古の聖典☆ヴィギャンバイラヴタントラ変容の科学inカジュラホ

昨年より始まったシヴァシャクティミーティングのグループ。

2016シヴァシャクティアドレスのみ

今年に入り、タントラの聖地”カジュラホ”での5日間のタントラリトリートに参加しました。

今年は、シヴァシャクティミーティングでの初のカジュラホツアーだったので、今までシヴァシャクティのグループに参加したことがない人も参加できるグループでした。

そこに参加した人達は、参加前に迷っていたり、インドへ行くことに不安を感じていたり等、様々な気がかりが、全部吹っ飛んで、気ががりを持っていたことすら何のための気がかりだったのか?と、認識が180度変わってしまうような1週間だったことでしょう。。

また、秋にインドリシケシのOSHOセンターでの瞑想ツアーに参加した人々は、これまた、ウッタムとトーシャンが作り出したプログラムの想像以上の内容の濃さ&思っていた以上の体験の数々に感激し、ほとんどに人が、リシケシ終了後すぐに、タントラに参加したことない人までも、カジュラホツアーへの参加も決めていました!

そして、誰もが、

『カジュラホへ来て本当に良かった。。

こんなにも貴重な体験ができるとは思はなかった。。

インドに行ったのに、タントラの聖地カジュラホへ行ってきた、という感じで、インドに行ったという感覚じゃない。。』

などの感覚になり、それはまるで宇宙空間の中にいたような、宇宙船の中に乗って旅をしていたような体験でした。。。。

そして、参加者全員が得た、最大のものは、

『タントラのイメージや概念が、まるっきり変わった!!

本当のタントラの意味に触れることができた』

というものでした。

 

私自身は、タントラについて人と話す時に、本来のタントラとは違う理解を相手がしているということを感じるのは何故か?ということが理解出来ました。

タントラの最古の聖典は、『ヴィギャンバイラヴタントラ』です。

この聖典に関しては、OSHOがとても丁寧に講話にて私たちに紹介してくれています。

なので、この書物に関しては多くの人々から愛されています。

しかし、この書物がタントラの聖典であるのにも関わらず、タントラとタントラの教えであるヴィギャンバイラブタントラとは、まるで別物であるかのように扱われています。

そして、タントラと聞くと、タントラ=イコール=SEXのワークと言わんばかりにほとんどの人のマインドが連想します。

それは、古くからOSHOの元で瞑想をしていた人々ですらです。。

その思考は、本当にタントラの極一部の世界だけを取り上げたに過ぎません。

なので、いくら、タントラは瞑想だと伝えたとしても、本当に瞑想としてタントラを捉えている人は、実際のグループに参加している人の中でも少ない。

なので、パートナーがいるかどうか?や、SEXの探求の域を超えない、素敵なSEXに出会っただけで、私達はタントラを実践しています!というような安易な声が後を絶たない。

そして、ネットの世界でのタントラというと、それはもうタントラじゃないやん!っていう色んなものが、タントラという言葉を使って紹介されています。

きっと、世の中の大半は、カーマスートラとタントラを混同してしまっているのでしょう。

そういったことが、カジュラホツアーに参加すると、今までタントラのグループにもほぼ参加したことがない人でも、インドで誕生し、本来のタントラについて、タントラは深い瞑想の道であり、人生の変容をもたらすと体験を持ってしての理解が起こっていました。

その理解の糸口こそが、ヴィギャンバイラヴタントラなのです。

この聖典の存在についても、このシヴァシャクティのグループでは学び、それを日常生活で使っていけるように紹介されます。

ヴィギャンバイラヴタントラは、人が変容していくための科学です。

なので、タントラを実践していくことで、人生は変容します。

しかし、それは、正しくその科学が活用された時に、化学反応が起こるのであって、間違ったやり方や理解で続けたとしても中々深い理解には辿り着けないでしょう。

正しく使われれば、それはそれまでの経験がなくても、その科学を体験できます。

シヴァシャクティのグループでは、その科学が正しく機能するように導かれます。

BeautyPlus_20160309074548_fast

そして、それはやはりどのワークでもそうなのですが、やはり段階を追って理解を進めていくことが本人にとってもグループを深い領域へ導くためにも、優しくとても大切なことになります。

この段階を踏んでいくことの大切さを、他のグループ同様、今回のカジュラホでも目の当たりにしました。

その点で、何年も瞑想を探求し、その上で秋のリシケシ瞑想ツアーに参加したメンバーのグランディング力は、横から見ていてもはっきりと分かるぐらいにオーラを放っていました。

彼らは、ただ目の前にあることに全てオープンで、ただトータルに楽しむその姿勢はとても美しかったです。

その様子を見て、経験の段階を踏むことの大切さをやはりそうかと再確認しました。

また、来年の2月頃にカジュラホでのタントラリトリートが予定されています。

カジュラホでの体験を最大に得て頂く為にも、日本でのシヴァシャクティのグループが大きな土台となります。

その土台なしには、その人がこれまでにどんなに深い人生経験があったとしても、ヴィギャンバイラブタントラの世界からのタントラの経験の土台があるかないかで受け取れる器が変わってきます。

この前のカジュラホ参加者からの感想→パートナーとの魂の結婚式

日本での土台となるグループは、パート1とパート2にわかれています。

今年は、このパート1とパート2に参加した人だけが、カジュラホへ行くことができます。

なのでぜひ、この機会を逃す事のないようにして頂き、一緒に2月のカジュラホを体験するチャンスを得ましょう〜。

〜シヴァシャクティ ミーティングの日本のスケジュール〜

☆ウェルカムイベント〜5エレメンツを感じてダンス♪

【大阪】05月26日(木)19:15〜21:30 (開場19:00)

【下北沢】06月02日(木) 18:30〜21:00 (開場18:00)

☆Awakening of ShivaShakti ~シヴァシャクティの目覚め~

 【大阪】2016年05月28日(土), 29日(日) 2days

【逗子】2016年06月04日(土), 05日(日) 2days

ShivaShakti Retreat – Circulation of Light and Energy
 シヴァシャクティリトリート〜光とエネルギーの円環〜

【六甲】2016年06月16日(木)〜06月19日(日) 3泊4日 

【六甲】2016年06月16日(木)〜06月19日(日) 3泊4日 

【お申し込み】
トーシャンのリザスト
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4482

【お問合せ】
ディヤニ
dhyani29☆gmail.com
☆を@へ変更して送信してください。

IMAG2953

広告

古の聖典☆ヴィギャンバイラヴタントラ変容の科学inカジュラホ” への2件のフィードバック

  1. こないだ聴きキレへなんだ、こないな話し聞かせてください。せやないと、真面目に間違おてしまうさかい。

    1. それは、是非、女の私からというよりも、特に男性には、ウッタムから直接話を聞いて欲しい〜〜!
      26日の夕方に、ウェルカムイベントがあるから、そこに来て、どんな人なんか話してみて〜。
      六甲の泊まりのグループが、その具体的な要素に入っていくので、そのグループがめっちゃお勧めやけどね〜💕

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中