TAO2日間のメッセージ

2010年11月20日・21日 タオの叡智㏌大阪
まずは、13の月の暦からのメッセージです。
13の月の暦ご存知の方もそうでない方も、このメッセージから何か感じてワークに来ていただけたら嬉しく思います。
 
「はじめに、開催される2日間は、既に16日から始まっている「風のウェイブスペル」の5日目と6日目になります。
キーワードは『霊(スピリット)の力』になります。
過ごし方としては、自分が感じたことをまわりの人たちと共有していくことで、新しい価値観が広がっていく13日間になります。
できるだけ多くの人と出会い、自分が感じたことを伝える13日間として過ごしてみてください。

自分が感じたことを伝える13日間のなかで、開催されるTAOの叡智は、まさにツォルキンの流れに乗っているといえるでしょうね。

次に、エンライトメント気功と女神の集いの日のキンの情報をお伝えします。

◎11月20日(土)~エンライトメント気功/KIN226白い倍音の世界の橋渡し
  魔術の亀の日。互いにコミュニケーションとるには、最適な日。

【キーワード】~機会を命じる
 自分の視点を生かし、多くの人が喜んでくれるような生き方をしたい
という願望を、素直に表現する機会を自分自身に命じてみてください。

(この日は、28日と13日という異なるサイクルが共振する魔術のカメの
日になります、参加される方同士がお互いの生き方をシェアすると良いでしょう)

◎11月21日(日)~女神の集い/青い律動の手

【キーワード】~癒しのバランスをとる
 自分の気持ちを表現した分、人の素直な気持ちも受け入れることが求められます。

他者の気持ちも自分のこととして考え、自分が感じたことを、みずからの責任を持って行動して姿勢によって、個人的な体験が社会に開かれていきます。

(参加されるみなさんの女性性が持つ癒しの力を、社会のなかでバランスをとりながら、活動するきっかけにしてみてください) 」

 
このような日です。
このメッセージは、前回同様、13の月の暦のワークショップを開催されておられるたかしっちさんから頂いたものです。
たかしっちさんは、素敵なヘンプアクセサリーも作っておられるのですが、興味ある方は、山梨のまいこちゃんに声をかけてみて下さいね。
 
言葉に囚われずに、直感で感じた事を良い悪いの判断無しにそれぞれが持ち寄り、同じスペースの中でワークを受ける事で、共有出来れば良いと思います。
 
次は、地球暦の暦師、杉山開知くんからのメッセージ
─────────────────────────────────
11/22 小雪 満月 プレアデス 自分の中心から愛で満たされる。
───────────────────────────────────
2010年はたくさんの変化のあった年でした。
太陽系でも大きな外惑星が、春分(土星)、夏至(冥王星)、秋分(木星と天王星)の方向に位置している特別な年で、3月・6月・9月に地球が通過するのに合わせて、内惑星(水星~火星まで)の動きも重なり、ほぼ完璧な形のグランドクロスを、段階的に経験してきました。

地球にとっての光のバランスを表す二至二分のポイントで、外惑星がクロスするという非常に象徴的な流れがこれから冬至へと向かい、再び太陽系は全体的にグランドクロスを迎えます。
今度は少し崩れて動きを伴った、十字形で(春分方向:土星、夏至方向:火星と冥王星、秋分方向:木星と天王星、冬至方向:水星と地球)、来年のテーマとなる象徴的なタイミングです。

12/22の冬至は満月と重なり、その1ヵ月前の、神無月の満月11/22も、二十四節気の小雪に重なり、太陽と月のリズムが同調し、
私たちにとっては肉体や精神を通じた身近なところにその変化を受け取ることができるでしょう。

私たちにとって、太陽と月とは“精神と肉体”、そして“仕事と家庭”であり、それを営む“男性性と女性性”の働きの事です。どちらも切り離せないとの二元性あり、その調和こそ宇宙的教育の根本といえます。

宇宙のリズムは、自分の体の中に全て入っています。太陽系レベルでの大きな節目となっている今、太陽と月を通じてTAOを統合していきましょう。
この11/22は月とプレアデスが重なり、金星も明けの明星の輝くときなので、喜びや楽しみの本質、芸術的な感性、美や愛情など、弁財天サラスバティーに代表されるような女神性につながる時と言えるでしょう。
今回は、“満月のように“愛で満たされていること”がテーマのようです。

 ★         ★       ☆彡      ★         ★

次は、開知くんが話してくれた内容をメモって、ディヤニなりに作ったバージョン。

「22日(月)は11番目神無月の満月。
今回のTAOは、この満月へ向かう直前の2日間となり、正にTAOと重なりシンクロするメッセージを持っています。
 
今月の満月は、240°小雪とともに、太陽と月のリズムが合って、太陽と月の節目となります。
そしてちょうど地球は、月・太陽と共に「プレアデス」とも一直線に繋がります。
 
私達は、この満月を肉眼で確かめる事ができます。
しかし、例えばウミガメなどは「空を見上げて今日は満月だから子供を産もう」などということにはならずに満月辺りに自然に子供を産みます。これは空を眺めなくても、既に内側に入っており、満月を内側で知っているから。
 
「月=身体」と言われ、満月は「身体の内側に入って、眠っている本能と繋がる」時です。言い換えれば、「居心地が良い場所。飽きが来ない、自分自身が落ち着く場所=家」を内側に見つける時。
 
次に太陽は「こう在りたい!」と言うことを実現し輝きを放つ星です。外側に向かってヒーロー・ヒロインの自分を表現します。月が家なら、太陽は仕事(職場)です。
 
この様に、月と太陽はご存知の通り、両極にあります。
 
現代は、仕事と家庭、内側と外側が別々に動く事が多い時代です。
しかし、これからの時代は、仕事も家庭も趣味も全部同じ命の営みであり、「一つの命である」事からこれらを区別しない生き方の時代になると思います。
 
いつ、何処で何をしていても、常に自分の内側の本性と繋がり、ニュートラルライフを送る時代です。
この内側と外側の両極がちょうど釣り合った状態を、今回の太陽と月の節目の満月に意識し生活に活かしていきましょう。
 
この様にTAOのメッセージともシンクロする満月へ向かう直前の2日間のTAOを通して、『私の魂(心)は今何処にいて、何処を向いているのか?』と言った問いを自分自身に投げ掛けてみて下さいね。
 
神無月は、一年の結果が出て、その恵みに対しての『感謝月』でもあります。
地元の氏神様が出雲へ参り、農作業に勤(いそ)しむ村の男女の
一年の働きを「頑張った人は誰かな~?」と評価して、頑張った人達の縁結びの相談をしているのだと言われ「縁結び月」ともいいました。
一年かけて行ってきた結果を締めくくり、ギフトとして受け取るときです。
11月は、収穫と実りを感じる月なのです。
 
TAOを通して、この1年頑張ってきた私達の男性性(陽)と女性性(陰)を内側で縁結びし、創造性(内なる子供)を育み、感謝と喜びをもってセレブレーションしましょう。
 
なお、このメッセージは、暦師で地球暦と言うものを作っている「杉山 開知 くん」から、このTAOに向けてのメッセージを頂き、その時のお話をつなぎ合せながら、TAOからのメッセージも交え私がまとめたものです。
 
開知君はとても素敵な暦師であり、現在この「地球暦の無償配布版」を作成中です。
そして、協賛して頂ける方を募集中です。興味ある方は是非協賛、よろしくお願いします。http://heliocompass.com/
 
それでは皆様、道中お気をつけて、会場でお目にかかる時を楽しみにスタッフ一同お待ちしています。
LOVE JOY DHYANI
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中