やっぱり心が痛む。。

311以降、最近普通にテレビのニュースとか見る様になった。

その中で、やはり原発事故により故郷を離れ都心の仮設住宅的な高層マンションへ住んでいる人々の報道を見た。

夜になっても電気が街中について明る過ぎるし、うるさいし、土が全く無いし、知り合いもいない中で孤独だったり、痴呆が出ている亭主と一緒だったりの生活の大変さを思うと、ホント泣けてくる。。

亡くなった旦那の墓は、もう2度と入れない様な地域にあって、出来る事なら今からでもそこへ帰りたいとおっしゃっていた。

本当、帰りたいよね、自然に囲まれた自分のお家へ。。。

高濃度の目に見えない人間が人工的に作った放射能がある事で、ただでさえ変化に対応する力が減っている老人達が、土から離され同じ村の人達とも離され、全く望んでいない東京での暮らしをしないといけないなんて、私にはその状況を受け入れようにもそれはとても難しい。

色々思う事はあっても、ブログに書く事ももう意味が無い感覚にさえなる事もある、この原発問題!

ここに書き切れない程の色んな思いが溢れ出す。

出来る事なら安全で美味しいものや美しいものが沢山ある日本に戻したい!

子供達が笑って、思いっきり人生を楽しめるような生活を私達は皆で愛を込めて造っていかないといけない。

今までも、これからも。

私の身近にも政治家がいるが、4月に当選して、もう2ヶ月後にはすっかり市民の声は聞き入れないいわゆる政治家に成り下がっていた。

そしてその状態はますます悪化している。

彼女は原発に対して当初から全くの無知である。

恐らく、政治家で原発に詳しい人はいないし、詳しくなろうとも思う人もいないのだろう。だから、ここまで日本に原発が増えてしまったんだろうな〜。

彼女を見れば、日本の政治家の姿が一目瞭然。

そんな彼女も元々は誰よりも正義感が強く、命を守る事を誰よりも一番大切にし、24時間自分の役割を果たす本当に素晴らしい方だった。彼女から私が受けた恩恵に対しては、今でもそしてこれからも変わる事無く感謝と尊敬の気持ちでいっぱいだ。

政治家というものが、その素晴らしさを奪い去り過去のものにしてしまった。

政治家=市民が払う税金を使う人。

つくづく税金の無駄遣いがここにあるとしか思えない。政治家の仕事って本来はとても大変なお仕事だと思う。でもその給料に見合う仕事をしている政治家はいるのだろうか?

税金上げる前に、市民の為に働いてなかったり政治や世間に無知な状態で政治家になっている人はやはり辞めてもらうのが良いと思う。(前平松大阪市長も役人の言いなりにしか動かなかったのだから退職金は放棄すべきだった)

その様な立場の人の中に、政治より人の命、子供の命を守る事の方が大切だと口だけじゃなく本気で思う人は一人でもいるのだろうか?

もしそう言った政治家を知っている人がいたら、是非その人を教えて欲しい。

あ、こんな事は書くつもりが無かったんだけど、そう言った人達にもこの動画を見て人を思いやる気持ちを取り戻して欲しい。

Miten with Deva Premal – In The

Light of Love – Tribute to Japan (revised version)

広告

やっぱり心が痛む。。” への6件のフィードバック

  1. それでも、平松さんは
    4年間で職員を8570人削減、市の借金を3205億円削減してますよ。
    まだ5兆を超える借金はあるんだけど…。

    1. コメントありがと〜。嬉しいわ〜。
      そうなんだ〜。その仕事には関心があったのかも。市民の生活レベルの事はきっと無関心で役人の言いなりだったと言いたくなる印象の人だったけど。。私は平松さんは選んでないけど、あの時の選挙は他の人もどっこいどっこいで選び様が無い選挙だったな〜。
      今後は市民が区長選びを慎重にしないといけなくなるね〜。橋下市長は全体的にはまともな事を言っていて期待も大きいけど、弱い立場の人への配慮があるかどうかを今後チェックする必要があると思うわ〜。

  2. どうしてなんでしょう。素晴らしい志し持って、またの気持ちや痛みが判ることができる人たちが、政治家になって直ぐに、自分の中の優先順位が変わってしまうのは。その人たちの個人的な資質なのか、それとももっと大きくて抗いようがない、洗脳を起こすような何かが、政治の世界に渦巻いているのでしょうか。前者なら、もっともっと信念の強い、「本物」の政治家の卵となるべき人たちを、私達市民が選別する確かな目を持たなければならないですし、後者なら、、、、本当に難しいですね。やはり、私達市民が諦めずに政治の方向性をきちっと見極めて、常に声を届け続けることが大切なのかも知れませんね。 そしてdhyaniさんには、いつも人として本当に大切なものは何かということを、いつも気づかせて貰っています。有難う。

    1. hiroさん。コメントありがとうございます。
      前者と後者、どちらもあるのかもしれませんよね。
      例えば、洗脳的なものが渦巻いているなら、「そう言ったものが渦巻いているのよ」って言う言葉が聞きたかった。そしたら、悲しみよりも応援の気持ちが生まれるのに。
      橋下市長が、「今の国政の世界は、どんなに素晴らしい人が出てきたとしても何も変えられない様な仕組みになってる」って良く言われてますが、それは間違いないと思いますし、この問いかけは「じゃあ、どんな仕組みが良いのか」を私達も考えるきっかけになり、私も今考えている所です。私達は、お金を生み出す為にだけ時間と労力を使って働く今の仕組みではなく、無理なく生み出せる程度のお金で、仲間と支え合いながら楽しく人生を送れる世界を造り出したいと考えています。
      しかし、歴史を振り返って、自立した市民はことごとく潰されてしまうそうなので、自立しても潰されず、むしろ歓迎される様な世の中を、hiroさんが言われている様に諦めずに造って行きたいですよね。

      最後に、告知ばかりが多くなってなかなか、日々の事とか書き込めないブログ状態になっていますが、読んで頂けて本当に嬉しく思います。hiroさん、ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中