インドリシケシ、瞑想トレーニング1

去年の秋、初めてプーナ以外のインドの地を訪れる機会を頂きました。

私の人生は、OSHOと出会って、予定よりも長生きさせてもらって、それも子どもの頃には想像も出来なかったぐらいに、生きているだけで幸せを沢山感じ続ける人生に生まれ変わりました。

なので、OSHOとの出会いがたまたまインドだったというだけで、OSHOのアシュラムにしか関心がなく、他の何処にも行きたいとも思わなでこれまで来ていました。。

それが、思いがけないオファーから、英語も話せない私が日本からインドへ引率することになったのです。

imag1415 imag1354

 

 

その初めての地は、インドのヒマラヤの山の中に位置するリシケシという地域で、そこには自分の全財産を使ってOSHOセンターを作った方がおられ、その方の愛のスペースにて開催される、

リシケシ瞑想トレーニングです。

このグループでは、普通のインド人ですら辿り着く事が出来ない聖地へとウッタムとトーシャンがガイドして連れて行ってくれて、観光客だと体験出来ないような事も、体験できたりしちゃいます。

その中にはスペシャルが溢れかえっているんですが、その中でも、究極の禊と断言出来る、とても美しいガンジス河へのダイビングです!

ガンジス河は、インドでは女神と位置付けられており、死と生を司り、創造と破壊の河でもあります。

そのことが本当なんだと、ここにきて実際にガンジス河に敬意をもって、この身を丸ごと沈めれば、この事は、自然にこの身で実感する事が出来る、とても不思議な河です。

imag1382 imag1584 imag1830 imag1831 imag1832 imag1833imag1838

敬意をもって、この身を浸けるのですが。。

あまりの冷たさに、毎回、女子はみんな、「キャーキャー」言わないと頭のてっぺんまで浸かれないのです。。。

浸かってしまったら、とってもスッキリするのですが、浸かるその一瞬手前に、声を毎回出して、勇気を出さないと浸かれません(笑)

この儀式を終えた後は、毎回、全員が、ドヤ顔。。。。。

浸かりたい人は、夜以外はいつでも浸かれます。

基本的に、毎日この河に身を自分自身の為だけに捧げます。。

imag1434

続く。。。。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中