チネイザンのセッション

11月のTAOの叡智開催に引き続き行われたのが、タリカのチネイザンの個人セッションでした。

こちらはTAO以上に関西では認知されていないボディーワークです。

チネイザンの説明はこちらをクリックして下さいね。

認知されていないのですが、TAO開催の度に申込者が増え、ナント今回は初め2日間で合計6枠準備していたのですが、それでは間に合わずに最終8枠で、タリカにはこの2日間目一杯取り組んでもらいました。

でも、東京ではいつも1日5セッションこなしているようで、「1日4枠は、全く平気よ〜!」と軽く答えていました。

2日間のTAOのグループの次の日からのセッションにも関わらずこのテンション!

やっぱ、タリカのこの疲れ知らずの元気さがTAOによるエネルギーの漏れの無い身体の凄さを証明してくれています!

このタリカの姿を見て、是非TAOをやりたいと思ったぐらいです。

さて、本題のチネイザン。

「血は腸が作る!」とTAOと出会う以前からよく聞いていて、自分自身の身体を感じても「その通りだ!」と納得する見解です。自分自身の過去の身体の弱さを見直しても、小さな頃からアトピーでステロイド剤や抗アレルギー剤を使用した事も大きな原因となり、もう2、3歳の頃から腸の弱さを指摘されてきた私にとって、腸の健康を取り戻す事はいつも一番の願いでした。

更に、腸には、筋肉同様、色んな感情が溜まりに溜まりがちな場所!

だから20代の頃は、手作り酵素を作ったり、手作り酵素断食とそれにより必然的に表出する感情ストレスをスーリーインワンのセッションを使う事で、心も身体も大掃除するプログラムを自分自身も参加しながら人々にも提供したりしながら、腸の改善に取り組んだりしていました。

このプログラムにより、かなり元気になったのですが、30代となりストレスが24時間続く環境に6年ほど身を置いていた事もあり、人生で一番と言っても過言ではない程免疫力が低下してしまって、白血球が3000ぐらいにまで低下し、血液データーだけ見ると、再生不良性貧血の患者かと思う様な値の身体になってしまいました。

これだけ免疫力が落ちてしまうと、身体には湿疹が多発し、顔中が腫れ上がったり、更に身体的だけではなく精神的にも免疫力がなくなり、意地悪な先生が側に近づいて来るだけで、全身が硬直して動けなくなる様な状況になったり、いわゆるPTSDの患者さんの症状を体験する様な経験もしました。

で、同時期にその6年間の環境からは離れる状況となったのですが、落ちきった免疫力は10代20代とは違いやはり回復に時間がかかり、更に看護学校の実務的にも精神的にも過酷な労働環境の中での仕事だった事もあり、直ぐには回復しませんでした。

この様に健康改善に全力をなかなか注げなく,身体の不調を引きずりながら新たに出会ったのが、アナンドの「SELF  LOVE」と言うグループとそれに引き続き「ラダのタントラ」に出会いました。

「SELF  LOVE」にて自分自身を愛する事をたった2日間で思い出し、「タントラ」にて生きる力と繋がり、全面的によみがえり生き返りました。

シンプルなのに奥が深い「タントラ」については、また別の機会で熱く語りたいのですが、そこから精神的には回復し身体も少しずつですが良くなっていきました。

その頃、アマラナと出会いチャレンジとして結婚制度に飛び込み、なおちゃんと出会いました。

しかし、身体の回復が完全でないままの出産だったためか、産後からの体力の回復が出来ずに、ナオちゃんの24時間抱っこかお乳をあげていないと辛くて泣くと言う、重度の湿疹発症により、24時間看護の毎日となり、ますます回復が出来ないまま、実は現在に至っています。

ここまで、体力が無くなった状態でのTAOそして「チネイザン」との出会いは、まさに直接元気になる為に身体にアプローチ出来るものの一つでした。

チネイザンにより、「血を作っている腸」を直接触って元気にして行けるのです!ナント素晴らしい〜〜〜!!!

本当は定期的に受けたい所だけど、タリカは東京にいるのでそれは難しい。。でも、1日だけでもしてもらうとかなり身体が元気になります。

今回のチネイザンのセッションでは、初の2日間連続セッションを体験したリサちゃんがその体験を日記に書いてくれています。mixiをされている方は是非一度読んでみて下さいね。

2日間続けるとやはり1日目からの続きから体験出来ます。

そして、更に奥深くへのアプローチを受ける事が出来ます。

腸を触るだけで、身体の不調も色々指摘してくれるのですが、その不調を表す腸の状態が次の日にはましになっているのです。

また、前回3ヶ月前にもチネイザンを体験し、今回もチネイザンを3ヶ月ぶりに受けたスリーラもmixiで体験を書いてくれています。彼女は、前回はただ痛みを訴えるばかりだったのに、今回は何と顔から身体から、すっきりして半年以上片付けられなかった荷物を1日で片付けてしまうなど、環境までもすっきりさせたりして、その後も持続していました。腸の状態はやはりあまり良くないのかもしれないけれど、痛がり様も前回よりはましでした。

3ヶ月開いても、セッションの効果はやはりあるのですね。

もちろん、週1から徐々に月1と言う様にチネイザンを受けれると、本当に早く元気になるんだろうな〜。

私自身は、残念ながら今回は時間がなくてチネイザン受けれなかったのですが、これまでに2〜3回受けているので、やはりその効果は身体の体調に現れています。

次回のTAO開催はまだいつになるのか未定ですが、TAOの時には次回もチネイザンの個人セッションもしてもらえる様にしようと思うので、興味ある方は是非御期待下さいね〜☆

広告

チネイザンのセッション」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: TAOの叡智in大阪 開催決定! « inner forces

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中