沖縄高江ヘリパット問題

今日は、通天閣の下のSTUDIO210にて、開催されたへんぱく!

その名前の由来は。。以下へんぱくHPからの抜粋!

「沖縄県北部。亜熱帯特有の植物に覆われ、太古の姿そのままを残し、ここにしかいない生き物たちの宝庫、やんばるの森。

一方、アメリカ海兵隊の広大なジャングル訓練場があり、日々、戦闘訓練が行われ、昼夜問わず軍用ヘリコプターが上空を飛び交っています。

その森にある小さな集落、高江村をとりかこむように、新たにヘリパットが造られようとしています。

なんども墜落し、生まれ故郷のアメリカでは、『未亡人製造機』とも言われるオスプレイを配備するために。

『自分の家で普通に暮らすため』住民たちは、工事中止を求め、座り込みをはじめました。

『テレビでは言ってないし・・・遠い場所だし・・・抑止力のため・・』?うーん、自分の家のとなりのことでも、おんなじようにいえるんかなぁ・・・なんか変やなあ・・と思った大阪の、『のこされ島民』が集まって始まったのが、変!地球博ラン会!略して へんぱくです!

詳しくは、へんぱく 公式ブログをごらんくださいhttp://ameblo.jp/henpaku/

と言うのが、今日行って来たイベント!

そこには、大好きな「サヨコオトナラ」も出演するし、友達も出店してるし、と参加しやすい環境だった。

で、初めて「沖縄県東村高江のヘリポット問題」を目の当たりにしました。

この高江は、約160人が暮らすヤンバルの小さな集落です。
この集落をかこむように米軍のヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)を6つ作る工事が、始まっています。高江は米軍のジャングル訓練センターの真横にありますが、これでは訓練センターの中に高江があるかのようになります。高江では米軍へりが低く長く飛びます。

そして、この少ない人口の人々が自分達の生活を守る為に権力に対して立ち上がっているんです!

ちょっと、動画を調べてみたので、見てみて下さい。ほんの一部だけど。。少しは様子が分かるかと。。。。

早朝 沖縄県東村高江のN4ゲート前にて 1

原発問題といい、HEMP問題といい、本当に沢山の人々が、国や(政治の世界の)権力を前に、自由子供が安心して育ち遊べる様な生活が壊されている現状。

そして、そのあまりにも人や自然を大切にしない社会の動きに対して、勇気を出して立ち上がる人々。。

同じ様な状況が次々と私の目の前にやってくる。

そして、いつも腹にまで突き刺さる、何とも言えない重た〜〜い憤慨する感触!

大阪での普段の生活と、こういった事に関する「市民運動」って、はっきり言ってあまり繋がりは無い。

しかし、距離があるだけに沸き起こるこの違和感!

同じ日本で起こっている、そして世界で起こっている人の幸せよりも優先される権力中心のこの世の中に対して、この腹に沸き起こる「憤慨感と虚しさが入り交じった様な何とも言葉で表現しにくい違和感」について考えてみた。。。

つづく。。。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中