ゴパルのヒストリー

ゴパルのヒストリー (日本語訳はダルマがしてくれました)

ゴパルの子ども時代の良い思い出は、音楽に関するものばかりでした。彼のお父さんはクラリネットとマンドリンを演奏していました、夜であっても、自分の小さな息子のゴパルがベッドに入って眠りに落ちるときには、音楽を演奏したものでした。

多分そういうわけで、ゴパルは子どもの頃から音楽を演奏したいという自然な衝動を持っていました。小さな子どもだった彼の最も大きな望みは、今すぐ手が大きくなって、ギターの演奏を習えるようになったらいいのに、というものでした!

この音楽を演奏することへの渇望を感じ、お父さんは彼に小さなウクレレを与えました。その後、彼とお父さんは、いつでも可能なときには一緒に音楽を演奏しました。彼のお父さんが亡くなるその時までずっと。あたかも円を完結させるかのように、ゴパルはお父さんが大好きだったクラシックギターの曲を、彼が死んだ時に演奏したのでした。

このハートからハートへの、父との音楽的つながりはゴパルの人生に大きな影響を与え、彼の創造的音楽表現の基礎となりました。

東洋に引き寄せられる
ゴパルはカナダに生まれ、そこで大学教育を受けました。インドに行きたいという神秘的な衝動を感じた時は、ちょうど大学院の課程に入り、大学から申し出のあった教職に着くところでした。彼はインドにいる瞑想の導師について話を聞き、未知の道を探求したいという渇望を感じたのです。

ある朝目覚めると、ゴパルはハートの内側で、自分はインドに行くのだと知っていたのです – 彼自身の深みからの何かが彼を呼んでいました。

“Venu Gopal”(ヴェヌー ゴパル)は、彼の瞑想の師であるOSHOに面会した後に、彼が授かったインドの名前です。この新しい名前は、内側の旅の始まりの印となりました。他の瞑想者達と一緒にOSHOのコミュニティーに暮らし、ゴパルは瞑想と音楽により深く入って行きました、瞑想と音楽がどのように出会い、一緒に溶け合うのかを見出しながら。

ディルルバとの出会い
インドで、ゴパルは多くの普通ではない楽器と音を発見し、探求しました。彼は特に「ディルルバ」(ディル-ルーバと発音される)と呼ばれる弦楽器に惹きつけられました。

楽器の名前、形と音は全てdirlubaという単語の美しい意味の中に反映されています。それは「ハートの恋人」、「ハートの声」、または「ハートの盗人」を意味します。弓でひかれた弦と共鳴して振動する、多くの共鳴弦があって、リッチで、よく共鳴する、甘い音を奏でるのです。

ゴパルは初めて聴いた瞬間からディルルバと恋に落ちました。それは本当にハートの盗人でした。

音楽の先生を見つける
何人かのインドのミュージシャンはゴパルに、ディルルバは「時代遅れ」で、博物館用の楽器に過ぎず、もうほとんど演奏されることはないと告げました。それにもかかわらず彼は最初のディルルバを手に入れ、自分を導くことのできる教師を探し始めたのです。

彼は引退したミュージシャンに出会いました、でもその人はもう教えたがってはおらず、その上に殆ど英語を知らないという障害がありました。しかしゴパルはディルルバを演奏したいと心に決め、その教師のドアを叩き続けました。ついに、その男はゴパルにいくつかの基本的な段階のことを教えることに同意し、そして彼らは特別なハートとハートの関係性を発達させました。言葉はほとんどありませんでしたが、音楽に満ちていました。

ゴパルにはその頃の良い思い出があります。その老教師の演奏に耳を傾けると、時々目から涙が流れるのでした。この音楽とハートとの出会いは、彼の人生を豊かにし、彼をディルルバの神秘的な世界の中へと、より深く、より深く、導いたのでした。

