲的、またはマイケルが言ったような、レムリアン意識的なグループマインド 対 自己や経済を優先するような資本主義のアトランティス意識、と言い換えることもできます。

あなたは自分の身体を持って、そしてハートの願いとして、もっと他人を助け
貢献するような人生を送りたいと感じていることでしょう。
それと同時にあなたの身体の中には、このとても深い恐れ、自分には十分なものが来ないのではないかという恐れが存在しています。
あなたのマインドがどれほど人を愛していると言ったところで、貴方の身体にはそれとは別に「恐れ」と「サバイバル(生き抜いて行く)」のための緊張が同時に存在しているのです。

どのようにしてこれらのバランスをとればいいのでしょうか?
この問題は、特にあなたの経済的な状況や、自分の生活のしかた、お金に対する態度に顕著に表れます。

私たちの中で今目覚め始めようとしているものは、個人と集合意識の美しい
コンビネーションです。日本はこの緊張をとても強く持っていますが、それ故に日本人の一人一人が、この気づきを認識し意識化することが重要なのです。

未来は「今」です。今、目の前にあります。私たちは全ての人間は同じであると理解しています。他の人たちの力になることや、その調和のために動く時、私たちは自分の奥深い場所でそれもまた自分のためなのだと自然に知ることができます。
現在、私たちはこれを殆どマインド(頭の知識)のみから行っており、身体の奥深くで感じるユニティの真実を確信して行っているわけではありません。
この生き抜いて行くための深い緊張を身体からリリースできた時に、本当の意味で私たちは自分の身体の中でリラックスする事ができます。

自然災害が起きた時は、人は自然にお互いをより助け合うようになります。
地震と津波の後、独りになってしまった日本の人は、皆で集まりお互いを感動的に助け合いました。多くの日本人の年配の方は、“昔はこのようにお互いを助け合ったよ”と言います。でも、残念なことに災害が終わると私たちは再び個人のニーズを満たす事だけに専念してしまいます。

こうなってしまう理由は簡単です。お金、生きて行く上での安全性、そして人生の確実性という人間のニーズに関係しているからです。昔はグループや家族組織の中でいる方が、生き抜いて行く上で簡単でした。家族や住み慣れた土地、自分が属するグループから離れてしまえば、とても辛い思いをしておそらく死に至った事でしょう。現代に至るまで私たちは随時調整しながら、生きて行くにあたってのニーズを得ています。
例えば野生の動物に食べられてしまうという恐れはなくなりましたが、代わりに孤独になる事や死への恐れが金銭的なものに投影されていたりします。

もしあなたが、多くのお金を持っていれば他の人は必要ないし、独りでも安心できると思っているとしたら、それは幻想です。

自然災害が起こった際、その間違ったお金への信頼に関する理解はとても素早く消滅してしまうでしょう。

たとえあなたが何億というお金を持っていたとしても、地震の後で孤立した場合、人の助けを必要とするでしょう。真実は、私たちは災害時だけでなく、いつもお互いを必要としています。個人が持つユニークで創造性に溢れた部分を表現しつつ、他の人々とグループを作るのは自然なことです。
けれども私たちは、もうグループのためだけではなく、又は自分のためだけでもなく、この地球でまだ見たことの無い様な双方の美しいコンビネーションを必要とする時代に入って来ているのです。

今の日本であなたの健康を守るために最後に一言。
日本では昔から放射能汚染と戦う素晴らしいものがあります。それは味噌と海草です。3年物の味噌(長い間発酵された味噌ほど効果があります)を毎日摂るのと、太平洋岸北西部かアイスランドの綺麗な海から採れる海草を輸入してください。
他の人のためにもなりますから、海草を海外から輸入する事が出来る人は多くの人の助けとなってあげてください。

これらの事についてもっと多くのシェアしたい事があります。
特に、この孤立する事に対する深い恐怖が、いかにお金や、経済的に独立するという事に投影されているかという意識を持つ事について。 私はWuJi Gongを21日と22日に東京で教えています。これらの事についてもお話します。
出来る限りの事をしていらしてください。
詳細はTarikaに連絡を。

Deva Tarika
http://www.taoalchemia.com/

愛を込めて

Andrew Fretwell

翻訳:Anand Nadi

21日生き方を考える講座スペシャルゲスト登場!

