エンライトメント気功

2010年7月10日(土)大阪初の「エンライトメント気功(以下、光明功)」のイベントが終了しました。

「気功」と言うものに今まで興味を持ったことも無く、特に外気功と言われるものには良い印象も無く、私の世界には無関係なものと思っていました。

太極拳も戦いの武術らしい。

しかし、今回の光明功は、同じ気功でも「内気功」と言われるもので、自分の中の気をダダ漏れ状態の毎日から、漏れを無くし気を循環せせる事で、本来持っている力や実力を全開に発揮すると共に、そのパワーを拡大させるものであり、そこには「宇宙」が存在している。

これを毎日3ヶ月続けてすると「人生が変わる」らしい。。

だが、続けなければ変化は起こらない。

これは、何か続ける事により発揮されるパワーを体験されている方は、直ぐに続けようという意識となるだろう。

しかし、続けなければ本来のパワーが発揮されないという地道で華やかさの無い事に対して意識的な人は意外と少ない!

現に、今までにエンライトメント気功に一度参加したらもう分かった気になり持続させようとする人は本当に少ないらしい。

なので、今回も参加者には、せっかくの時間とお金を使った体験を、ただの思い出にしない様に説明しないといけない。それが主催者のグループ後の責任だ等と考えていた。

しかし、今回の参加者の方々は、私の想像以上に人生の中での大切な事に対する取り組みに意識的な人ばかりが集まって下さっていた。

なので、グループ中から何人もの方が「これは毎日続けないと」とか「練習会をして欲しい」とか2日目の日に「毎日続けるから、早速今日も気功やってからここへ来たよ。当然やん!」などと言う方が沢山おられて、私は本当に大人の方々が集まってくださったんだと感激でいっぱいになった。

そして、多くの方が「身体が楽」「痛みが無くなった」「沢山動いたのに疲れてない」などと言う言葉を言っていた。

皆早速成果を作って、素晴らしいな~と思っていた。で、私自身はどうかと言うと、オーガナイザーの役割や段取り、ナオちゃんのケアをこなす事で忙しくしていて、全く気功の習得に集中出来ず、気功の効果は全く実感が無かった。。

しかし、やはりこれでは自分に優しくないとグループ終了後、もう一度復習がてら何回か気功を練習した。特に変化に対しては私には何も起こらないかもと思いつつ。。。(むしろ沢山の参加者のポジティブな経験談に後押しされ)

週末から2日目の今日。朝からナオちゃんを幼稚園に連れて行ってプレ参加へのサポートをし、帰宅後歩いてナオちゃんを三輪車に乗せて銀行やコンビニを転々と移動し、その途中でナオちゃんの予想外の行動に時間を費やしながら帰宅。いつもならこの時点で、もう座ったまま動けない!なのに今日は、直ぐに昼ごはんの準備を始めて、身体の重さを感じる事無く作り終えていた。

私にも、本当に実感としてやって来たのだ、皆が言っている「身体が疲れない」と言う状態が。

まさにこれを期待して「エンライトメント気功」をタリカに大阪でしてもらったのだのだが、あまりにしんどい日々が当たり前だったので、期待とは裏腹に、期待してなかった自分に気付いた。

だが、そんな状態だっただけに、この気功は「凄い!!」としか言いようがないというのが事実になるだろう。

この気功は、スリーインワンで言う所の「私は宇宙であり、宇宙は私である」と言う世界をまさに目に見える事実として、この人生に表す事の出来る気功かもしれない。

光明功の形は、太極図・宇宙の真理を形作っている。

そのフォームを私達がこの身体を使って描く事により、私達にパワーがもたらされる事はもちろん、その場の浄化も起こる。

そして、その影響は拡大すると言われている。

にも関わらず、フォームは難しくない。http://enlight-qigong.org/youtube.php(タリカの師匠の一人であるアンディによる光明功)

今は未だフォームの手順を追う事で精一杯だけど、この状態でも毎日続け、フォームは何も考えなくても身体が覚えている状態がやってきたら、更に意識な意図をホームの中に持ち込める。

不器用ながら数回やっただけで、身体が楽になるのだから、自分をこのような状態にまで持って行きたいものだ。

いま、この様に思い振り返られるのも、今回の参加者の意識が高かった事が大きく影響している。

本当に、皆さんの素晴らしさに感謝の気持ちでいっぱいです。

貴重な時間とお金を使って参加して下さった皆さんありがとうございました。

今回は、山梨に福井に香川に姫路や神戸に京都など遠方からの参加者が多く、大阪に来る事自体がチャレンジの状態にも関わらず、全くその事を感じさせない状態で参加して下さいました。

また、知り合いの人も無く、mixiやタリカのHPから辿り着いて参加して下さった勇気ある方々もおられました。

でも、私を含め全ての参加者に共通している事として、「タオのエンライトメント気功って、何?」って言う状態であるにも関わらず、直感で、「私が求めているものが手に入るかもしれない」と言うアンテナに従って参加して下さった事。

そして、素晴らしいエネルギーで会場が満ちた状態が作り上げられて事は、あまりに自然に起こっていたとは言え、奇跡でしょ~ヽ(^o^)丿

この2日間が、13の月の暦ではどんな日だったかと言うと

「10日は、「赤い月の空歩くもの」
11日は、「白い電気の魔法使い」 と言う日になっていました。

それを過ぎ、ワーク翌日の12日は皆既日食と重なった『蟹座の新月』を迎えました。

今回のセミナーが開催される2日間は、人のウェイブスペルの2日目と3日目になります。 人のウェイブスペルのキーワードは「自由意志の力」です。
自由意志とは、全体のことを考えながら自分のできることを発見し、みずからの判断でやるかやらないかを決断する力のことです。その力が、自分が暮らしている環境と個人との活動をつないでいきます。

そんな自由意志の力を学ぶサイクルの2日目の「10日:赤い月の空歩く者」のキーワードは「目覚めを安定させる」です。
積極的に新しい分野に関心を向け挑戦することで、新しい視野が目覚め、意欲が呼び戻されていくことになります。エンライトメント気功に関心を示され参加される方が、セミナーをつうじて新しい気を練り上げていくことになるかなって思います。

3日目の「11日:白い電気の魔法使い」のキーワードは、「受容性をつなぎとめる」 です。

いろんな解釈はできるけど、3日目は女性だけのセミナーで、女性の身体にホーカスしてアプローチし、女体の神秘をお祝いする感じの内容ということですが、女性の身体ってまさに受容性だと思うので、身体を通じて本来もっている女性エネルギーを自分の中から沸きあがらせ、つなぎとめる、そんな所に意識を向けていくと良いかも知れません。」
と言う日でした。
まさに、この状態に向き合う準備が出来た方々が参加して下さった事が、準備の出来たタリカのリードの元、グループを作り上げて下さいました。
翌日の、「女神の集い」が更にこの「光明功」の土台の上に開催された事により、より大きく美しいクラスになり、女神の集いのあまりに大きな印象で実は、今もいっぱいなのです。
それはまた次のブログに書きとめようと思います。
なので、光明功の他の感想は、また思い出した時に追加する事にしよう~。。。
参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
広告

エンライトメント気功” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中