自分自身のスタイルを発達させる
インドの暖かい夜には、ゴパルはよく屋外でディルルバを演奏しました。友人達や見知らぬ人達、ただの通行人達が自然に足を止め、座って耳を傾けたのです、まるでいくつかの単純な音に捕まったかのように。彼はこの楽器の甘く優しい力を理解し始め、それは友と出会う方法の一つになったのです、言葉が表現することができるよりも深くコミュニケーションする方法に。

ゴパルは伝統的な方法とは違うやり方でこの楽器を演奏します。彼はディルルバには幅広い「色」域があることに気づきました。深く豊かなトーンから、高く甘いサウンドまで。遊び心から、ハートに触れる感情まで。その優しく、しかしパワフルなサウンドが、古代からやってきているように思えて、「家に帰ってきた」という感覚が沸き起こる人達もいます。

ディルルバとともに瞑想
瞑想を通してゴパルは、音楽における音と音の間の沈黙のギャップは、素晴らしいものであると理解するようになりました。忙しいマインドを超越していく入口になりえるのです。沈黙にスペースを与える音楽には、聴き手が内側の平安に満ちた音無きところに入っていくのを、許すことができるのです。この音楽の質は、彼のアルバム”Depth of My Heart: Solo Dilruba(ハートの深み:ソロ ディルルバ)”で表現されています。

その瞑想的な質の他にも、ディルルバは他の楽器ともよく合うハートフルなサウンドを持っていて、ハートに触れ、心身をリラックスさせる豊かなサウンドのタペストリーを創りだすのです。これは”Mystic Journey(神秘家の旅),”という、ディルルバをメインにして、他の楽器と組み合わせたアルバムで聴くことができます。

ゴパルの音楽は特に、ソフトな動き、ヨーガ、マッサージ、ヒーリング、瞑想、トランス状態、リラクゼーション、そして入眠時に聴くことによく合います。彼の音楽には自然な内面の質があって、聴き手を音から音無き状態へ、忙しい世間から、全ての人の中に宿っている内なる静けさへと連れて行くのです。

教えとコース
ゴパルは東洋の瞑想を、西洋のカウンセリング、心理学そして催眠の教育と組み合わせました。彼は瞑想、カウンセリング、自己催眠そしてストレス軽減について、世界的に開かれている様々なコースを提供しています。

教えている間、ゴパルはくつろいで遊び心に満ちた空気を創り出します。それにより人々は自分自身の内側へとより深く入って行きます。無垢や本質といった子どものような質が、簡単に再び目覚めさせられるのです。

教える他にも、ゴパルは時折ディルルバのレッスンをしたり、友人達が自分自身の楽器 - 歴史があり、美しく、愛すべきディルルバ - を見つけるのを助けたりすることを楽しみます。

探求者の物語
次の物語は一人の若者の探求についてのものです。それはまたゴパルの物語でもあります。

ある若者が、愛に満ちた両親と兄弟のいる西洋の中流家庭で育ちました。成長して彼は教師になり、博士号のための勉強を始めるところでした。彼はその年令の人が欲しがるような全てのものを持っていました。愛のある家族、明るい未来… 生は彼に惜しみなく与えていました。

その若者は生きることの喜びを感じました、人生が満ちているという感じです。でも同時に彼は知りたいと思ってもいたのです、「人生とは実際のところ何なのだろうか?人生にこれ以上の何かは存在するのだろうか?」 この神聖な不満の目覚めとともに、彼は旅に出てインドに行き、神秘家、瞑想のマスター、OSHOに会うことに引き寄せられていると感じたのでした。その旅は彼の人生を永遠に変えました。それは彼に沢山の新しいドアを開きました。彼はインドとその波動を愛しました…それは神聖なシンクロニシティーの感覚、正しい場所に正しい時にいるという感覚でした。

