私が結婚を否定した理由

小学生の頃から、結婚したら人生はそこで終わりだと確信していた。

だから結婚式と言うのは、「お葬式」も同然な儀式なので、何もめでたい事は無いと思っていた。

でも、人と言うのはいつかは結婚しないといけないんだと小学生の頃は思っていたので、「どうせそこで人生が終わるんだから、出来るだけ歳を取ってからする方が賢明だ」と考えていた。

子供に関しては、「母親は私を本当には愛してなったら、無責任にこんな苦しい世の中に産むだけ産んで、知らんぷり。」「私は、自分の子供が何よりも大切で可愛いから、こんな何も良い事の無い世の中と分かっている中に、産みはしない。私と同じ様な思いを、可愛い我が子にさせたくないから、産まない」と思っていた。

でも、子供に関しても結婚同様、人と言うのは生きていて結婚したらいつか子供を産む日が来るとも、思っていた。

だから、子供の事がなかったら、結婚はやりたい事を自由にやりつくして、56歳とか60歳でしたら、一番理想的な人生になるのにと考え、どういう風にするのが良いかな~とよく思案していた。

その頃、ノストラダムスの大予言で「1999年に地球は滅んで、ほとんどの人が一瞬で塵のように消える」と言う情報が入ってきたので、その情報を信じると言うわけでもないながらも、それを基準に人生設計をした。

「子供は何となく産みたい気がするから、結婚を出来るだけ遅くしながらも子供と過ごす時間も少しは持ちたい。でも、1999年で可愛い我が子がいくら生きる事を望んだとしても一緒に死んでしまうんだから、一番可愛い時に一緒に消えよう。とすると、結婚は1996年にして直ぐに子供を作ろう。」と言う計画にした。

このノストラダムスの予言の採用に関しては、幼い頃から自殺願望が常にあったから。

実際、1999年には何も起こらなかったけど、「結婚式=お葬式」の考えは顕在だった。

でも、子供に関しては、24歳頃からスリーインワンやオーラソーマにより、色んな角度から感情が解放されて、私の人生が辛かったとは言え、子供も同じ人生とは限らないし、私が今生き方を変えたら、子供の人生も変わる。それに、子供の人生は子供の人生であり、私のものでは無い。などと言う風にその頃既に認識が変わっていた。

だから、子供を産みたくなったら、子供の為に結婚するしかないな~と思って、結婚や出産に関して自由に選択できる世界に変わっていた。

しかし、29歳でサニヤシンになって、はじめて関わったサニヤスの世界には、結婚・出産は愚かな事と言う風潮が強かった。

そこにいると、スリーインワンやオーラソーマで意識が変化した事の方が嘘の世界だったかもしれないと、それまでに起こった自分の意識の変化を疑うようになっていた。

そして、幼少期からの結婚観や子供に関する考えが、やはり正しい物の見方だったんだと言う風に考えるようになった。

「今生では、結婚も出産も体験せずに終わる。それが正しい道だ」と言うのが基本になった。

その世界に関わって6年。私の身体は崩壊し、免疫力がどん底にまで落ち、白血球が3000代となり、血液データーだけ見ると「再生不良性貧血」の患者のような値になり、全身から汁は出るは、大きな湿疹が体中に出るは、精神的にも普通なら何とも無い人のしぐさに、身体が硬直したりしてしまうまでに、崩壊した。

そこまで落ちて私は気付いた。

ここは私のいる場所ではないし、ここには瞑想は無いし、これはOSHOの言うサニヤシンの世界ではないと。。。

6年は長かったが、そこを離れる事は一瞬で決断し、決断後はもう自分を誤魔化す事は一度も出来ず、そこから離れた。

離れた瞬間に、初めに身体にやって来た感覚は、「子供を産みたい」と言う感覚だった。それには自分でも驚いた。

しかし、今更、子供は難しいし、結婚はやはり無駄な事としか思えなかったから、やはり必然的に子供を持つ事はないだろうとストレスでは無く自由の世界から考えていた。

今後は、どん底から私を救ったタントラ瞑想の道・自己探求の道をセレブレーションしながら、ボーイフレンド=パートナーと言う自然な形で関係性も探求して行こうと、本来自分が歩みたかったOSHOの瞑想の道を歩みだした。

広告

私が結婚を否定した理由” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中