男女の概念を一変させたエネルギーの出会い☆シヴァシャクティミーティング感想inカジュラホ

カジュラホリトリートにカップルで参加した方からの感想の第2弾です!

男性性と女性性の統合

まさに彼は、シヴァシャクティミーティングで到達する世界をリアルに体験し、自分の中にあった強烈な怒りという感情に圧倒されつつも、それに飲まれてしまう事なく、その正体に対する理解も同時に体験されていくその様子は、彼の存在の器の大きさに、物事やエナルギーが流れて変化してく事への信頼がこちらにも伝わってきて、こちらまで喜びと感銘が沸き起こりました☆

そして、彼の様子とそれを見守るパートナーの姿からは、彼女の中にも同時に沸き起こる至福と愛を受け取る姿は、観ている方も至福に包まれて自分の事のように嬉しくて、自然に涙が溢れてきました。。

男性が、ただそこに信頼と愛と共にただただいてくれる。。。それは、女性にとって何にも代えがたい、喜びのシャワーを浴びているような世界が訪れます💕

初めは彼女が一緒に行きたいというので、自分の意思よりもそんな彼女の思いを大切にしてあげたいということの為だけに初めてのインドへ行くことを決めた旅のはずだったのにね。。

だけど、そんな彼女を大切に想う愛からの受容的で、何の期待もない参加だったからこそ、この体験が起こったのかもしれません。。。

こんなことが予期せずに起こる場所が、カジュラホです!

もしも、今、パートナーがいる方は、ぜひ一緒に日本での準備運動に参加し、インドカジュラホリトリートまでお越しください。

既に幸せであろうと、ちょっとマンネリ化しつつあろうと、始まったばかりの関係であろうと関係なく、二人の関係性の世界が、一変するかもしれません!!

 

それでは、彼の、とても素晴らしいシェアをぜひ一人でも多くの方にシェアさせて頂きます。。

***********************************************

カジュラホの寺院群にある彫刻は、日常のごく普通の感覚で眺めるとエロティックな感じを受けます。

しかし心を落ちつけて思考を静止し眺めていると、エロティックな感じとはあくまで私の中にあるエロに対する偏見が投影されたものなんだと理解するようになりました。

その彫刻にある男性と女性の姿に角のあるエゴの要素が見当たらないのです。

肉体を小宇宙と表現されますが、この肉体そのものは神様に祝福されていて、性愛とはごく自然な宇宙の営みに他ならないのだと感じたのです。

自分を取り巻く環境では性愛というものが商業の中に組み込まれ薄っぺらに扱われています。また性愛を口にすると軽蔑されるような社会の中で生きてきた自分自身であったのです。環境に対する慣れというものは怖いもので、私も人に話せば恥じるような快楽の一端として性愛を扱ってきたのです。


しかし私たちの肉体とは聖なる器なのだと、その感覚へとカジュラホの寺院のエネルギーは私を誘っていくのでした。

瞑想を深めながらパートナーに対する感情が変化していくのを感じていました。

尊い女神に向かい合っているかのような感覚です。

実際に女性の聖なる器たる身体とは女神のエネルギーに満ちているのでしょう。

心地よいスペースを感じているとき、感情が主体となった衝動的なエネルギーは鎮まりかえっています。

ホテルのベッドで横にいるパートナーの身体に触れる時、彼女の中の繊細な女神のエネルギーを感じていました。

私の意識は彼女のエネルギーを奉っていました。自分自身の感性が澄まされていくのを感じていくと、彼女の女神のエネルギーに触発されて自分の中の男性エネルギーが呼び起こされていくのを覚えました。

男女の出会いや合一とは、まさに男性性と女性性の出会いであり、合一なのかもしれません。

その体験は私の男女の概念を一変させました。

あの3日目の夜のワークは効果的でした。

私の場合、お母さんに対するネガティブな感情は恋愛対象となる女性に投影されて、現実を複雑にさせていることを自覚していました。

そして女性を代表した存在である母親に対する憎しみのエネルギーは未だ潜在的に私の中に漂っていました。それは理不尽な形で無関係なパートナーに向けてしまったこともあると今では自覚しています。

自分の中のエネルギーに無自覚というのは本当に危ないのですね。
しかし彼女の女神的エネルギーに意識を合わせていき彼女の神性を奉るようになると、お母さんに対するネガティブな感情にカタルシスを感じるのでした。

そのようなことから男性は一度、女性的エネルギーに対して完全に屈服し女性的エネルギーに包まれなければいけないのかもしれないと思いました。

男性は女性から生まれたわけですものね。

その女性的エネルギーに完全に委ねることから、男性はエゴから解放され、自己の本質である男性エネルギーに生きられるのかもしれません。
自己主張が強く、力で勝ることが男性性ではないのです。

もしかしたら多くの男性は男性性を知らないのかもしれません。

自分を明け渡して女性的エネルギーに平伏すところから男性性は息を吹き返す。

それが男性の喜びなのではと私は感じました。

このリトリートを通して私の中のトラウマの根のようなものに光を照らすことで何か昇華され気が通りやすくなったのではと感じます。もう10日が過ぎ去ろうとしていますが、「今」という瞬間の内なる感覚に確かなものを感じてきましたから本物なのでしょう。

インド旅行はパートナーのかねてからの希望でした。

素晴らしい体験と気づきを与えてくれた彼女に心から感謝しています。

そして私にとって尊い体験へと導きシェアしてくれたウッタムやトーシャンをはじめとして皆さんに心から敬服いたします。ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

****************************

カップル参加者の感想第1弾はこちら→http://wp.me/pW2RC-Ds

カジュラホへの旅の始まりは、日本でのパート1&パート2からです。

カジュラホでの体験を十分に受け取るための土台づくりも、とても重要だということも今回のカジュラホの旅では再認識しました。

シヴァシャクティチームは、全ての参加者が、最大限に人生で期待するものを受け取れるように全面的にサポートします。そこを大切にする為にもパート1&パート2での体験は必須だと確信しています。

☆2016シヴァシャクティミーティングスケジュール☆

5/26 【大阪】ウエルカムイベント
http://www.reservestock.jp/events/118997

5/28・29【大阪】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/119013

6/2 【下北沢】ウエルカムイベント  http://www.reservestock.jp/events/115025

6/4・5 【逗子】シヴァシャクティの目覚め http://www.reservestock.jp/events/106659

☆トーシャンのメルマガ読者限定早割☆

5月14日(土)23:00までにコースお申込み&全額ご入金の方は
参加費が5,000円引き 42,000円⇨37,000円
※逗子会場は、プラスお弁当代2,200円(二日分)

6/16~19【六甲】シヴァシャクティリトリート http://www.reservestock.jp/events/119062

☆トーシャンのメルマガ読者限定早割☆

5月14日(土)23時までにお申込み&全額ご入金の方は
参加費が10,000円引きになります。(早割)

☆トーシャンのメルマガ登録ページ→http://www.reservestock.jp/page/step_mails/4482

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中