その若者は、自分のマスターから愛と知恵をシャワーのように浴びせられているのを感じ、内側の旅が始まったことに気づきました。人生にはもっと何か別のものがあるに違いないという彼の質問は、鳴り響く”Yes!”という声で答えられました。彼は自分が正しい方向に進んでいたと知ってほっとしました。たとえ最終目的地がどこかはわからなかったとしても。このマスターは若者が瞑想により深く、より深く入って行くことを助けました。マスターの死ですら、一人一人の人間の内側の、死というものが存在しない何かを示したのです。それは生は神秘的な覚醒の旅であり、愛は時間と空間を超えているということです。

夕方、太陽が沈んでいくとき、若者はインドにある小さな川のそばに座っていました。すると、彼のハートに、誰かの奏でている未知のインド音楽の楽器から来る、美しい音楽の響きが聞こえてきたのです。彼はそれらの音にひかれて、近くに座りました。あたかも彼の瞑想のマスターが彼のハートに触れたときのように。まるでトランス状態にあるかのように。それらの魔法の音はずっと記憶に残ることでしょう、なぜなら彼のマスターがハートに触れたのと同じやり方で彼の内なる魂に触れたからです。その瞬間から、ディルルバは彼にとっての瞑想となりました。学ぶこと、演奏すること、聴くこと、それと一つになること。それは言葉を超えた何かを携えた表現の、媒体だったのです。ついに彼は、音楽と瞑想が手に手を取って踊ることができるとわかったのでした。

長い年月が過ぎましたが、この男は音楽を教え続け、演奏も続けています、喜びと静寂とともに。生は流れ続けます…そして神秘家の旅は続きます…愛と感謝に満ちていることを伴って。

英語の原文

Gopal’s fondest childhood memories are all about music. His father played clarinet and mandolin, and used to play music for Gopal, even at night, when his little boy was in bed and falling asleep.

Maybe that’s why Gopal had a natural urge to play music as a child. As a small boy, his greatest wish was that his hands would grow bigger quickly, so that he could learn to play the guitar!

Sensing this longing to play music, his father gave him a small ukulele. After that, he and his father played music together whenever they could, right up to the time of his father’s death. As if completing a circle, Gopal played his father’s favorite classical guitar pieces as his father passed away.

This heart-to-heart musical connection with his father had a great influence on Gopal’s life and became a foundation for his creative musical expression.

Drawn to the East
Gopal was born in Canada and received his university education there. He was about to enter a postgraduate program and take a teaching post offered by the university, when he felt a mysterious calling to go to India. He had heard about a meditation master there and felt a longing to explore an unknown path.

One morning, as he awoke, Gopal knew in his heart that he was going to India – something from his own depth was calling him.

“Venu Gopal” is the Indian name he received after meeting Osho, his meditation master. This new name marked the beginning of an inner journey. Living in Osho’s community with other meditators, Gopal moved deeper into meditation and music, discovering how they meet and merge together.

Meeting the Dilruba
In India, Gopal discovered and explored many unusual musical instruments and sounds. He was especially attracted to a string instrument called the “dilruba” (pronounced “dill-rooba”).

The name of the instrument, its shape and sound are all reflected in the beautiful meaning of the word dilruba. It means “beloved of the heart”, “voice of the heart” or “thief of the heart”. It has many resonating strings that vibrate in synchronicity with bowed strings, giving a rich, reverberating and sweet sound.

Gopal fell in love with the dilruba from the first moment he heard it. It was truly the thief of his heart.

Finding a Music Teacher
Several Indian musicians told Gopal that the dilruba was “out of fashion” and was just a museum piece, rarely played anymore. Nevertheless he acquired his first dilruba and began searching for a teacher who could guide him.

He met a retired musician, but the man was reluctant to do any more teaching and, as a further obstacle, knew very little English. But Gopal had set his heart on playing the dilruba and kept knocking on the teacher’s door. Finally, the man agreed to teach Gopal some basic steps and they developed a special, heart-to-heart relationship, with few words but full of music.