今年は、去年にもまして色々な事が起こりそうな予感が人々の中に流れているようですが、私達が強い身体と心に対して意識的に行動すれば、何が起ころうと私達は生きていける!
では何を行動していくべきか?
それを考えるきっかけにもして頂きたいのが今回の松宮さんの講座のポイントです。
テーマは「日本の食品市場の現状とコミュニティの必要性」です。
今、日本の食べ物の現状は、私達が思っている以上の事が起こっています。
その最新の情報を皆様にお伝えしたいと思っています。
実は、今回の講座にはスペシャルゲストもお越し頂ける事になりました。
「戦争の原因が分かる『武器商人を経営分析する』と言う本を書かれた『大津久郎』さんが来られる事になりました。
「大津久郎さん」は、先に書いた様な書籍を出版され、世界の仕組みやロスチャイルドなどによって動かされる世界のお金の仕組み、銀行のシステムはアメリカへお金を全て持っていかれる様になっているなどのお話をして頂ける事になりました。

そして、この私達の幸せな生活とは関係のないお金の仕組みに、今も昔も私達の生活は巻き込まれているのですが、それに振り回されない様な生き方を、松宮さんと共に考えていきたいと思っています。身体の健康や農業やコミュニティについても大いに語り合いましょう〜。
勿論、健康な身体作りに関しましても免疫力を高めるにあたって最も重要となってくる「腸内革命」を中心に発酵バイオ「ハッピーフルーツ」の御紹介と共にバイオの力についてもお話が聞けると思います。
更に、大阪での松宮さんの講座は今回で最後となる可能性が高くなりました。
この最後かもしれないチャンスを是非有効に、関西の皆様に活用して頂けたら嬉しいです。
日時:1月21日(土)18:30~20:30
参加費:参加者全員にハッピーフルーツ30g(1500円相当をプレゼント♪)
    初参加者:2500円
    再参加者:1500円
ハッピーフルーツの準備がありますので、19日までにディヤニまでお申し込み下さいね〜。
会場:クレオ大阪中央 3階「研修室2」(トータルビューティー&ヘルスケアの名称で会場表示されています)
    四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口から北東へ徒歩約3分
講師プロフィール
腸内革命家 松宮隆(まつみやりゅう)
1952年広島市にて被爆2世として生まれる。父は誕生前に他界、母も三歳で失う。その後姉と共に広島の孤児院に引き取られ、6歳で母の兄夫婦により発見され育てられる。しかしその後、姉が急性白血病にて他界。さまざまなストレスにより20歳で胃がんとなり胃、十二指腸、胆嚢を全て摘出。一年後に直腸がんとなり、医師より余命4ケ月と宣告を受けるが野菜ジュースにて半年後に直腸がんが完治。ビジネスの世界では大成功を納めるも、39歳でC型肝炎を発症。回復不能との医師の診断にもかかわらず、徹底した瀧行にて完治。21歳より36年間他の病気は完治するも全く変化無く苦しみ続けていた潰瘍性大腸炎が、発酵バイオ食品によって58歳で完治。奇跡のお漬け物「ハッピーフルーツ」との 出会いにより、今まで作り上げた全てのビジネスを一切手放し「心とからだの調和は腸の和(腸和)から生まれる」「土壌は地球の大腸だ」との信念から、腸内革命、農業革命に取り組んでいる。現在、軽井沢健康道場 グリーンプラネット代表、一般社団法人全国町づくり自然農法推進機構理事、株式会社トータルビューティー&ヘルスケア代表取締役
お申し込み:ディヤニ dhyani29☆yahoo.co.jp(☆は@に変換して下さい)
love  joy  dhyani

今後の生き方を考える集い

松宮隆さんと共に今後の生き方を考える集い 第2弾

テーマは「日本の食品市場の現状とコミュニティの必要性」です。
311以降、日本の食べ物の現状は、私達が思っている以上の事が起こっています。
今回はその最新情報を皆様にお伝えしたいと思っています。

勿論、健康な身体作りに関しましても「腸内革命」を中心に新たなお話が聞けると思います。

私達は3つの食べ物から出来ていると言われています。
それは、実際の食事・空気・印象です。(by グルジェフ)
その中の食べ物が私達の身体を造るという事は身近な常識であり、健康を手に入れる事においても必須条件でしょう。
私達を動かしてくれる大切な身体の構造を知り、日頃私達が食べている食事を見直すだけで、身体は直ぐに変化してくれます。
その身体と食事について、松宮さんが実際に体験されている実績のある秘訣を惜しみなく語って頂きます。

また、これからの日本で子供から老人まで、どの様に生きていく事が幸せな生き方なのかなどについても、エコビレッジの在り方や方向性を交えながら参加者の皆様と共に語り合っていきます。

ハッピーフルーツやミネラルケルプなどを既に実践されておられる方は、食べている中での気になる事やご質問などもこの機会に質問してくださいね。

今後の生き方や食べ物をどう選べば良いのか、また311以降の日本の中で健康で人生を楽しむ為に私達を強烈にサポートしてくれるものも一緒に御紹介させて頂きますので、是非家族やお友達とご一緒に会場にお越し下さいね。

日時:1月21日(土)18:30~20:30

参加費:参加者全員にハッピーフルーツ30g(1500円相当)をプレゼント♪
初参加者:2500円
再参加者:1500円

会場:クレオ大阪中央 3階「研修室2」(トータルビューティー&ヘルスケアの名称で会場表示されています)
http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口から北東へ徒歩約3分

