タントラの聖地カジュラホタントラリトリート

OSHOは言います。

「もしあなたがタントラに興味があるのなら、カジュラホに行かなくてはならない。」
BeautyPlus_20160309074548_fast

このリトリートは
インドのタントラ寺院群のそばで行われる5日間にわたる
タントラ瞑想リトリートです。

カジュラホという
『古代タントラの寺院が1000以上も存在していた』土地のエネルギーは
タントラの探求者にとって、信じられないほどのサポートを感じることができます。

毎朝寺院での瞑想を通してヴァイブレーションを感じながら、
あなたのハート深くに浸透させていく深淵なプロセスです。

OSHOが百回以上も訪れているカジュラホを強調するのはなぜか。
現地で瞑想していく体験とリトリートのプロセスのなかで疑問は解けて理由が明らかになります。

この5日間リトリートは
世界中に数あるタントラワークショップの中でも他に類を見ない初の試みとなるでしょう。

この恩恵を享受できる機会は、このリトリートのみです。

昨年の同じリトリートの参加者たちは、今もなおこのタントラの愛の円環を持続し続けています。
また、このグループで行われるセッションを続けていくと、自分の中のエネルギーの上昇に驚くことになり、まさに相手は関係ないという独り在ることのエクスタシーが、マインドの領域を超えて起こることを可能にします。

年齢的に、もしくは結婚、子育て、様々な人生体験を積み重ね、精神的にも成熟期を迎え、表面的な恋愛にはもう興味が持てないけれど、この先の人生を更にトタールに生きていくことを渇望されている方には、特にこのリトリートはオススメです!

もちろん!これからもっと楽しく恋愛していきたい〜という方もが大歓迎ですよ〜。

いずれにしろ、このカジュラホの旅では、想像以上の体験があなたの人生に起こることでしょう。。

Root and Flowering of ShivaShakti
〜シヴァシャクティの根、そして開花〜@カジュラホ5日間リトリート

講師
トーシャン&ウッタム

日程
2017年2月4日(土)日本出発〜2月11日(土)現地発 翌日日本着

宿泊&WS会場
カジュラホ寺院群にあるホテル(インド)およびカジュラホ寺院群

参加費
230,000円/1人

2016年1月7日(土)までにお申込み&全額ご入金の方は
参加費が10,000円引きになります。(早割)

定員
最低催行人数10名(女性5名、男性5名)
*今回のカジュラホ、タントラリトリートは、参加者が10人集まった時点で、最高が決定されます!
ですので、今回のツアーにご参加を希望される方は、少しでも安めの航空チケットの手配もして頂きたいので、申し訳ありませんがお早めのお申し出をお願いしたいです。

また、女性の方は、すでに希望されている方が数名おられますので、男性とのバランスによりキャンセル待ちになる場合があります。
ご希望の方はお早めのお申し込み&入金にてお席の確保をオススメします。
男女のカップルでのご参加は、キャンセル待ちはありません。(友人関係OK)

さらに、今回はお子様連れでもご参加頂ける事になりました。
そのお子様の同行条件として、現地の状況などを考慮し、
7歳以上のお子様という事になっています。
そして、既に小学生が一緒にカジュラホの地を訪れることが決定しています!
このような環境が必要な方は、ご検討くださいね。

参加要件
・初心者、タントラ経験者、シングル、カップルでの参加も可能です。

*過去にシバシャクティミーティングのグループに1度も参加された事が無い方は、申し込み前にディヤニまでご連絡下さいね。
ディヤニ;dhyani29☆gmail.com ( ☆は半角@に変換)

・カップルで参加される場合は、お部屋が同室になりますので
事前にカップルである事をお伝え下さい。

・宿泊部屋は基本ツインベッド部屋に同性の方との2人部屋ですが、
シングルで個室利用希望の方は追加料金にて対応します。
(ホテルの状況やお申込時期によっては対応できかねることもありますので、
予めご了承下さい。詳細はお問い合わせ下さい。)

**日本で「Awakening of ShivaShakti 〜シヴァシャクティの目覚め」
2日間コースおよび「ShivaShakti Retreat -Circulation of Light and Energy-
シヴァシャクティリトリート〜光とエネルギーの円環〜」
3日間リトリート参加経験が強く望まれます。
カジュラホから参加される方は、ここでの体験を消化する為にも、
帰国後の上記グループへの参加をお勧めします。

上記金額に含まれるもの
・リトリート受講費
・通訳代
・テキスト代および必要なマテリアル
・寺院入場料、ホテル宿泊費&食費、カジュラホでの現地移動交通費、ホテルへのチップ等
・デリー宿泊費(3月5日)、デリー空港⇄ホテル移動交通費、デリー朝食費(3月6日)

上記金額に含まれないもの
・渡航費(日本⇄デリー往復国際航空券、デリー⇄カジュラホ インド国内航空券)
・海外保険
・インドビザ取得にかかる諸経費
・デリーでの夕食代(2月4日)
・お土産などの個人消費や購入品やツアー以外の交通費
・指定時間以外での合流解散の場合の移動費

<ツアーに関して>
・ツアーは成田空港から現地までは、ツアーガイドのスタッフが同行します。

・リトリート参加は、成田空港⇄カジュラホ空港まで同じフライトで現地に向かいます。
お申込の際にどのフライトを予約すべきかお問い合わせ、各自の自己責任にてチケットの確保をお願いします。
また、成田空港以外からデリーに向かわれる方は、現地デリーのホテルでの集合になります。
(こちらの指定以外のフライトでのご参加の場合、タクシーの確保や代金が自己負担になります)

・インド渡航へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いします。

・日程は変更になる場合がございます。
詳しいツアー内容に関しては、こちらをごらんください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

リトリートの内容
・カジュラホ寺院でのタントリック瞑想

・瞑想を通して、内側の男性性と女性性が出会い、
ただ出会うだけでなく、1つになって
溶け合うところまで探求していく

・真実への道のひとつであるタントラが
他のシステム(禅、ヨガ、スーフィーなど)と
どのように違うのか。
どの点において違うのかを理解し、探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ112瞑想技法の中から
自分に合う技法の探求、実験を多数していくなかで
自分の好み、そうでない技法について探求する。

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ瞑想技法実践法−−−
ひとりで実践する。ふたりで実践する。

・いわゆる普通のセックスと
タントリックセックスとの違いについて。

・タントラの歴史、分析、古代タントラ技法が現代人に
どのような協調をしていくのかを探る。

・タントラが開花する近未来を知り、タントリカのもっとも犯しがちな間違いを知る。

・シヴァシャクティのヴィジョンを体験を通して理解する。

過去の参加者の感想はこちら
https://dhyani29.wordpress.com/category/インド-聖地ガジュラホ寺院でのタントラ5日間リ/

【お申し込み】
トーシャンのリザストページよりお申し込みください。
http://www.reservestock.jp/events/132485

【お問合せ先】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を半角@に変更してください。

広告

タントラの聖地カジュラホタントラリトリート” への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中