Gopal has fond memories of that time: listening to the old teacher play would sometimes bring tears to his eyes. This meeting of music and the heart enriched his life and took him deeper and deeper into the mysterious world of the dilruba.

Developing His Own Style
Gopal often played the dilruba outdoors, during warm Indian evenings. Friends and strangers, just passing by, would spontaneously stop, sit and listen, as if captured by a few simple notes. He began to understand the sweet and gentle power of this instrument and it became a way of meeting friends, communicating in a deeper way than words can ever express.

Gopal plays the instrument differently than in the traditional way. He discovered that the dilruba has a wide range of “colors”, from deep rich tones to high sweet sounds, from playfulness to heartfelt emotions. For some, its tender yet powerful sounds seem to come from an ancient time, evoking a feeling of “coming back home.”

Meditation with the Dilruba
Through meditation, Gopal came to understand that the silent gaps between musical notes are significant: they can be a doorway to go beyond the busy mind. Music that gives space for silence can allow the listener to enter an inner, soundless place of peacefulness. This quality of music is expressed in his album “Depth of My Heart: Solo Dilruba”.

Besides its meditative quality, the dilruba also has a heartful sound that goes well with other instruments, creating a rich tapestry of sounds that touches the heart and relaxes the body-mind. This can be heard in “Mystic Journey,” an album that features the dilruba combined with other instruments.

Gopal’s music is especially suited for soft movement, yoga, massage, healing, meditation, trance, relaxation and also for listening while falling asleep. His music has a natural inward quality, taking the listener from sounds to the soundless, from the busy market place to an inner silence that rests within everyone.

Teaching and Courses
Gopal has combined eastern meditation with his western education in counseling, psychology and hypnosis. He offers worldwide courses in meditation, counseling, self-hypnosis and stress reduction.

While teaching, Gopal creates a relaxing and playful atmosphere, through which people can go deeper within themselves. Child-like qualities such as innocence and essence are easily reawakened.

Besides teaching, Gopal occasionally gives dilruba lessons and enjoys helping friends to find their own instrument – an old, beautiful and beloved dilruba.

The Tale of a Seeker
The following story is about a young man’s search. It is also Gopal’s story.

A young man grew up in a western middle-class family with loving parents and siblings. Growing up, he became a teacher and was about to begin studying for a doctorate degree. He had everything a person of his age might want: a loving family, a bright future… life was generous to him.

The young man felt a joy of living, a sense of fullness in life, yet at the same time he was also wondering, “What is this life really about? Is there anything more to it?” With the awakening of this divine discontent, he felt pulled to go on a journey to India to meet a mystic, a meditation master, Osho. The journey changed his life forever. It opened many new doors for him. He loved India, the vibration of it… it was a feeling of divine synchronicity, of being in the right place at the right time.

The young man felt showered by the love and wisdom of his master, and realized that an inward journey had begun. His question, that there must be more to life, had been answered with a resounding “Yes!” He was relieved to know he was moving in the right direction, even if the destination was unknown. The master helped the young man go deeper and deeper into meditation. Even the master’s death showed him that something within each human being is deathless; that life is a mysterious journey of awakening, and that love is beyond time and space.

One evening, the young man was sitting near a small river in India as the sun was setting. It was then that his heart heard the beautiful sound of music, coming from someone playing an unknown Indian musical instrument. He felt pulled to follow those sounds and sat nearby, as if in a trance. Those magical sounds would always be remembered, as they touched his inner spirit in the same way that his meditation master had touched his heart. From that moment, the dilruba became a meditation for him: learning, playing, listening, becoming one with it. It was a medium of expression that conveyed something beyond words: now he understood that music and meditation can dance hand in hand.

After many years, this man continues to teach and play music, with joy and silence. Life flows on… and the mystic journey continues… with love and gratefulness.

広告

ゴパルのヒストリー” への2件のフィードバック

    1. コメントありがとう〜♪

      本当に美しいストーリーだよね。

      ゴパルそのものが表現されていると思うわ〜

      love

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中