講師プロフィール
腸内革命家 松宮隆(まつみやりゅう)
1952年広島市にて被爆2世として生まれる。父は誕生前に、母も三歳で他界。その後姉と共に孤児院生活を送るが、6歳で伯父夫婦により発見され育てられる。しかしその後、実姉までも急性白血病にて他界。本人も20歳で胃がんとなり胃、十二指腸、胆嚢を全て摘出。一年後に直腸がんとなり、医師より余命4ケ月と宣告を受けるが野菜ジュースにて半年後に直腸がんが完治。ビジネスの世界では大成功を納めるも、39歳でC型肝炎を発症。回復不能との医師の診断にもかかわらず、徹底した瀧行にて完治。様々な病気は完治するも36年間、難病指定の潰瘍性大腸炎だけは全く変化無く苦しみ続けていた。58歳で偶然発酵バイオ食品と出会い、たった1ヶ月で完治。奇跡のお漬け物「ハッピーフルーツ」との 出会いにより、今まで作り上げた全ての大ビジネスの世界とは一切の縁を切り「心とからだの調和は腸の和(腸和)から生まれる」「土壌は地球の大腸だ」との信念から、腸内革命、農業革命に取り組み多くの健康を求める人々のサポートを実践している。現在、軽井沢健康道場 グリーンプラネット代表、一般社団法人全国町づくり自然農法推進機構理事、株式会社トータルビューティー&ヘルスケア代表取締役

申し込み:ディヤニ dhyani29☆yahoo.co.jp(☆は@に変更)

やっぱり心が痛む。。

311以降、最近普通にテレビのニュースとか見る様になった。

その中で、やはり原発事故により故郷を離れ都心の仮設住宅的な高層マンションへ住んでいる人々の報道を見た。

夜になっても電気が街中について明る過ぎるし、うるさいし、土が全く無いし、知り合いもいない中で孤独だったり、痴呆が出ている亭主と一緒だったりの生活の大変さを思うと、ホント泣けてくる。。

亡くなった旦那の墓は、もう2度と入れない様な地域にあって、出来る事なら今からでもそこへ帰りたいとおっしゃっていた。

本当、帰りたいよね、自然に囲まれた自分のお家へ。。。

高濃度の目に見えない人間が人工的に作った放射能がある事で、ただでさえ変化に対応する力が減っている老人達が、土から離され同じ村の人達とも離され、全く望んでいない東京での暮らしをしないといけないなんて、私にはその状況を受け入れようにもそれはとても難しい。

色々思う事はあっても、ブログに書く事ももう意味が無い感覚にさえなる事もある、この原発問題!

ここに書き切れない程の色んな思いが溢れ出す。

出来る事なら安全で美味しいものや美しいものが沢山ある日本に戻したい!

子供達が笑って、思いっきり人生を楽しめるような生活を私達は皆で愛を込めて造っていかないといけない。

今までも、これからも。

私の身近にも政治家がいるが、4月に当選して、もう2ヶ月後にはすっかり市民の声は聞き入れないいわゆる政治家に成り下がっていた。

そしてその状態はますます悪化している。

彼女は原発に対して当初から全くの無知である。

恐らく、政治家で原発に詳しい人はいないし、詳しくなろうとも思う人もいないのだろう。だから、ここまで日本に原発が増えてしまったんだろうな〜。

彼女を見れば、日本の政治家の姿が一目瞭然。

そんな彼女も元々は誰よりも正義感が強く、命を守る事を誰よりも一番大切にし、24時間自分の役割を果たす本当に素晴らしい方だった。彼女から私が受けた恩恵に対しては、今でもそしてこれからも変わる事無く感謝と尊敬の気持ちでいっぱいだ。

政治家というものが、その素晴らしさを奪い去り過去のものにしてしまった。

政治家=市民が払う税金を使う人。

つくづく税金の無駄遣いがここにあるとしか思えない。政治家の仕事って本来はとても大変なお仕事だと思う。でもその給料に見合う仕事をしている政治家はいるのだろうか?

税金上げる前に、市民の為に働いてなかったり政治や世間に無知な状態で政治家になっている人はやはり辞めてもらうのが良いと思う。(前平松大阪市長も役人の言いなりにしか動かなかったのだから退職金は放棄すべきだった)

その様な立場の人の中に、政治より人の命、子供の命を守る事の方が大切だと口だけじゃなく本気で思う人は一人でもいるのだろうか?

もしそう言った政治家を知っている人がいたら、是非その人を教えて欲しい。

あ、こんな事は書くつもりが無かったんだけど、そう言った人達にもこの動画を見て人を思いやる気持ちを取り戻して欲しい。

Miten with Deva Premal – In The

Light of Love – Tribute to Japan (revised version)